あのオリックスには、事業資金で使えるカードローンがある

総量規制の例外というメリットを教授出来る、オリックスVIPローンカードBUSINESSは、個人事業主が安心して使えるお得なサービスと言えます。 何故なら、個人事業主でも事業資金としても利用出来るからです。 ここでは、注意事項等を交えて紹介します。


オリックスVIPローンカード BUSINESS

当該カードローンは、オリックスの貸金業部門が担当します

世間一般では、オリックスという名前一つで知られている企業ですが、大手の財閥系銀行と同じく「銀行」としてのライセンスも受けています。
ですから、オリックス銀行カードローンという商品も発売しているのです。
一方では、個人事業主の場合には総量規制の例外に該当し、事業目的で利用可能なオリックスVIPローンカード BUSINESSがあります。
ということはオリックスという企業の中に、貸金業に該当する事業部門がある事になります。

そのオリックスグループの傘下に、プロ野球球団や生命保険会社などがあるんですね。そして、本題の貸金業者もオリックスグループの中にあるんです。

via オリックスってよく目にするけど、サラ金会社なんですか? | 《マネーネーゼ》

●一つの企業で、銀行と貸金業のそれぞれの部門があるというのは、オリックスくらいかも知れません。

オリックス・クレジット株式会社
via orixcredit.jp

オリックス・クレジット株式会社

●オリックスVIPローンカード BUSINESSという商品は、オリックスグループのオリックス・クレジット株式会社が担当しています。

個人事業主は総量規制の例外

過去に存在した曖昧模糊とした貸金業関連の法律は改められ、総量規制という考え方が導入されました。
それは簡単に言えば、借り過ぎを抑止する為と言えるでしょう。
銀行法に定められたが銀行はこの総量規制外であるので、個人事業主にもチャンスが巡ってきた様に見えたかも知れません。
しかし銀行は、不安定な収入の個人事業主は審査が通りにいのです。
一方の貸金業はどうかと言えば総量規制の対象であり、収入の3分の1を超える金額を借りる事は出来なくなりました。
しかし、攻略の糸口はありました。
それは、「例外」です。
つまり、貸金業では個人事業主の場合に限り、収入の3分の1ルールは免除されるという分けです。

総量規制には「例外」と「除外」される貸付が法令で定められています。
「例外」は、総量規制の対象になりますが、返済能力があれば(審査に通れば)収入の3分の1を越えることが認められています。
「除外」は総量規制の対象にならない借入です。
まず「例外」から見ていきましょう。
【例外】
有価証券担保貸付 (株券や債券を担保に入れる)
不動産担保貸付 (土地・建物を担保に入れる)
売却不動産代金により返済可能な貸付 (土地・建物などを売却するまでの一時資金)
顧客に一方的有利となる借換 (金利などの借入条件が顧客にとってだけ有利になる)
緊急の医療費貸付
配偶者と併せた収入の3分の1以下の貸付 (無収入の主婦の特例)
個人事業主に対する貸付(事業資金)

via 総量規制の例外と除外 | カードローンのお得で上手な使い方

オリックス銀行カードローンとは別の商品です

オリックスグループには、オリックスVIPローンカード BUSINESS以外に、オリックス銀行カードローンがあります。
ここで注意すべきなのは、前者と後者はいずれも融資をしてくれるサービスですが、前者は銀行に、後者は貸金業に分類され使用用途も異なります。
ですから、間違え無いようにしたいものです。

オリックスVIPローンカード BUSINESS
via xn--lck0c6eya6bc7044culyc.com

オリックスVIPローンカード BUSINESS

●個人事業主には嬉しい、事業目的で使えるカードローンサービスです。

返済は一括払いを推奨

カードローンやクレジットカード(リボ払い)の返済では、毎月一定額を返済し、日数に対して利息が付くシステムとなっています。
しかし、お金に余裕のある時は一括返済(残金を全額支払うこと)を行うことも可能です。
カートローンやクレジットカードでは、一括返済で特別な手数料が発生することはありません。
利息についても、それまでの返済と同じように返済当日までの利息が日割り計算で発生するので、早く返済すれば利息が減ってお得です。

via 一括返済に利息は発生する? | マネポタ

●オリックスVIPローンカード BUSINESSでは、支払いを一括払いかリボ払いの二択制です。リボ払いは最長122回払いとなりますので、可能な限り前者の一括払いで済ませる様に努力しましょう。

個人事業主の場合は、最低1年間継続していなければなりません

業歴1年以上の個人事業主
個人事業主がオリックスVIPローンカードビジネスで借り入れする条件は、業歴が1年以上あるということです。
そこまで難しい条件ではありませんね。
ただし業歴1年はあくまで最低ライン。長ければそれだけ「継続しているから安定している!」と審査評価は高くなります。

via オリックスVIPローンカードビジネスの審査基準を検証!個人事業主は審査に有利? | カードローンの学び舎

●なんとか一年以上継続する為には、より良い商品の開発・営業活動等が必須です。
ただ最初から上手く安定した経営を行うのは難しいでしょうから、数年間を耐えしのでから融資を依頼するという手もあります。
あまり一年間という文言に囚われずに、柔軟発想でいきましょう。

継続年数が長い方が高評価
via cardloan-sophia.com

継続年数が長い方が高評価

●個人事業主を長く続ける事は大変かも知れませんが、会社員には味わえない自分の力量だけで継続出来れば、大きな自信にも繋がります。

 

上限年齢に注意

上限年齢が設けられている一番の理由は、『継続的に安定した収入が入らない可能性があるから』です。
年金を受給したり、定期的に副収入があったりしても、高齢になってくると融資したお金を回収することができないリスクは高まるものです。

via カードローンを借りるのに年齢制限はあるの?

●高齢と言っても今ではバリバリ仕事を熟している人もいますから、年齢は徐々に引き上げられるかも知れませんね!

金利は?

金利は利息制限よりもちょっとだけ低金利という設定で、法人カードローンの中では平均的な金利設定と言えるでしょう。
50万円借入時金利 8.00%~17.80%
100万円借入時金利 6.00%~14.90%
200万円借入時金利 6.00%~14.90%
300万円借入時金利 6.00%~14.90%
400万円借入時金利 6.00%~14.90%
500万円借入時金利 6.00%~14.90%

via 法人カードローン/オリックスVIPローンカード BUSINESS | 法人カード比較プロ

●割りと低金利ですね。
最高で500万円まで借りられます。