【審査に通る方法】イオン銀行カードローンbigの場合

イオン銀行のカードローンBIGは金利も低く、限度額も高いのでとても良い商品ですよ。 そんなイオン銀行のカードローンBIGの審査に通過するためにはどうすれば良いのでしょうか? イオン銀行のカードローンBIGの特徴などについても調査しました。


イオン銀行カードローンBIGについて

イオン銀行カードローンBIGについて
via free-illustrations.com

資金使途
原則自由(事業性資金にはご利用いただけません)

お取引期間
1年(ローンカード発行日から1年後の応当月7日まで)ごとの自動更新

貸越極度額
30万円~800万円 (100万円までは10万円単位、100万円超は100万円単位)

お借入れ利率
年3.8%~13.8%(2016年7月1日現在)

担保・保証人
イオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)が保証いたしますので、担保・保証人とも不要です。

via 商品概要 |カードローンBIG|カードローン・各種ローン|イオン銀行

イオン銀行カードローンBIGは、イオン銀行が手がける商品になっています。
特徴としては、とにかく金利が安いという所です。
他の銀行系のカードローンに比べると、金利は低くなっています。

特徴

特徴
via pixabay.com

イオン銀行ダイレクト(インターネットバンキング)での申込なら最短当日中に借入する事が可能です。ただし即日中に借入出来る上限金額は50万円となっています。

イオン銀行カードローンは即日審査回答が可能です。ただし平日15時・土日祝14時までに申込をされた方に限ります。

via イオン銀行カードローンBIG|審査情報とメリット・デメリット | 銀行からお金を借りる【低金利で早く借りる方法を比較】

50万円の借入なら最短で当日に融資を受けることが出来ます。
審査に関しても、即日で審査の回答をしてもらうことが可能となっています。

イオン銀行カードローンBIGの申し込み条件は、年齢が満20歳から65歳未満で、本人または配偶者(夫または妻)に安定した収入のある方となります。

収入があれば正社員、派遣社員、パート、アルバイト、自営業どの職種の方でも申し込めますが、学生の方は申し込みができません。

via イオン銀行カードローンBIGでお金を借りたい!借り方や金利・審査内容 | お金を借りるゾウ

返済について

返済について
via pixabay.com

カードローンBIG」で借り入れたお金は、全国のイオン銀行ATM、提携コンビニATM(イーネット)、提携金融機関ATMで手数料無料でご返済が可能です。

しかも月々の返済は3,000円から。繰り上げ返済にも対応。コンビニ・銀行ATMはもちろん、イオン銀行口座があれば、スマホから24時間いつでも気軽に返済できます。なおATMは夜間・土日でも利用手数料0円で利用可能です。

via イオン銀行カードローンBIGの審査基準は?【専業主婦でも借りる方法】 | 即日キャッシング広場

返済に関してはイオン銀行のATMおよび全国のコンビニなどで返済でき、手数料は無料となっています。
手数料無料はとてもありがたいサービスですよね。

審査に通るために

審査に通るために
via pixabay.com

イオン関連会社からの借入

「イオン銀行のグループ会社や関連会社を知ることに、何の意味があるの?」と疑問に思う方もいることでしょう。

ローン(融資)事業を行う企業は、最近では銀行との再編や子会社化によって、金融機関とは切っても切れない関係となってきています。

銀行でも複数のローン会社を子会社化していたり、自行のローン商品の審査・保証業務を傘下の保証会社やローン会社に委託していることもあるため、「過去に関連会社のローンで事故を起こしてしまっていたため、審査に通るはずもなかった……」ということも考えられます。

via イオン銀行カードローンBIG審査を9項目から解説!! 審査落ちた/通ったの口コミ/評判

イオンはとても大きな組織です。
小売りがメインではありますが、クレジットカード事業なども積極的に行っています。
ですので、例えばイオンで大きな買い物をしていた場合などクレジットカードで複数回払いをしているときは
なるべく完済してから借入を行うと審査が通りやすくなります。

信用情報

銀行系審査で使用される信用情報機関のKSCに事故情報がなくても、クレジット系信用情報機関のCICに事故情報があれば、審査は難しくなってしまうでしょう。

 

事故情報は一定期間で消えますので、過去にクレジットカードの支払いでトラブルがあったのであれば、事前に情報を開示して現在はどのような状態になっているのか確認しておくとよいでしょう。

これはカードローンの審査を受けるうえで最も重要なのですが、
信用情報機関に事故情報として掲載されていると借入が難しくなります。
ですので、思い当たる方は信用情報機関に情報を取り寄せて確認を行っておきましょう。