大手にない柔軟さと大手並みのサービス!株式会社アロー!

株式会社アローは中小企業の消費者金融なので、聞いたことがない人も多いはず。実は、中小の消費者金融の中ではトップ3に君臨するほどの人気を誇っている会社なんです。そこで今回、株式会社アローの人気の秘密とサービスについてまとめてみました。


株式会社アローとは?

平成12年11月岐阜県にて不動産業の会社『有限会社アロー』として設立し、
平成22年2月に『株式会社アロー』に商号変更をしました。
貸金業の登録は平成22年5月と比較的新しいですが、
消費者金融としての実績は着実に積み重ねている会社で、人気も上々です。

契約事前説明書をホームページに公開!

契約事前説明書をホームページに公開!
via pixabay.com
契約事前説明書は契約内容を説明する為に交付が義務付けられている書類です。
本契約締結前の公式書面を公開している金融業者は少ないので、
『お客様にしっかりと理解していただきたい』という会社の意思が伝わってくるのではないでしょうか。
この『契約事前説明書』で申し込みをしなくても誰でも見られるようになっているので、
安心して一歩を踏み出すことができそうですね。

消費者金融のアローが人気の理由はここにある!

消費者金融のアローが人気の理由はここにある!
via pixabay.com
株式会社アローは、独自の審査方法を取っているのにも関わらず、大手並のスピード審査を実施しています。
審査の柔軟さについても申し分なく、債務整理や自己破産経験のある人でも申し込みが可能となっており、
融資率も高いということで人気が上がっています。

申し込み方法

申し込み方法
via pixabay.com

■公式サイトの申し込みページからのネット申し込み
■公式サイトからフォーマットを入手してFAX、もしくは郵送で申し込み

申込方法以上の通りとなります。電話での受付は行っていません。

・未成年及び66歳以上の方はご契約出来ません。
・健康保険未加入の方はご契約出来ません。
・無職の方はご契約出来ません。
・現在、他社のご返済が遅れている方はご契約出来ません。
・自営業者の方で確定申告等年収証明が提出できない方はご契約出来ません

via アロー公式ページ

●申し込み条件が定められているので、申し込み前にご確認ください。

審査~結果報告

【 ネットからの申し込みの場合 】
一次審査に通過したらメールで連絡があり、その後希望の番号宛に電話連絡があります。

【 郵送もしくはFAXでの申し込みの場合 】
アローに申し込み書類が届き次第審査、その後希望の番号に電話連絡があります。

融資

融資
via pixabay.com
【 ネットからの申し込みの場合 】
審査通過者にはアローから契約関連書類が送られますので、
それを返送した後指定の銀行口座に振り込まれます。
審査での判断次第では、書類が返送されるのを待たずに振込される場合もあるので、
即日融資が可能な人もいます。

【 郵送もしくはFAXでの申し込みの場合 】
電話での審査結果連絡後ネット申し込み同様契約書類が送られます。
その後の流れはネットの場合と同じです。

返済方法

■アローの返済口座への振り込み
■口座振替

この二つの方法のうちどちらかを選んで返済していただくことになります。
公式ページより返済のシミュレーションができますので、気になる人は一度お試しください。

残高スライドリボルビング方式での返済

ショッピングクレジットでリボ払いという定額払いがあるのはご存知かと思いますが、
それと同じ方式の返済方法なのが『残高スライドリボルビング方式』です。

クレジットカードなどでリボ払いを使った事がある人ならわかると思うのですが、
リボ払いは月々の支払いを少なくできるというメリットがあります。
消費者金融のほとんどがリボ払いなのですが、お金がないときに利用するわけなので、返済については少しでも楽にできた方が良いですね。

via 【株式会社アロー】借入方法と返済方法。知っておきたい月々の返済額

●返済額の例
~10万円の借り入れで月々の返済は4000円~
10万~15万円で6000円~
20万~25万円で7000円~
こんな感じになります。

返済額が一定の決められた額ではないので、気持ちは楽になりますが、ついダラダラと返済期間が長くなりがちな方もいらっしゃるようなので、しっかりとした計画をもって利用しましょう。

おまとめローンも対応しています

おまとめローンも対応しています
via pixabay.com

他の消費者金融でも対応しているところは多いのですが、すでに何社かで借り入れがある場合、
アロー1本に借り換えをする『おまとめローン』も対応していますので、
月に何回も返済がある人は借り換えをしてみてはいかがでしょうか。