消費者金融を探しているなら、老舗のフタバがオススメ!

消費者金融は全国各地に色々な業者があります。その中でも、東京のフタバという老舗の業者が評判です。今回は、そんなフタバについてまとめてみました。良い消費者金融というのは一つでも知っていれば、いざという時に良い力となってくれます。


大きな特徴は?

大きな特徴は?
via pixabay.com

フタバは東京にあります

中堅消費者金融は地方に多いという特徴がありますが、フタバは東京にある中堅消費者金融です。都内に住んでいる方には特にオススメですね。

via 申し込み方を教えて!オススメの中堅消費者金融3社 | 子羊の羅針盤

銀行振込みによる借り入れになります。対面での借り入れはちょっと…という場合でも、銀行振込みなら借りやすいですよね。
また、フタバは他社借り入れが4社以内なら、キャッシングの複数契約も可能となっています。複数社での契約を考えている人にもオススメの業者です。

via 申し込み方を教えて!オススメの中堅消費者金融3社 | 子羊の羅針盤

東京にある消費者金融、フタバ。中堅ということで柔軟な対応をしてくれると評判です。
4社までなら他者借り入れOKというのも、嬉しいですね。フタバは保証人や担保も不要です。

実は老舗

出来たばかりの消費者金融を利用するのは少し躊躇うもの。
しかし、フタバは長い歴史があり、安心感があります。

実は老舗
via pixabay.com

『貸金業者フタバ』は、東京都千代田区に本店を構える、東京都知事に貸金業登録している合法で正規の貸金業者です。創業は昭和38年と古く、今年で設立50周年を迎えた老舗の貸金業者なのです。

一方で平成22年6月の貸金業法改正によってグレーゾーン金利を謳歌した高金利で貸し付けて暴利を貪って来た多くの貸金業者が経営難や廃業に追い込まれるかたちで淘汰されました。

そのような荒波をくぐり抜けて現在でもしっかり融資業務を続けているフタバは創業以来、誠実で堅実な融資を続けてきた証拠と言ってよいのではないでしょうか。

via 貸金業者フタバは魅力一杯!キャッシングするメリットを徹底検証 | お金の学校

テレビで積極的にCMなどをやっているわけではないのでフタバといっても新しい消費者金融なのではと考える人もいるかもしれません。ですが実際には創業50年以上もたっていることから、テレビなどでやっている消費者金融と同じくらいの信用がある業者なのではないでしょうか。

金利条件は?

金利条件は?
via minnanokyoukasho.com

フタバの借り入れ限度額は50万円なので人によっては、あまり大きい使い方はできないですよね。
ですが、適用される金利が低いようなので、今借りている借り入れと分けて使うなどすれば、金利を抑えることができるかもしれません。

小額融資に特化している点はフタバならではの特徴であり、小額融資を主としているからこそフタバでは「債務整理」をしたブラックを含めた幅広い方への融資が可能になっていると考えられるのです。

via 貸金業者フタバは魅力一杯!キャッシングするメリットを徹底検証 | お金の学校

フタバの審査

フタバの審査
via pixabay.com
中堅の消費者金融はブラックでもOKなど審査が緩めのところが多いようですが、フタバは少し厳しめらしく、場合によっては一時審査でも否決になるようです。
しかし、企業としても利用者としても金銭的なトラブルはなるべく避けたいものですよね。
厳しいかも、と感じるくらいのフタバはむしろ信頼度が高いといえるかもしれません。

しかし自己破産の過去があっても、「現在はきちんと返済能力があると判断され、融資してもらえた」という口コミもありましたので、ブラックの方でも審査に通る可能性は充分あります。

レディースフタバとは

レディースフタバとは
via pixabay.com
レディースフタバは、フタバの女性専用キャッシングのことです。
女性のためのローンなので電話対応は女性オペレーターがしてくれ、電話対応も評判が良いです。
来店不要というところも安心できますよね。
消費者金融を利用したいけどちょっと申し込みづらい・・・と感じている女性の方はきっと多いでしょう。
そんな方は、ぜひレディースフタバを利用してみてはいかがでしょうか。

ちなみにレディースフタバの借入れ限度額はフタバと同じ50万円です。アルバイトやパートの女性の申し込みでも大丈夫ですので、これも嬉しいですね!

おわりに

フタバについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
実は老舗であり、レディース用の窓口もある・・・利用者が多いのも納得できますよね。
他者より審査が少し厳しいという口コミも、むしろ安心感を得られます。
消費者金融をお探し中の方は、ぜひフタバを検討してみてはいかがでしょうか。

おわりに
via pixabay.com