やっぱりポイントは「低金利」!失敗しない消費者金融選び

世の中にはたくさんの消費者金融業者がありますが、広告を見てもいいことばかり書いてあるので どこを利用したらよいか分からなくなります。 お金を借りる人が、一番気にするポイントは「金利」です。 しかし、金利について正しい知識を持っている人は意外に少ないのです。


そもそも金利ってどうやって決めるの?

急な出費や、予想外の支出があったときの心強いミカタが消費者金融ですが、
いざ利用しようとするとき、世の中にはたくさんの消費者金融がありますから、
その中から自分に合ったところを選ぶ必要があります。
たくさんの選択肢の中から選ぶポイントはさまざまですが、やはり一番気になるのは
ズバリ「金利」ですよね。
世の中には「低金利」を売りにしている業者はたくさんありますが、
金利の設定というのはそれぞれの業者が勝手に決めているのでしょうか?

そもそも金利ってどうやって決めるの?
via pixabay.com

消費者金融会社が設定する適用金利は、その人の内容(属性)や借入限度額によって違ってくるからです。例えば、審査で10万円しか限度額を設定できない人と、100万円以上の限度額を設定できる人では適用される金利は違って当然です。

一般的な考え方であれば、10万円~50万円の限度額設定しかできない人であれば、適用される金利はその会社の上限金利(ほとんどが年率18%)となる可能性が高いです。逆に100万円以上の高額限度額が設定可能であれば適用される金利は限度額が増すごとに低金利となっていく傾向となります。

法律上でも10万円以上100万円未満は上限金利は18%ですが(10万円未満は20%)、100万円以上は上限金利が15%となり、3%下がることになります。

このように金利とはその人の信用度合=リスク度合を示している数字とも言えます。属性の内容のみではなく、取引後の支払状況、取引年数等により、信用度合は変化していき、取引が良好であることが、その人の1番の信用となるのです。信用が上がれば限度額を増やす、増額も可能となり金利も引き下がることは多々あります。

via 消費者金融金利が一番安いのは?|消費者金融比較無料案内板

ココに注目!「金利の幅」にご用心!

インターネットや雑誌には、これでもか!というくらいたくさんの消費者金融の広告が出ていますが、
どこも「低金利!」とうたっているのですが、実際のところは「〇%~〇%」というふうに幅があります。
読み方が分からない人は混乱してしまいますよね。
ここでは正しい知識をもって、広告を読むアドバイスをします。

ココに注目!「金利の幅」にご用心!
via pixabay.com

金利というのが借り入れ金額によって違ってくるためです。借り入れ金額が大きければ多いほど、金利が低くなるのです。

しかし、一般的にカードローンで借り入れをする場合には、よほど高額でない限り、まず上限金利で借りることになると思ってください。

ですから、いくら○%の金利が低くても、それに惑わされず、あくまでも△%の金利を見るようにしましょう。そして借りる際には、自分の借りる金額、借りる期間などをしっかりと確認し、返済シュミレーションをしてみましょう。

今はどのカードローンのホームページでも、またあらゆるWEBサイトなどで簡単に返済シュミレーションが出来ますから、これは是非借りる前にしておくべきことなのです。

via なぜ利息には幅があるの?金利の仕組みを知って賢く借入! | マネユル神話

なるほど、でも上限金利を小さいフォントで表示している広告って多いですよね、
ご用心、ご用心・・・

金利はどこも同じようなもの?じゃあどうすればいいの?

金利の仕組みについては分かったけど、実際に広告を見てみたら、どこもだいたい同じような
金利が設定されていて、違いなんてあるの?って思ってしまいますよね。
実際に法律によって上限金利は決められているので、
業者が勝手に上限を無視して金利を設定することはありません。
それでは、どうやって消費者金融を選べばいいのでしょうか?

金利はどこも同じようなもの?じゃあどうすればいいの?
via pixabay.com

金利で選ぼうと思っていたのですが、どこもほぼ同じだとしたら何を基準にして選ぶといいのでしょうか?

答え
信頼できる消費者金融かどうか、初心者が申込みしやすいかどうかで選ぶといいですね。
金利の低さとか誰でも借りられるとかで選ぶと、最悪の場合は闇金融だったりすることがあります。
闇金は法律を守らないから怖いですよ!

■補足説明■
小さな消費者金融でも真面目で誠実なところがありますが、判断するのは難しいので大手を選んだ方が間違いがありません。
また大手は申し込んでから手元にお金が入るまでの期間が短かったり、全国のコンビニや銀行のATMで引き出せるなど便利です。
カードを作っておけば、急にお金が必要になったなど緊急事態にも素早く対処できます。

via 【消費者金融の疑問】金利はなぜ最大18%?例えば10万円借りたら利息はいくら

消費者金融をオーダーメイドする!おすすめのサイト

消費者金融をオーダーメイドする!おすすめのサイト
via pixabay.com

ローン・キャッシング情報がここに集結 | ローン研究Lab

ローン・キャッシング情報がここに集結 | ローン研究Labローン・キャッシング情報がここに集結!ローン研究Lab

 

●限度額や金利、審査時間など、必要な条件を入れながら自分にあったローン会社をオーダーメイドしてくれるシステムです。

裏ワザ紹介!金利の引き下げ交渉術!

それでも、なんとか少しでも金利を下げたいという方へ、
消費者金融の金利を下げてもらう交渉術を教えちゃいます!
ちょっとしたコツとポイントを覚えているだけで、金利が大幅に下がる
なんてこともあるかもしれませんよ!

裏ワザ紹介!金利の引き下げ交渉術!
via pixabay.com

そこで、キャッシングの利用者におすすめしたいのが、金利の引き下げ要請です。
実際に金利が下がるかどうかはケースバイケースですが、電話であっさり応じてくれる場合もあるので、ダメもとでもやってみる価値は十分にあります。

キャッシングの金利の引き下げ交渉は、まずはストレートに「金利を下げて下さい」と頼んでみることからスタートします。
その際に「他社が金利を安くしてくれる」「安い金利で借り換えできそうだ」といった話があれば、その状況を伝えることで、交渉を有利に進めることができます。

一方で、自己破産や任意整理の可能性もある人は、自分の債務の状況などについて、実直に説明するといいでしょう。
他社からの借り入れについての資料も見せ、自らの「危機的状況」について理解してもらうことが大切です。

via 金利って下げられるの? – @キャッシング