「銀行とはココが違う」連帯保証人いらずの消費者金融!

消費者金融というと、一昔前までは「サラ金」と呼ばれて怪しいイメージがつきまとうものでした。 しかし現代では、学生や主婦にまで利用者層が広がり、誰でも気軽に利用出来る という明るいイメージにかわりました。銀行とちがって連帯保証人などの煩わしい手続きが 必要ないというのも魅力のひとつです。


消費者金融には連帯保証人はいらない

銀行や信用金庫などの金融機関から融資を受ける際には、連帯保証人や担保が必要になります。
急な出費や支出があって、お金がすぐにでも必要な時に、知人や親戚を回って保証人さがしをするのは
非常に面倒だし、人にはあまり知られたくない、という人はたくさんいます。
消費者金融の売りのひとつが「保証人不要」というポイントです。
サラリーマンや自営業者だけでなく、アルバイトやパート、主婦の方でも利用できる点が
消費者金融の魅力のひとつと言われています。

消費者金融には連帯保証人はいらない
via pixabay.com

銀行などから融資を受ける場合、連帯保証人を設定しなくてはならない場合があります。また最近だとビジネスローン(商工ローン)なども連帯保証人が必要です。では私たちが普段利用することの多い消費者金融は連帯保証人が必要になるのでしょうか。

実はほとんどの消費者金融は連帯保証人、保証人、担保などがなくても利用することができるようになっています。つまり従来のキャッシングやローンなどと比べてみるとずっと利用しやすくなったと言えるでしょう。

以前までであれば必ずといっていいほど連帯保証人を用意しなくてはなりませんでしたが「手軽に利用できる」ことをコンセプトとしたサービスが主流になっている現在では連帯保証人を用意しなくても契約を結べます。

via 消費者金融を利用するためには連帯保証人はいる?不要?/おすすめ消費者金融エスプレッソ

誰でも出来ちゃうの!?

保証人不要、ということはとても魅力的ですが、万が一支払えなくなる場合のことは
想定されていないのでしょうか?
そうなると誰にでも利用出来ちゃうことになりますが・・・?

誰でも出来ちゃうの!?
via pixabay.com

銀行や他の金融機関から借入れをするなら連帯保証人を必要としますが、小口の利用者がほとんどの消費者金融では返済のリスクよりも「借りやすさ」を優先しているからなのです、逆に言えば消費者金融を利用する人が保証人を立てなければならないような信用状態では、消費者金融からの借入れは難しいということになります。

消費者金融はあくまで利用する人の「信用状況」で融資するので、その人の信用次第では希望する融資額では借入れすることが出来ないケースも出てきます。

via 保証人って不要なの? / 消費者金融エスプレッソ

いいことばかりじゃない!保証人不要のワナ

ある程度の信用があれば消費者金融を利用できるのであれば、わざわざ銀行などで借りないで
消費者金融で借りたほうがお得じゃん!って思ってしまいますよね。
しかし、そんないいことばかりではありません。
「手続きが簡単」というかわりに払うべき代償があることを覚悟しなければなりません。

いいことばかりじゃない!保証人不要のワナ
via pixabay.com

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの大きな違いは、「総量規制の有無」です。
総量規制とは、貸金業法で定められた、、借入の合計金額が「年収の合計の3分の1」を超えないように規制する法律です。

例)年収300万円の方は、300万円×1/3=100万円 借入可能額 : 100万円

この規制によって、多額の借入が難しくなったのですが、この総量規制は、
消費者金融のみが対象となり、銀行カードローンは対象外となっています。

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと違って、金利が低めに設定されていることが多いです。
上限金利を比較すると、消費者金融では大体18.0%程度ですが、銀行カードローンの場合は、14.5%程で借入できるケースが多いです。

via 銀行カードローンと消費者金融の違い

いったいどっちがいいの?銀行VS消費者金融

ここまで読んでみると、消費者金融は連帯保証人や担保がいらない分
限度額や利子の部分で銀行ローンに負けているといったイメージですが、
実際のところはどっちがいいのでしょうか?
そんな素朴な質問にお答えします!

いったいどっちがいいの?銀行VS消費者金融
via pixabay.com

総量規制・限度額・金利の部分だけで判断をすると銀行の方が圧倒的にお得な印象を受けます。
が・・・審査については消費者金融の方が有利です。

消費者金融は銀行と比べても審査スピードが圧倒的に速い!

銀行でも「即日融資が可能」とホームページなどに書いているところがありますが、
実際に審査を受けてみると大体3~4日はかかることが多いです。

また銀行はお堅い体質もあってか、審査もかなり厳しく・慎重にチェックされるため、
消費者金融よりも審査に落ちる可能性が高いのです。

via http://eお金を借りるには.net/faq/chigai.php

上手に使えば怖くない「消費者金融との上手な付き合い方」

それぞれのメリット・デメリットを知った上で、自分に適したお金の借り方をする
ということが一番ですね。
最後に消費者金融との上手な付き合い方についてご紹介します。

上手に使えば怖くない「消費者金融との上手な付き合い方」
via pixabay.com

消費者金融を上手に利用するためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

以下では「消費者金融を上手に利用するコツ」を紹介します。ポイントは大きく言って次の5つです。

 

1.しっかりと返済計画を立てる
2.借入金額は最小限に
3.なるべく早く返済する
4.インターネットを活用する
5.住宅ローンを組みたい人は利用を控える

via http://初めての消費者金融・初心者ガイド.net/con13/