【個人事業主向け】アイフルなら総量規制外で借りられる!

給料や様々な支払いなど資金繰りに困った経験、あるのではないでしょうか?そんな時は、総量規制外のキャッシングを検討してみては?基本的に総量規制の対象になる消費者金融ですが、「アイフル」なら総量規制対象外で借りられるプランが!


消費者金融とは

消費者金融とは
via www.photo-ac.com

消費者金融(しょうひしゃきんゆう、英: Consumer lending)とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがある。

via 消費者金融 – Wikipedia

銀行からお金を借りれなかった時、頼りになるのが消費者金融。
銀行に比べ審査がそれほど厳しくなく審査の期間も短いため、いざという時に利用する個人事業主も多いようです。

総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)
貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。

via 総量規制とは | 貸金業法について

借入総額を年収の3分の1までと定めた「総量規制」。
個人事業主の場合、総量規制内の借入額であっても審査に落ちる場合があるようです。
それでもキャッシングをしたい場合、一体どうしたら良いのでしょうか?

総量規制外のキャッシングを利用する

総量規制外のキャッシングを利用する
via www.photo-ac.com

総量規制対象外のカードローンと言えば、一般的には銀行カードローンのことを指すのですが、個人事業主の方の場合は、総量規制の例外貸付となるため、実は消費者金融や信販会社でも総量規制の対象外で借入することが可能です。

via 個人事業主でも借入できる総量規制対象外のキャッシング – キャッシングのまとめ

総量規制外のキャッシングを利用することによって、高額の借入も可能になります。
総量規制内だと必要な金額を借りられない、審査に落ちるかも、という場合はこちらを利用すると良さそうです。

アイフルの「事業サポートプラン」は総量規制対象外

この事業サポートプランは総量規制の対象外となります。ですから審査によってどれだけ貸付枠が与えられるかの話は別にして、法律的には年収の3分の1を超えて貸付を行っても、全く問題はありません。それ以上の金額で申し込むことが可能ですし、厳正な審査によって契約するか否かの決定と、貸付枠がどれだけ与えられるのかが決められるのです。

via アイフル|個人事業主が利用する際に気をつけること

すでに借入が総量規制に達している場合や、
年収の1/3以上の借入が必要な場合に便利な「事業サポートプラン」。
他社で断られても、借りられる可能性も高めのようです。

アイフル利用者の評判

アイフル利用者の評判
via www.photo-ac.com

・他社で事業資金の申し込みをしたのですが状況を説明してもほぼ門前払いでした。アイフルさんはきちんと話を聞いてくれて審査をしてもらい、融資も受けることできたので本当に助かりました。

・飲食店を経営しており資金繰りのためアイフル事業者ローンに申込みをしました。数社から借り入れがあったのを解約し、審査してもらいましたが無事150万の借り入れが成立してありがたく感じています。

・初めての消費者金融利用で自営業ということで審査に不安を感じていたのですが、希望した額を融資してもらうことができて正直ほっとしています。

via アイフルの事業者ローン(ビジネスローン)で事業資金調達するには

評判も上々のアイフル。借りる消費者金融に迷ったら、ぜひアイフルを検討したいですね。

個人事業主への貸付はもっと増える?

個人事業主への貸付はもっと増える?
via www.photo-ac.com

個人事業者への貸付けは金融会社が融資可能と思えば、年収や負債に関係なく例外として貸付ができることで総量規制は正直ほとんど影響がないものになっています。その為か、今個人事業主への事業者ローンやビジネスローンは契約件数がかなり増えている状況です。総量規制はもともと個人への貸付に適用され、法人には適用外のことからビジネスローン・事業者ローンは今後金融会社にとって力を入れる商品となる可能性が高いと思われます。

via 個人事業主は総量規制関係なし?|消費者金融比較無料案内板

総量規制対象外のキャッシングは、事業資金が必要な個人事業主にとってとても便利ですよね。
今後こういったキャッシングが増えれば、より自分に合ったキャッシング内容で融資を受けられるようになりそうです。

総量規制外の注意点

総量規制外の注意点
via www.photo-ac.com

総量規制の対象外だからといってビジネスローン・事業資金を利用する前に個人的な借り入れが年収の3分の1までに達していると、融資を受けることができない場合や融資を受けることができたとしても、融資枠が低くなってしまうケースもあります。
これはなぜかと言いますとビジネスローン・事業資金で融資を受ける際の基本的な審査で申し込みした代表者本人の個人信用情報を信用情報機関を通じて借り入れ状況や延滞の有無を調査するので、仮に会社の業績が良くても代表者本人の信用がない場合は融資が難しいと判断されてしまう場合もあります。

via ビジネスローン・事業資金は総量規制対象外 | 事業資金(融資・調達・借入)、ビジネスローンの東京ライフサービス

総量規制対象外だからといって、もちろん無条件で借りられるわけではありません。
信用をなくすような条件があれば審査に通る可能性が低くなってしまいます。
特に延滞がある場合は審査に通るのが難しくなってしまうので注意しましょう。

最後に

「総量規制のせいで借りたい金額が借りられない・・・」という方は、総量規制対象外のキャッシングを利用してみてくださいね!