【個人事業主は見ておこう!】 消費者金融の利息ってどう?

個人事業主にとって消費者金融から借入れをする時に、利息は高めとという印象があるかも知れません。 しかし、その程度は業者によって様々であり、借りる金額によっても変化します。 ここでは、消費者金融別にその特徴と、利息について詳しく述べて行きます。


消費者金融業者は個人事業主をどの様に評価している?

個人事業主はサラリーマンをしている人からみると、「自由の象徴」の様な存在であり、時にヒーロイックに見られる事があります。
すると、組織の一人として働く事を強いられるサラリーマンからは憧れの眼差しを受ける事があるかも知れません。
しかしながら、消費者金融等からの個人事業主の評価は、サラリーマンに比較すれば厳しいと言わなければならないでしょう。
とは言え、個人事業主が消費者金融から借入れが不可能という訳ではありません。
この点は、良く覚えておきたいものです。

消費者金融と個人事業主の関係
via www.65cm.com

消費者金融と個人事業主の関係

●合理的な論理に裏打ちされた客観性のある解釈を好む消費者金融業者は、最初は個人事業者には厳しい審査をせざるを得ないでしょう。
しかし、少しずつ確実に実績を上げて行くことで、評価も上がる事は十分にあり得る事です。

 

 

個人事業主の収入は仕事量に応じて上下します。安定して仕事が入るとは限りませんし、1つの仕事で得られる報酬も一定ではありません。
月によってバラつきも発生します。1年後の見通しすら立てづらいかもしれません。
収入が安定していない
金融機関から見ると安定さに欠けるので、貸したお金が返済されないリスクが高いと判断されます。そのため、同じ年収でも個人事業主はサラリーマンより下に見られてしまうのです。
身分が保証されない
サラリーマンは、その会社に勤めているという身分の保証があります。会社の規模が大きくて知名度があるほど、社会的な信用度は高くなります。けれども個人事業主はどこにも所属していないので、そういった保証がありません。
万が一の保障が無い
サラリーマンであれば病気やケガで欠勤した時に、加入している社会保険から傷病手当金などが支給され、100%では無いものの、ある程度の生活は保障されています。けれども個人事業主は自分が倒れてしまったら、仕事においても収入の面でも他にカバーするものがありません。それだけ収入が途絶えるリスクが高いのです。

via カードローンを個人事業主が利用するのは不利なのか?実情と対策|UpIn[アップイン]

●個人事業主の収入は不安定であると、消費者金融側は評価する傾向があります。

知っていますか?貸金業法の改正について

この法律のポイントはお金を借りたい個人事業主側とすれば、年収の3分の1を超える借入れが出来なくなった事です。
そしてこれは、総量規制対象外の一つで、無制限に消費者金融業者がお金を貸し出す事によって起こる多重債務者を減らす事を目的に作られたのです。
また、消費者金融業者は貸金業に携わる者に該当するので、一見すると個人事業主等にとっては厳しいと映るかも知れません。
しかし物事には「例外」という物があり、総量規制対象にも例外があるので、良く頭に入れておきましょう。

改正貸金業法
多重債務者が急増した主な原因は、高金利や過剰な融資であるとして、利息制限法と出資法それぞれに定める金利の間にあったグレーゾーン金利を廃止し、借入れ限度額を年収の3分の1までとする総融資額規制などを盛り込んだ貸金業法の改正法。 2006年に成立・公布され、2010年には完全に施行された。
同法は、貸金業者の純資産最低額を引上げるとともに、業者に対し有資格者の営業所配置・貸手に対する事前書面の交付を義務付けた。
また、新たな貸金業協会を設置し、自主規制機関としての機能を強化する一方、指定信用情報機関を設置し、借り手の総借入額を貸金業者が把握できるようになった。
さらに、取立規制を強化し、規制違反に対する罰則も厳しくしたほか、業務改善命令が導入された。政府は、本法律成立と同時に多重債務者対策本部を設置して、各自治体における多重債務者への相談窓口の整備、低利のセーフティネット貸付の提供、金融経済教育の強化、ヤミ金の撲滅に向けた取り締まりの徹底などを実施してきた。その後、多重債務者は減少傾向にある。

via 改正貸金業法とは : 知るぽると

●個人事業主が総量規制対象外という内容を良く理解し、適切に利用する事が必要な時代になりました。

貸金業法のまとめ
via www.fsa.go.jp

貸金業法のまとめ

●基本的には貸金業に当る消費者金融では、年収の3分の1までしか借りる事が出来ません。
しかし後述の方法を使えば、年収3分の1を超える金額を、合法的に借りる事が出来ます。

総量規制対象外を利用して、個人事業主の利息を減らすテクニック

利息の返済額を減少させる為には、おまとめローンを利用

おまとめローンは、基本的に総量規制対象外のローンです。
ただ、おまとめローンは貸金業法で明確に対象外とされているわけではありません。
「顧客に一方的に有利となる借り換え」は対象外と規定されています。
おまとめローンは一般的に、複数のローンを一本にまとめて返済などの条件を楽にするためにするローンですので、この対象外条件に合うものとみなされています。

via 貸金業法って何? 総量規制対象外のキャッシングのコツ | 消費者金融で借りれる?【2016年度版】

●資金繰りに苦しかったら、おまとめローンをすれば、金銭的・精神的負荷を下げる事も叶うでしょう。

事業者ローン

個人で事業を行っている方が事業資金を借りる場合は総量規制の対象外になります。
事業者が運転資金や設備資金を借りる場合は、年収の1/3なんてすぐ超えてしまいます。

via 貸金業法って何? 総量規制対象外のキャッシングのコツ | 消費者金融で借りれる?【2016年度版】

●個人事業主にとって、経営の為の運転資金等に利用出来るお金として、事業者ローンの存在は頼もしい存在です。

消費者金融別の特徴と利息を紹介!

プロミス

一昔前の大阪にあったプロミス
via www.cardloan-abc.net

一昔前の大阪にあったプロミス

●今とはロゴも印象も違いますが、この頃からは既に大手の消費者金融会社でした。

 

 

 

 

お申込み商品「フリーキャッシング」の内容
ご融資額 500万円まで
借入利率 4.5%~17.8%(実質年率)
※新規契約の方が対象となります。
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
※最終お借入後のご利用残高に応じて、ご返済額が変動します。
資金使途 生計費に限ります。
(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります)

via 商品内容|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

●最大500万円まで借りる事が可能で、資金使途として個人事業主で利用可能です。

アイフル

商品名 事業サポートプラン<個人プラン>
対象 個人事業主
契約形態 個人契約
資金使途 事業資金(運転資金・設備投資資金)
貸付利率 6.0%~18.0% (実質年率)
契約限度額または貸付金額 1万円~500万円
返済方式 ・借入後残高スライド元利定額
・リボルビング返済方式
・元利定額返済方式
・元金一括返済方式
・(カードローン可)
担保・連帯保証人 担保・連帯保証人…原則不要

via 無担保ローンでの事業サポート | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

●アイフルでは、はっきりと個人事業主と法人(株式会社など)に分け、事業用途向けのサービスを提供しています。
こちらも最大の融資額は、500万円までです。

via www.youtube.com

アイフルCMチワワ CM集

●この当時、一世を風靡したチワワと、共演した俳優の清水章吾さん。