消費者金融の限度額を増やしていくにはどうすればいいの?

消費者金融の広告を見ていると融資の利用可能枠というのは最大で500万円とかかなり大きい金額を書いているところが多くあります。ですが実際に自分が申し込みをして最初から限度額が最大にならなかった場合には、どのようにすれば増えていくのか調べてみました。


法律の背景にある限度額

法律の背景にある限度額
via www.kantancashing.net

あくまで貸金業者のビジネスモデルといったものになります。消費者金融甘い場合には個人対しての小口融資やまた高い金利が設定されるといったことから利用限度額に関しては、多くは500万円以内としているところがほとんどです。一部には800万円以内としているところもありますが、実際のところ多くの人は500万円といった限度額を設定することは困難とされます。
理由としては貸金業法による規制があります。貸金業法では原則として年収の3分の1以内の借り入れしか出来なくないとなっているためです。このため限度額の法的な制限値は年収の3分の1とされます。これは年収が300万円の場合には100万円が限度額となります。

via 消費者金融で借りられる限度額は?

消費者金融の限度額
via a-cashing.com
先ず消費者金融の限度額は総量規制によるところが最大の要因とされています。なので自分が融資を受けれる限度額を年収との比較から考えて利用することが最も大切です。この総量規制というのは消費者金融においては全ての会社で関係あることになります。

申し込みをするのであれば

申し込みをするのであれば
via www.fleur-fleur.jp

大手消費者金融の場合ですが、300万円を上限にしている会社が多く、一つの相場と言っても良いでしょう。そんな中でも群を抜いているのが、アコムで、800万円が最大限度額となっています。もちろん、総量規制のことを考えれば、実際に800万円を融資してもらうには年収2400万円が必要になります。それでも「800万まで貸せる懐の広さがある」という見方をすれば、他社と比べて高めの融資が期待できることでしょう。自分の年収に対して、高めの希望額で申し込もうとするのであれば、優先して選択すべき会社と言えます。

via 消費者金融の限度額(上限額)は、どのようにして決まるのか?

お金
via cashing-fan.com
自分の希望金額に届かなかった場合は、後々に増額を希望するという人も多くなってくると思います。そんな場合にはなるべく最大限度額が大きい方が長く使えるかもしれないということになると思います。消費者金融の方で掲載している最大限度額の提示が消費者金融選びの目安の一つとなることもあるようです。

収入証明

収入証明
via www.machiyadeho.jp

借り入れ限度額は、自分自身で希望の借り入れ限度額に設定できる場合と、消費者金融が決める場合があります。
パートやアルバイトなど、収入が少ない場合には、借り入れ限度額は少なくなってしまいますが、収入が多い場合でも、大抵の消費者金融では、借り入れ限度額は50万円以下となっています。
なぜ50万円以下になってしまうのかというと、借り入れ限度額の50万円以上を希望する場合、所得証明の提出が必要になってしまうため、50万円以上に設定する場合には、自分自身で借り入れ限度額を増やしてもらうことができるように契約の時に手続きをする必要があるのです。

via 消費者金融の借り入れ限度額について

総量規制の限度額内
via www.65cm.com
自分が収入がある程度高くて総量規制の限度額内で借り入れを行うとは言っても、それを判断するのは消費者金融になります。なのである一定上の限度額が欲しい場合には、消費者金融の方へ収入を証明する必要があるようです。

増額を考えるのであれば

増額を考えるのであれば
via www.dksv.org

利用限度額を増額させる何といっても一番のポイントは、「信用度のアップ」にほかなりません。消費者金融(キャッシング)業者は、通常、増額の案内は電話で教えてくれるところが多いようです。
また、場合によっては、ATMのモニターで表示して教えてくれるところもあります。
ただし、近年は過剰貸付の問題が表面化してきましたよね。なので、利用者自身が希望を申し出ないと、増額の検討をしない業者もあるようです。
さて、「信用度のアップ」についてですが、まず、絶対に返済を延滞してはいけません。たとえ1日でも延滞は延滞ですので、ぜひとも注意したいところです。

via 消費者金融(キャッシング)の利用限度額を増額させるには?

利用限度額
via www.65cm.com

最初の申し込みで利用限度額に幅がある人は、後の利用で増額を考えることになると思います。返済に関しては融資を受ける会社で独自に判断する材料になります。後から取り返しのつかないことになるので十分に気を付けるようにしましょう。