消費者金融で他社借入が及ぼす影響を知っていますか?

消費者金融の融資審査の際には他社借入というのは少ないというのはよく言われていることです。ですが、実際には他社借入がどういった形で審査に影響を及ぼすのかというのはあまり知らない人も多いのではないでしょうか。詳しく調べてみましたので参考にしてください。


件数による基準では

件数による基準では
via friend-money.com

一般的には他社借り入れ件数が3社以下なら審査に通過できる可能性があると言われていますが、やはり他社借り入れ件数は少ない方が良いでしょう。これは、同額を借りている場合でも言える事です。
例えば、1社から60万円を借り入れしている方と、3社から20万円づつ借り入れしている方では、前者の方が信用度が高いので審査で有利になります。
考えてみてください、1社から60万円借りれる人と1社から20万円借りれる人では、圧倒的に1社から60万円を借りる事に成功している人の方が信用度が高いと思いませんか?

via 他社借入があるけど借りれる?3社以上でも借りれるキャッシングとは | 銀行からお金を借りる【低金利で早く借りる方法を比較】

融資金額
via www.rayhawkweb.com
一般的に消費者金融の審査では一件目に出た融資金額より、二件目に出た融資金額の方が小さくなるといわれています。他社借入件数が大きいということは」、その分だけ自身の信用度が徐々に小さくなっているとも考えられるかもしれません。できることなら少ない件数で借り入れが済ませるほうが良いかもしれません。

過去の他社借入歴も大切

過去の他社借入歴も大切
via vtdegrees.net

総量規制が導入されて以降は、消費者金融に「指定信用情報機関」を通しての審査が義務付けられました。同じ信用情報をもとに審査することになりますので、消費者金融ごとに極端な差はなくなってなっています。主に重視するのは、他社取引状況(遅延がないかどうか)、個人の属性(既婚か独身かや勤続年数など)です。また、信用情報機関に、過去に返済事故や債務整理を行ったなどいわゆる「ブラック」として登録されている人は、審査通過は困難なようです。

via よくある質問|ナビナビキャッシング|消費者金融 / カードローン

他社借入
via www.friendsproject.org
消費者金融の他社借入というのは、現段階で何件orいくら借りているのかということだけではありません。過去にどういった形で借りていたのかという歴についても注目しています。例えば過去に一定以上の延滞や債務整理をした記録などがあると、ブラックリスト呼ばれたりする原因にもなりますので注意しましょう。

他社借入の基準は?

他社借入の基準は?
via www.2besocial.com

年収の3分の1を超える融資が、法律で原則禁止になっているので、企業としては法律を守る必要があります。自社が加盟している信用情報機関だけではなく、申込者本人からも聞き取りをして、総量規制の範囲内での融資を徹底しているわけです。
しかし、こういったものは建前でしかなく、本音を言えば消費者金融も顧客には多く融資をしたいと考えています。例えば、クレジットカードのリボ払いは、実質的には借金と変わらないものですが、借入総額に含まなくてもOKという消費者金融が多くなっています。他には、担保付きローン(住宅ローン等)についても他社借入に含まれないケースも多く、一言で「他社借入件数」と言っても除外対象は多くなっているのです。

via 消費者金融の審査で、他社借り入れ件数はどこまで申告すればいい?

住宅や車のローン
via pixabay.com
住宅や車のローンなどは他社借入に考えないという消費者金融はかなり多くあるので分かりやすいかもしれません。ですがクレジットカードの場合には各消費者金融ごとの取り扱いが異なってくると同時に、カードによってはショッピング枠とキャッシング枠がセットになっていたりすると、個人では完璧に把握することが出ない場合もあります。なるべく正確に申し込みをするのなら事前に調べておいた方が良いかもしれません。

他社借入を減らすには?

他社借入を減らすには?
via www.kin-yu.com

さらに「銀行」は総量規制の対象外ということは、大手キャッシング会社など総量規制の対象になる「貸金業者」の借り入れを「銀行」のカードローンやおまとめローンで借り換えて返済すると、「総量規制の対象となる借り入れが減る、もしくは無くす」ことができます。
銀行カードローンやおまとめローンへの借り換えが成功することで、総量規制にかかる貸金業者の枠を復活させることができれば、その分またキャッシングなどを使うことができるということになります。
金利も銀行の方が低いケースが多いので金利負担も軽くなるなど利用するメリットが大きいです。

via 他社から借入がある人の申し込み方

一本化
via www.tapals.com

借り入れの金額を減らす手段は借金を返済するしかありません。ですが件数に関してはまとめローンなどを駆使することで減らすことができます。他社借入が原因で消費者金融の審査に落ちたと思う人は、先ずはここから試してみるとよいかもしれません。