消費者金融利用者に知って欲しい契約書の正しい見かた

消費者金融を利用する人にとって、当面の資金を調達することが一番重要ですが その後の返済や継続利用するうえで大切なポイントは、自分が契約している内容 をきちんと把握して、計画的に利用するということです。ここでは「契約書」の読みかた と重要性についてご紹介します。


消費者金融ってどこでも同じなの?

消費者金融の利用を検討中の方へ
特に事業を経営している個人事業主の方にとって、一時的な資金不足を解消
するために消費者金融の存在はとても大きいものです。
しかし、ひとことに消費者金融といってもどこでも同じというわけではないのです。

消費者金融ってどこでも同じなの?
via pixabay.com

消費者金融は一見するとどれも似ているため、お金を借りられたら「どの消費者金融を使ったって同じでしょ?」と思うかもしれません。

しかし、これはあまり知られていないのですが、消費者金融ごとにメリット・デメリットがあったり、お金を借りる際の匿名性などの付加サービスが違ったりしていて、知られていないのですが「差」があるんです!それが何か知っていれば、無駄な利息を支払わなくても良くなるはずです。

via お金を借りたいけど消費者金融ってどこがおすすめ?違いは?徹底的に比較してみた | マネットカードローン

無駄なお金
via pixabay.com
人によっては知らず知らずの間に、無駄なお金を払って「損」をしていることも・・
それでは、どうやって自分にあった消費者金融を選べば良いのでしょうか?

自分に最適の消費者金融の選び方

消費者金融の選び方というのは、それほど難しいことではありません。基本的には有名な消費者金融から選ぶという考え方で間違いはありません。

 

知名度の高い消費者金融は、必ずしも利息が一番安いというわけではないことが多いですが、大きな銀行のグループに入っていることが多く、安心感があります。

 

安心感というのはどういうことかというと、たとえば、違法の金利での融資を行う、あるいは返済が遅れた時に暴力的な取り立てを行うということがありません。

via 立場によって変わってくる消費者金融の選び方|消費者金融でキャッシング@即日でお金を借りれる業者はズバリここ!

自分に最適の消費者金融の選び方
via pixabay.com
なるほど、素人であるわたしたちが消費者金融を選ぶさいに、細かい金利や判定基準など
をいくら調べても、細かい内容については判断が難しいということですね。
メジャーなところが一番「安心」ということでしょうか。

知っておくべき「契約書」の見かた

同じ消費者金融でも、その人によって契約内容というものは違います。
大手だからといって契約書もろくに見ないで利用開始してしまうと
後から痛い目に遭ったり後悔することもあるので、ここでは「契約書」の
重要性について説明します。

知っておくべき「契約書」の見かた
via pixabay.com

金銭消費貸借契約の契約書には次の契約事項や記載事項があります。

・貸主…お金を貸す側の氏名(会社名)や住所など
・借主…お金を借りる側の氏名(会社名)や住所など
・契約年月日…金銭消費貸借契約をした日
・債権額…借入した金額
・貸付条件…金銭貸借の条件
・弁済期…返済する期日
・利息…金利(利率)、返済方式
・遅延損害金…返済が遅れた場合の賠償金

その他、連帯保証人や抵当権などの契約があることもあります。

via http://初めての消費者金融・初心者ガイド.net/con53/

初めてきく言葉、聞きなれない専門用語がたくさんありますが、それぞれの意味に
ついて簡単に覚えているだけでも、十分に意味があります。

消費者金融でお金を借りる際に交わされる契約書には、
貸し借りに関する条件が全て記載されています。
そしてその契約書に署名や押印がある限り、
その内容は両者が合意した証・事実であると認定されるのです。
つまり後から読んでいなかったといってもその主張は通りません。

契約書の重要性を認識しないまま契約してしまうと
思いがけないトラブルに巻き込まれることも十分あり得るのです。
契約書に記される文章は固い言葉で構成されていることが多いです。
また日本語の特徴である曖昧さを活かした作りになっていることもあります

via 消費者金融における契約書の重要性 | おまとめローンnow!!!

知らなかった
via pixabay.com

なるほど、いくら後から「知らなかった」と言っても、一度押印してしまえば
言い訳にはならないということですね。
たくさんの難しい言葉の羅列に頭が痛くなってしまいがちですが、これは
きちんと目を通さないとだめですね!

契約書の中には期限の利益の損失という言葉は必ず出てきます。これは意味がいまいち分からないまま消費者金融と契約をしているという人もいるかもしれませんが、期限の利益というのは、借りたお金を期限まで返す必要がないということにつながるので、それを損失するということは、借りたお金をすぐに返済しないといけないということですね。消費者金融の契約の際の利用規約に違反した場合には、すぐにでも、借りたお金を返済しないといけない、つまり全額返済を一度で行う必要が出てくるということですから十分に気をつけましょう。そして消費者金融によっては団体生命保険に加入しているところもあります。これは借りている人に万が一のことがあった場合には団体生命保険から消費者金融へ債務が支払われますから、支払う必要がなくなるというものです。これがあるかないかきちんとあらかじめ契約書に書かれているかチェックしておきましょう。

via 消費者金融の契約書のポイント

契約内容
via pixabay.com

なんとなく分かったという人も、一番大切なのは自分の契約内容に関心を持つ
ということなので、不明な点については直接担当者に聞いてみるのもいいかも
しれませんね。