消費者金融にはなぜ保証人が要らない?メリットとデメリット

お金に困ったとき、すぐ近くの無人契約機で手軽にお金を借りることが出来るのが 消費者金融の好まれる所以です。 銀行のローンなどと違って、面倒な審査や保証人を立てる必要がないなどのメリットもありますが、 注意しなければならないポイントもあります。


素朴なギモン「なんで保証人をつけないとダメなの?」

「消費者金融を利用してお金の工面をしたいけど、保証人を立てられないから
誰にも知られたくないからダメ」と思っている人は意外と多いと思います。
結論としては、消費者金融には保証人は必要ありません!(一部例外を除いて)
住宅ローンなどには連帯保証人や保証人を立てる必要がありますが、
そもそも消費者金融は保証人が要らないことを売りにしているのですから必要ないのです。
それでは逆に、なぜカードローンや賃貸契約などで保証人が必要な場合があるのでしょうか?

素朴なギモン「なんで保証人をつけないとダメなの?」
via pixabay.com

保証人を求められた場合は、融資をやんわりと断る意味で、保証人を求めているわけではありません。保証人をつけてくれた場合は、カードローンの審査を可決したいということなのです。ですからどちらかと言えば、前向きに本案件を進めたいということなのですね。なぜ保証人を付ける必要があるのかは、担当者も詳しくは教えません。ただ、保証人が求められる場合は、申込者本人の信用状態が審査の結果、微妙なので、保証人をつけてほしいということなのですね。

保証人が必要となるケースは、先ほども触れたとおり信用情報とスコアリング審査の結果が微妙だということです。逆に、必要ではないケースというのは、審査上、問題ないということですが、完全に否決というケースも保証人を必要としないケースのひとつと言えるかもしれませんね。また、同じカードローンでも個人事業主向けのカードローンや、極度額が多額となるカードローンは保証人を求められやすいケースとなるでしょうし、申込者本人が、学生や専業主婦という場合も、親や配偶者が保証人として求められることが多いでしょう。

via http://カードローンの比較サイト.com/hajimeteloan/hosyouninn.html

なんで消費者金融に保証人はいらない?

なんで消費者金融に保証人はいらない?
via pixabay.com

やはりお金を貸し借りするには、双方の間に、ある程度の信頼関係が必要になってくるのは当然です。
一方で消費者金融では、不特定多数の人がそれぞれの事情を抱えてお金を借りに来ますが、
ポンと訪れてきた人に対してお金を貸す、ということは問題ないのでしょうか?

消費者金融が利用できるATMなどは、駅前を中心に全国に設置されています。つまり、より多くの個人が気軽に融資を受けることを想定したサービスです。保証人を必要とするサービスだったら、思ったほどの浸透は期待できませんよね。お金が足りなくなったとき、いつでも簡単に小口の融資を受けられるのが、消費者金融の特徴であり、持ち味ともいえます。

お金を借りるときに保証人が要らなかったら、手続きも簡単ですぐに審査に入れます。誰かに保証人をお願いする手間も省け、必要な時に必要な分だけ無理なく借りることができるでしょう。どうしても今日中に100万円必要な場合、とても一日のうちに保証人を探すのは困難ですよね。保証人を必要としないからこそ即日融資も可能なわけです。

via 消費者金融からお金を借りる際に保証人は必要? | 消費者金融審査

保証人は必要?
via pixabay.com

「保証人なし」のメリットとデメリット

スピーディーな取引のために「保証人」を省いているんですね。
しかし保証人をたてない状態での借金って、貸すがわも、借りるがわも
なんだか不安が残りますよね。
「保証人なし」と掲げられると魅力的に見えますが、実際はどのような
メリットとデメリットがあるのでしょうか?

「保証人なし」のメリットとデメリット
via pixabay.com

保証人不要のメリット

保証人を立てなくてもキャッシングが利用できることで、どんなメリットが得られるでしょうか。主に、以下のようなことが考えられます。

人間関係を崩壊させる危険がない
保証を頼める人がいなくても申し込める
時間を節約できる

連帯保証人を頼んで借金を肩代わりさせてしまえば、どんなに良好な関係を築いてきた相手であっても、もう以前のように仲良くすることは難しくなるでしょう。保証人には、このように人間関係を崩壊させてしまうリスクがあります。

via 消費者金融のキャッシングは保証人なし!その理由とは!? | マネー迅速クン3号

連帯保証人
via pixabay.com

ここまで読むと、保証人が必要ないことが非常に良いことばかりに感じますが、
けっしてそれだけではありません。
悪い部分も知ったうえでの利用を心がけましょう。

デメリットである利子の高さは利息制限法の上限に設定されていますが、結局はこの利子も計算して、上手にお金を借りることが大事です。 こういった悪いデメリットは他にもあります。 これは、結局はそれでは住宅ローンや車のローンを組む場合はどうでしょうか。 依然として消費者金融からの借り入れがあると審査に通りづらいというようなケースが頻繁にあります。

via 消費者金融にはデメリットも存在する|フォーキャッシュ

利息制限法
via pixabay.com

例外もあり!消費者金融で保証人を求められる時!?

しかし、中には消費者金融であっても保証人を立てないと、
借りることができないような場合もあるので注意が必要です。
その例外的な事例についてご紹介します。

例外もあり!消費者金融で保証人を求められる時!?
via pixabay.com

消費者金融は利息が高いけれど、昔よりは体系や金利も、嘘やごまかしができなくなったし、皆が利用しやすくはなったわね。とは言っても、お金を借りる額次第では、保証人が必要になってくる場合もあるわ。法律でその人の年収の3分の1以上は貸してはいけないことになっているから、それに近いくらいの額を貸して欲しいと言った時に、保証人の方が必要になるわ。

また、借りる本人がこれまで数社から借りているだとか、延滞しているなどといった、消費者金融の方が「大丈夫だろうか?」と思う場合は保証人が求められるのよ。

via 保証人が必要な消費者金融はあるのか | シンパイックス