信用情報について知って消費者金融を上手に利用しよう!

消費者金融への申し込みや利用、返済という情報というのは信用情報として登録され複数の期間によって共有されることになります。自分がこれから借り入れとうまく付き合っていくには信用情報について知っておくことが有効だと思います。気になる方はチェックしてください。


登録されるのは3つの機関

登録されるのは3つの機関
via www.2besocial.com

信用情報を簡単に言うと、クレジットカードやローンの利用記録のことです。
たとえば、あなたがローンを組んだとしたら、その契約内容や返済状況、返済残高などが記録されます。
個人の信用情報は信用情報機関で、管理・保持されています。
日本には下記3つの信用情報機関があり、国内の金融機関はいずれかの信用情報機関に必ず加盟しています。
JICC(株式会社 日本信用情報機構)
CIC(株式会社シー・アイ・シー)
全国銀行個人信用情報センター
最近は2つ以上の信用情報機関に加盟している金融機関が多いです。
たとえば、消費者金融のアコムはJICCとCICの2つに加盟しています。

via キャッシングを利用すると信用情報に傷がつく?! | キャッシングのまとめ

信用情報
via cp-guide.com
申し込みをした消費者金融が1社であったも、審査の際に照会や登録をされる信用情報というのは複数の機関にまたがる場合があります。この場合、自身の信用情報の登録においても複数の機関に登録されることになります。

消費者金融以外の信用情報

消費者金融以外の信用情報
via www.cic.co.jp

CICは、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定を受けた唯一の指定信用情報機関です。
消費者のクレジットおよび消費者ローンに関する信用情報(個人の属性・契約内容・支払状況・残債額など)を加盟会員であるクレジット会社などから収集し、それらクレジット会社からの照会に応じて情報を提供しています。
加盟資格を満たし、且つ厳格な加盟審査を経て入会した加盟会員は、信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・銀行系クレジット会社・家電メーカー系クレジット会社・自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保険会社・保証会社・銀行・消費者金融会社・携帯電話会社などで構成されています。

via 信用情報機関の役割|CICとは|指定信用情報機関のCIC

お金の計算
via cp-guide.com
消費者金融の際に審査を受ける情報というのは消費者金融だけではなく他にもリースや保険会社、携帯電話の分割料金など様々な情報が関わってきます。当然、延滞などが無ければ特に気にする必要もないと思います。個人事業主などで仕事面に対して分割などの契約をしている人は他の情報についてもシッカリと延滞がないようにしておきましょう。

消費者金融の契約書を確認

消費者金融の契約書を確認
via coconala.com

あなたが情報登録に関して同意した覚えがなかったとしたら,クレジットやローンの申込書や契約書をもう一度確認してみてください。個人情報に関する同意条項を記載した書類等があるはずです。
同意条項には,おおまかに述べて以下のような内容が記載されています。
申込者(契約者)の金融取引に関する個人信用情報が,個人信用情報機関に登録されること
登録された個人信用情報が,個人信用情報機関の加盟会員および当該機関と提携する個人信用情報機関の加盟会員によって,申込者(契約者)の支払能力に関する調査のために利用されること等

via ブラックリストと信用情報機関/ブラックリスト情報なら弁護士法人アディーレ法律事務所

信用情報機関
via www.livearchives.org
もし自分が登録される信用情報機関がどこなのかというのが気になる場合には消費者金融を申込する際の契約書等に記載されているので、確認することができます。頻繁に意識する必要はないと思いますが、契約しておく時くらいにはしておいた方が良いと思います。

確認するには

確認するには
via www.j-credit.or.jp

CICに加盟しているクレジット・ローン会社等との契約の内容や支払状況などを確認できる「開示制度」があります。
現在、CICにお客様ご本人の情報が「登録されているのか」または「どのように登録されているか」をご確認いただくことができます。

ご自分の信用情報を確認できます インターネット開示サービス
全国どこからでも365日、パソコン・携帯電話で開示ができます。
手続き後、画面に開示結果が表示されます。

開示のお申込み・開示結果のご回答はすべて郵送で行います。お申込みからご回答の通知まで1週間から10日ほどかかります。

営業時間内に最寄りの「開示相談室」にお越しいただき開示ができます。

via 信用情報機関に登録されている情報を確認したい | クレジットに関するQ&A | 消費者のみなさまへ | 一般社団法人日本クレジット協会

自分の信用情報
via www.j-credit.or.jp

もちろん自分の信用情報を確認する方法も存在します。仮に以前の信用情報が気になる場合などにはネットか郵送、来店どれかの方法で確認しておきましょう。特に過去に債務整理などがある場合には7年間ほど記録されると言います。自分の信用情報が詳しくどうなっているのかを知るには自分の目で確認するのが最も確かな方法だと思います。