個人事業主は、消費者金融の不動産担保ローンを知りたい!

消費者金融からの融資では、事業用途では利用不可である為、個人事業主は困惑しています。 しかし不動産担保ローンなら、資産を担保にすれば低金利で融資が可能である為、チャンスでもあります。 ここでは不動産担保ローンに纏わる、あれこれについて調べてみました。


個人事業主だって、低金利で融資をして貰いたい!

不動産担保ローンというと、余り良くないイメージを持つ人がいるかも知れません。
それは自宅や自分の資産である土地や家等を担保として、お金を借りるからです。
それに加えて、当該資産の価値が景気や社会的変動等が原因で、価値が下がってしまう事もあるからです。
しかし、不動産担保ローンは前述の様な、デメリットばかりではありません。
何故なら、一般的なキャッシング等の無担保ローンで、事業用途での資金繰りを賄おうとしても現実的には困難を極めます。
それが一般的に経営が不安定であると考えられている、個人事業主であるなら、銀行では無く消費者金融に目を向けるのが得策と言えるでしょう。
何故なら、総量規制という法規制が図られた事と関係があります。
この分野に少し知識がある人であれば、年収の三分の一までしか、消費者金融では借りられないと知っているかも知れません。
しかし、細部までこの総量規制を調べてみると、不動産担保ローン等の事業用途向けである場合は三分の一を超え融資をして貰えるからです。

不動産担保ローンとは?

リスクはあるけれども、本当に融資がどうしても必要であれば、不動産担保ローンという選択肢は無茶とは必ずしも言えないでしょう。
但し、少なくとも事前に担保にする、不動産の価値を見極める為に調査をしておきましょう。
とは言え、専門用語で羅列されている国や自治体等のデーターを見せられても、どの様に判断すれば良いのか分らずに困惑してしまいます。
そこで、複数の不動産業者等に聞いて見ると、大まかな価値が見えて来る筈です。
消費者金融業者に出掛ける前には、この調査をしておく事をお勧めします。

普通、ローンを組む時に審査がありますよね。審査をするときに、例えば勤続年数が浅かったり、一定の給料がもらえていなかったりする場合などはローンを組めなかったりお金を貸してもらえないことがあります。
そんな時でも、自分の所有している不動産を担保にすることで、ローンを有利に組めることがあるのです。それを不動産担保ローンと言い、この不動産担保ローンは普通にローンを組む時より審査が通りやすいと言われています。
それもそのはず、不動産を担保にすることにより金融会社は返済が出来なかったときの回収がすぐに出来るためです。金融会社はリスク軽減のために不動産を担保として持っておき、返済が滞るとすぐに競売にかけてしまいます。
このように不動産担保ローンというのは、自分の持っている不動産を担保として金融会社に提示することで、ローンを組めるという事です。

via 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

●不動産担保ローンと聞いても、良くわからないというのが一般的でしょう。
個人事業主の中には、抵抗感を持つ人もいるかも知れませんが、事業継続の為には学んでおくべきです。

不動産担保ローンと総量規制について

総量規制について

2006年(平成18年)、金融庁や自民党などで、グレーゾーン金利廃止などの法律の改正が議論され、後藤田正純ら規制強化を主張する人と、保岡興治ら例外措置として従来通りの金利を残すと主張する人が対立した。
しかし、日本弁護士連合会、マスコミ世論、民主党の反発を受けて、グレーゾーン金利の廃止等を盛り込んだ内閣提案改正法案[1] が同年10月31日に第165回臨時国会に提出され、同年12月13日に成立、同月20日に公布された(平成18年12月20日法律第115号、貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律)。そして、2007年(平成19年)12月19日に本体部分が施行された。

via 貸金業法 – Wikipedia

●グレーゾーン金利という問題で過払い金手続きというのは、今現在でも続いていて、テレビやラジオ等のコマーシャルでも耳にします。

グレーゾーン金利のイメージ
via saimuseiri-site.com

グレーゾーン金利のイメージ

●過去にはこの様な問題があり、総量規制というルール作りに繋がりました。

 

 

総量規制があっても、例外があります

個人事業主が事業継続の為に、不動産担保ローンを担保にして、消費者金融から融資を受けられるという典型例です。

Q.自営で美容院をしています。新しい美容機器・備品購入のため、不動産担保ローンの利用を考えています。総量規制で借りにくくなると聞きますが、不動産担保ローンも総量規制の対象なのですか?(埼玉県 M)
A.不動産担保ローン(居宅等を除く)は総量規制の対象外です。
2010年6月18日、改正貸金業法が完全施行
改正貸金業法は、2006年12月に成立し、段階的に施行されてきましたが、2010年6月18日に完全施行されることになりました。総量規制(借入総額を年収の3分の1に制限する)や、グレーゾーン金利の廃止(出資法の上限金利29.2%を利息制限法の水準の15~20%に引き下げる)も実施されることになります。
総量規制は、返済できないような過剰な貸付を防止するための規制で、個人が貸金業者から借り入れした残高の合計が年収の3分の1を超えていると新規の貸付を受けることができないという規制です。
不動産担保ローンは、総量規制の「適用除外」に
総量規制の対象外となるローンには、「適用除外」と「例外」があります(下表参照)。〈総量規制の適用除外と例外〉
【例外】
11. 個人事業者に対する貸付(事業計画、収支計画、資金計画により、返済能力を超えないと認められることが要件)

via 不動産担保ローンは総量規制の対象外?【イー・ローン】

●総量規制の例外でも、消費者金融から融資を受けられる良い例と言えるでしょう。
不動産担保ローンでも、融資を受けられる可能性はありますので、トライしてみる価値はあります。

