不安にならないで!こんなに簡単な消費者金融の借り方

いくらテレビなどでCMを頻繁に見かけるとはいっても消費者金融に始めて申し込みを行う際には不安に思うこともあるかもしれません。なので先ずはどういった形や流れでお金を借りることができるのか借り方を把握してから消費者金融に申し込みをしてはいかがでしょうか。


事前に用意をするもの

事前に用意をするもの
via conejo.jp

まずは自分に合った方法で、消費者金融に融資の申し込みを行います。店舗の窓口や契約機は営業時間がありますが、インターネットからの申し込みは24時間受け付けてくれる上に、実際の申し込み前に借入が可能か不可能かについて、「お試し診断」などのサービスを利用することで、あらかじめ審査に通過できるか否かをチェックすることが出来ます。申し込み後、本人確認書類や収入証明書(借入希望額が50万円以上の場合)といった必要書類を提出しますが、郵送やFAX、メール添付でも提出可能です。本人確認には自動車免許証、収入証明書は源泉徴収票や確定申告の書類などになります。

via 消費者金融からのお金の借り方とは? | 消費者金融まるわかり

消費者金融で申し込み
via conejo.jp
消費者金融で申し込みを行う際には、事前に本人確認証明書(必須)と収入を証明するものが必要になってきます。収入証明書の場合には希望額が50万円以上の場合とはなっていますが、消費者金融の判断では50万円以下の場合にも必要になってきます。どうしても不安な人は申込金額にこだわらず事前に用意しておくのも良いかもしれません。

申込の方法は?

申込の方法は?
via blog.livedoor.jp

ネットが普及した今の時代、とても簡単に借り入れが出来ます。
昔に比べると、申し込みから融資を受けれるまでのスピードもとても早く、店頭に行く必要が最近ではほぼありません。
借り入れが出来てからの返済も、ATM、コンビニ、銀行などから行えるので誰とも合わずに借り入れることが出来ます。便利な世の中になりました。
借り方も簡単で便利になりましたが、サービス自体も昔に比べるとかなり充実したサービスが増えました。総量規制が実施されてからというもの、消費者金融と銀行が提携し、低金利なキャッシングが増えているのです。
中には無利息の期間を設けているキャッシングもあります。

via 消費者金融 借り方

店頭や無人機での申し込み
via cardloan-torisetsu.jp
他にも店頭や無人機での申し込みや郵送での申し込みなど複数の方法があるのですが、個人事業主など平日の昼間に時間がとりにくいという人は24時間申し込みが可能となっているネットでの申し込みが最も適しているかもしれません。いつでも好きな時間に申し込みを行うことができるので、最もストレスなく進められると思います。

信用情報は大丈夫ですか?

信用情報は大丈夫ですか?
via www.%E5%88%9D%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%87%91%E3%81%AE%E5%80%9F%E3%82%8A%E6%96%B9.com

キャッシングやローンを申し込む場合には、金融会社の審査を受ける必要があります。 審査方法とは収入の状況や他社からの借り入れがあるかどうかを判断する方法が多く、信用情報があるかどうかを調査します。 審査の手順とは、勤務している企業に在籍確認を行い、その後に信用機関に信用情報を調査する方法で行われます。 在籍確認を行う方法とは、担当者が個人名で企業に電話をかけ申込者が実際に在籍しているかどうかを調査します。 信用情報の調査とは、信用機関に他社からの借り入れの状況や返済履歴などを調査し、正しく行われなかった場合は滞納などが多い場合には審査に通らなくなります。

via http://www.初めてのお金の借り方.com/

初めて申し込み
via www.tnhealthcareers.com
初めて申し込み行う人は他の消費者金融への支払い状況は気にする必要はないかもしれません。ですが個人事業主などでリース契約をしている人は、そういったものの支払い状況においても信用情報として見られることになるので注意していきましょう。

一度借りたら

一度借りたら
via nrcc.sub.jp

店舗や自動契約機、コンビニや銀行などでの提携ATMでは、申し込み後に発行されたカードを使って融資金を引き出すことができます。
限度額以内であれば何度でも利用可能で、返済の途中でも再度の借入をすることができます。
たとえば上限額50万円のうち、5万円を借り、その5万円の返済途中で再度5万円の借入が必要になった場合、5万円+5万円で合計10万円ですから、限度額にはまだ40万円の余裕がありますね。
このような場合は、問題なく再度の借入ができます。

via http://消費者金融一覧表とランキング.net/karikata.html

ATM
via nrcc.sub.jp

再度5万円を借りる場合には、もう一度申し込みをし直したりする必要なはなく限度額が50万円の範囲内であれば、返済が滞らない限り利用者の裁量によって自由に引き出しをすることができます。