お得技!こうすれば消費者金融でも低金利で利用できる!

融資の利用で低金利といわれると普通は銀行のカードローンなどを思い浮かべる人が多いかもしれません。ですが審査の高さなどを考えると消費者金融の融資で低金利に利用することはできないのかと考えたことはありませんか?実は工夫次第で出来るものです。


借り入れ期間は?

借り入れ期間は?
via fanblogs.jp

例として、一般的に低金利とされる金利14.6%の銀行カードローンと、無利息がある18%の消費者金融を比較してみます。金利だけを見れば14.6%の方が利息が安いと思いますよね?
しかし、実際には2ヶ月程度の短期利用なら無利息がある消費者金融の方が低金利の銀行カードローンよりも支払利息は低くなるのです!
どちらも50万円を借入して、2か月後(60日後)に完済予定の場合。※1回目の支払は30日後に1万5千円支払することにします。
短期の利用であれば、金利が低い金融会社から借りるよりも、金利は高くても30日間無利息がある金融会社から借りた方が支払う利息は安く(低く)なることになります。

via 消費者金融金利が一番安いのは?|消費者金融比較無料案内板

銀行や消費者金融の利率
via fanblogs.jp
銀行や消費者金融の利率というのは一年を通した年利という形で表示される場合が殆どです。ただ消費者金融の場合にはキャンペーンなど色々な業務で顧客獲得を目指している会社が最近では多くなっています。こういったことに目を付けて利用すると、結果としては銀行よりも低金利で消費者金融を利用することができたりします。

大手消費者金融の例では

アコム

アコム
via bicyclegarageaz.com

アコムも無利息サービス最大30日金利ゼロサービス利息が圧縮されて早期返済すればかなり少ない利息になります。三菱東京UFJ銀行の保証会社も請け負っている老舗消費者金融ですから審査能力も高いのでパート・アルバイトでも安定収入があれば安心。
急ぎの融資も即日融資(平日14時までにWEB契約完了が必要)で対応可能です。クレジットカード審査が通らない方に人気の消費者金融唯一のクレジットカード『アコムマスターカード』もこの申し込みでOK。申込内容の確認の電話の際に『アコムマスターカードで』と伝えれば審査に通れば発行してくれます。

via http://消費者金融低金利7.com/

30日金利ゼロ
via bicyclegarageaz.com
30日金利ゼロなので利用期間が3か月くらいの場合には、トータルでの金利が年利13%くらいに抑えることができます。このくらいの利率であれば、同額で銀行のカードローンを利用するよりも低金利での利用ができるのではないでしょうか。

ノーローン

ノーローン
via www.zapata-atl.com

ノーローン最大のメリットは何度でも1週間無利息な点です。借入から7日後までに返済していただけたら、利息はゼロです。翌月以降の借入はまた、1週間無利息です。初めての方限定で、初回30日間の借入は無利息になります。それに1週間無利息を足すと金利はほとんど払わずに借入できます。
24時間いつでもネットで借入・返済が可能なので、急に資金が必要になった時にはうれしいです。借入が可能かお試し診断できますので、不安な人は試してみるといいでしょう。

via 低金利キャッシングランキング!消費者金融比較ガイド

一時的に借り入れ
via www.pantheresroses.org
個人事業主の人などで一時的に資金繰りが潤っている時にはノーローンの方で一時的に借り入れを減らしておいて、必要な時が来たらこまめに借り入れをしていくなど、大きく返して小さく出し入れをしている場合などは、結果的に金利を計算してみると思いのほか低金利で利用しているということも考えられます。

プロミス

プロミス
via ddkk.org

初回借入金を完済すると、プロミスから利用限度額の増枠をすすめられることがあります。いわゆる「増額」というもので、これは金利が下がるチャンスでもあるのです。
特に、利用限度額が100万円を超えるほど増額されると、確実に実質年率は15.0%まで下がります。これは、利息制限法が融資金額に対する金利上限を定めているからです。
プロミスで金利を下げる方法は、増額だけではありません。利用者限定で金利引き下げキャンペーンを実施しているケースがあり、それに申し込めば利用実績があまりなくても、15%未満の低金利でキャッシングできる可能性があるのです。

via 消費者金融としては低金利のプロミスでお得に借入する方法 | マネットカードローン

チェック
via www.fonctiondesigners.com

プロミスの方でも初回30日は無利息などのサービスを添加しています。ですがその他にも増額を利用した金利を下げる方法や利用者限定でのキャンペーンなども実施られているので、もし既に利用している人がいるのであれば、そういった情報もしっかりチェックしておきましょう。