消費者金融の利用で電話が必要な理由を考えてみよう

消費者金融の申し込みの際には固定や携帯を問わずに電話が最低でも一回線はあることが前提となってきます。この原則はどこの消費者金融を利用しても変わらないことと言えますが、なぜ電話が必要なのかを調べてみました。気になる人はチェックしていきましょう。


在籍確認

在籍確認
via www.card-loan-cashing.com

目的としては、本当に会社に勤めているか否かの確認です。やはりにクレジット会社としては、「借りた人が本当に返せるかどうか」はちょっと心配なものです。例えば申込書において、何らかの会社のお勤め先が書いてあるとします。ところで本当にそのお勤め先に勤務しているのでしょうか。それを確認するために電話をするというわけです。
ところでその電話の連絡なのですが、たいていの場合はクレジット会社の名前は名乗らずに個人名などで電話をかけてくるケースが多いのです。人によってはクレジットの申し込みをしたということを、あまり周囲に知られたくないというケースなどもあるからです。

via 消費者金融が電話で連絡をする理由

仕事先の登録
via www.radiojeleni.cz
消費者金融を申込する際に仕事先の登録をすることになります。そしてその仕事場に本当に自分がいるという在籍確認を効率的に行うには電話で確認をとるのが一番簡単に確実な方法のようです。とは言っても個人名で在籍の確認をとるようなので周囲にはバレる確率も低いので、あまり神経質になる必要はないと思います。

延滞時には

延滞時には
via www.qscitech.info

返済の遅延による督促
消費者金融からの電話では、これが一番多いです。
(多くてはいけないのですが…)
遅延して、何日で電話が来るかはケースバイケースです。
その人の信用度にもよりますし、業者・銀行の方針にもよります。
私はプロミスで1年半ほど借りて、合計で8回ほど遅延していますが、いずれも電話は来ませんでした。
長い時は7日遅れましたが、それでも来ませんでした。
私の場合、最初の約1年は遅延がなく、増額された後で、ある程度信用度が蓄積されていたためだと思います。
督促電話は、自宅にかかってくることはめったにありません。
ほとんど自分の携帯電話のみです。

via 家族にバレないか心配です・・・消費者金融からの営業電話。 | キャッシングマガジン

督促
via www.qscitech.info
消費者金融で延滞をするとすぐ電話で督促を受けるというイメージが多いかもしれません。ですが実際には直ぐに電話で督促をするというよりも、ある程度待ってみてそれでも自主的な支払いができない人の場合に電話で督促を行うようです。

一日の督促回数

一日の督促回数
via www.fnci.org

日本貸金業協会は、貸金業法で細かく決められていないことについても自主規制を決め、会員に対し指導を行っています。
その中で、延滞時による督促電話の回数は3回までとなっていますが、具体期に、3回がどこまでなのかは、明確になっていません。
どこまでが3回のカウントとなるのかは、あくまで業者側に任せるような姿勢になっているのですが、実際には、携帯に電話をしても着信履歴が残りますので、1回連絡すれば、コール音のみでも1回にカウントされるといった感じです。

via 消費者金融の督促の電話は1日何回?

消費者金融の延滞
via www.tapals.com
消費者金融の延滞が伸びてしまい電話督促を心配する人は、一日に受ける督促の回数についても気になるかもしれません。実際には朝から晩まで休みなくというのはあり得ません。また督促が始まるのは延滞がある程度伸びてからが多いので、出来るのであれば早めに返済をしておいて督促を受けないようにしましょう。

その他の場合では?

その他の場合では?
via farmers-kids.jp

プロミス、モビット、アコムともに、定期的なサービスの連絡があるという回答がありました。
これはどういうことでしょうか?
確実な返済を行っていると、金利引き下げ、もしくは増額のおすすめなど、より充実したサービスを受けるための土台が出来上がります。
よりよい環境で消費者金融が利用できる、そのお知らせが「定期的なサービスの連絡」となっています。
また、他社からの借り入れ金額を含めて100万円を超えた場合には、収入証明書類提出を求める連絡もあります。
消費者金融の会員サービスにある登録変更手続きを活用して、常に携帯電話を連絡がつく状況にしておくことで勤務先への電話を防ぐことができます。

via http://消費者金融大手.com/denwa.php

キャンペーンや金利
via www.greenconsumer.jp

一般的に利用者にとってバツが悪い時に消費者金融からの電話が多いように感じる人もいるかもしれませんが、キャンペーンや金利の引き下げなど利用者にとってプラスとなる変化の時にも消費者金融の方から電話をくれるときがあるようです。