不動産担保ローンの、手続き一連の流れ

仮申込みをしよう

この工程は気軽に申し込んでも、問題無いでしょう。
但し本申込みのみ、という消費者金融業者が、あるかも知れませんので要注意です。

仮申込みは「審査通過の感触を得るもの」なので、複数の不動産担保ローンに申込みをしても構いません。その上で回答結果を比較し、一つに絞り込むという方法も賢い不動産担保ローン選びの方法です。

via 不動産担保ローン申込みから借入までの流れ | 不動産担保ローン比較ランキング決定版

●ここで良く比較検討し、そして吟味を重ねましょう。

仮申込みの審査がパスしたら本申込みに移るので、必要書類を揃えよう!

ここで今一度、本当に融資をお願いするのかを確認し申込みに移ります。
次に示した書類の他にも、必要書類があるかも知れないので、担当者に確認しておきましょう。

不動産担保ローンの申込みや審査には、一般的に次の書類提出が必要です。
担保不動産の確認できるもの
不動産登記簿謄本、住宅地図、公図、地積測量図、建物図面、固定資産税評価証明書、建築確認通知書など。書類によっては物件を調査する際に金融会社が自分で取得する場合もあります。
本人を確認できるもの
運転免許証・パスポート・健康保険証など。契約の際に印鑑証明書が必要になるので、印鑑証明書と住所が違う場合は住所変更を行っておく必要があります。
未納税金がないことを確認できるもの
納税証明書・固定資産税納付書など。未納税金があると担保不動産に、税金の差し押さえが優先的に付いてしまうことがあります。
担保不動産のローン残高を確認できるもの
残高証明書・返済予定表など。借換えの場合はローン契約抹消に必要な金額になります。その他、法人の場合に必要なもの
商業登記簿謄本、決算報告書、事業計画書など。開業資金の融資を受ける場合は、事業計画書と必要な資金の内訳が分かる書類が必要です。

via 不動産担保ローンの申請方法と審査基準まとめ

●運転免許証等の身分証明証は当然としても、事業計画書等まで必要になるというのは、お金を借りる事の厳しさを感じさせます。
しかし、これは自分への戒めと受け止めれば、事業安定にも好影響を与えられるかも知れません。

必要書類のチェック
via www.mobile-dental.net

必要書類のチェック

●既に借入金等がある場合は、特に金額を正確に記入しましょう。

 

 

本審査にパスしたら、契約に移ります

ここで今一度、本当に契約をするのかを考えて下さい。
OKなら、契約書を欄外に書かれている所まで全て熟読し、少しでも疑問に思える箇所があれば、担当者に納得出来るまで質問しましょう。
遠慮は入りません。

抵当権の設定をします

不動産担保ローンの金融機関側で用意した司法書士が抵当権の設定登記の手続きを行います。抵当権、根抵当権の設定が完了したら、融資が実行されるのです。

via 不動産担保ローン申込みから借入までの流れ | 不動産担保ローン比較ランキング決定版

●設定登記という手続きは、専門家で無ければ作成するのは難しいので、司法書士等に依頼する事になります。
サイン等以外は特別にすることは無いので、専門家にお任せしましょう。

借入金が振り込まれます

必ず、要チェックです。

不動産担保ローンで融資をしてくれる消費者金融業者を紹介

アイフルの不動産担保ローンの特徴
アイフルのHPキャプチャ消費者金融会社として知名度が高いアイフルですが、事業者に向けた事業性融資も行っています。通常の融資なら、総量規制の関係で年収の1/3までの金額しか借り入れることができませんが、不動産担保ローンを含む事業サポートプランなら、1/3以上の金額でも融資可能とのこと。融資上限額も1億円に設定されています。
申込み手続きなどはネットで済ませられるので、店頭に行く手間もはぶけますし、審査スピードも速いと評判です。また、個人事業主の人にはカードローンの併用サービスもあり、100~2,000万円ならカードで引き落とすこともできます。こうした使い勝手の良さは、全国展開する大手消費者金融ならではと言えそうです。

via 頼れる不動産担保ローン会社教えます【事業資金編】

●言わずと知れた、消費者金融業者です。
アイフルでは個人事業主向けでありながら、不動産担保ローンを取り揃えています。

アイフルのホームページ
via www.projectfund-loan.net

アイフルのホームページ

●お笑い芸人のバナナマンさんが、イメージキャラクターになっており、親しみやすさがあります。