Wワークで乗り切れ!個人事業主のアルバイトについて

個人事業主をしていても、なかなか仕事の依頼が無い事があります。 勿論営業活動をしてはいるでしょう、やはりある程度の時間は必要です。 ここでは個人事業主の厳しさ、そして金銭的問題を解決する為にアルバイトをする事、またはその傾向等について調べてみました。


ある個人事業主の実情

「自由」というメリットには、時間的制約から逃れがたいという現実があります。
ですから、個人事業主の仕事は単に「隣の芝生は青く見える」だけかもしれないのです。
それでもやりたい、挑戦したいという人だけが、この個人事業主の世界で頑張っている訳です。

一般的に、個人事業主という立場は、企業に属することなく一個人で仕事を請け負いながら生計を立てる人のことであるのは、皆さんもよくご存知でしょう。いわゆる「フリーランス」と呼ばれる人も個人事業主のカテゴリーに入ります。あくまでも個人として仕事をしているわけです。
好きな時間に好きな仕事ができる?
人それぞれ独立した理由は様々あると思いますが、特に近年では「自分の好きな仕事を好きなやり方でやりたい」という理由が多いのではないでしょうか?
個人事業主・フリーランスというスタイルを好む人の多くは、このような「時間的自由」を念頭に置いていることが多いのです。
しかし、そういった自由な印象とは違い、このような仕事のスタイルには「企業人」とは違った「現実」があることを覚えておく必要があります。それに実際に個人で仕事をしてみなければわからないことが沢山あります。
そういう事情を知った上で、独立という選択肢について自分なりの覚悟が必要となることを覚えておく必要があるのです。
実際は、冒頭で述べたような「願望」のために独立して個人事業主になったにもかかわらず、企業人であった頃に思い描いた生活が実現できずに後悔している人も少なくありません。
より厳密には、自分の理想としていた状況が、実際には予想もしていなかったところから裏切られてしまったと感じる人が沢山いるということです。

via 自由を得るにはそれなりの覚悟を。個人事業主になるために必要な「覚悟」とは | NET BIZA

●個人事業主になる前には、どの様な生活が待っているのか、その生活に耐えうるメンタルを持っているのか、そして近世的余裕は十二分に確保しているかは、最低限チェックしておかなければならない項目です。

売り上げが芳しくない

特に一念発起して脱サラなどで事業を立ち上げたものの、最初は顧客などがつかず収入が安定しない人などが、生計を立てる為にアルバイトをしているということが多いようです。

融資について

創業時に公庫等から借りていて、返済出来ていないなら融資は厳しいかも知れません。

Wワークをしよう

仕事に出来るだけ選り好みはしない

可能であれば事業に活かせるアルバイトを、探してみるのも手です。
実際に長期のアルバイトをしている人は少なく、1日などで終わる日雇いなどの単発バイトをしている人が多いようです。
さすがに自分の仕事がある中で、シフトを組むようなアルバイトは平行して行いにくいため、その日のみで終わるような仕事が個人事業主には向いているんです。
休日が都合がつきやすい分、そこに単発バイトなどをいれてお金を稼いでいる個人事業主の人は結構多くいるんです。
特に一念発起して脱サラなどで事業を立ち上げたものの、最初は顧客などがつかず収入が安定しない人などが、生計を立てる為にアルバイトをしているということが多いようです。他にも、収入が安定してきて、本業は雇った人でまかせられるため、自分は様々な職種を経験してスキルアップにつなげる為にあえてアルバイトをするなんて人もいるくらいです。
また、個人事業主と言うと響きはいいものの、その多くの人が事業立ち上げのために借金をしていることが多く、その返済を少しでも楽にするためにアルバイトをしているという人もいます。
●個人事業主になったからと言って、直ぐに次から次へオファーがある等というのは、特別な技術やスキルを持つ、その業界の有名人でも無い限りあり得ません。
これは厳しいかも知れませんが、これからだという楽観さもあるからこそ続けられる仕事と言えそうです。

スキルアップに繋げられる可能性もあります

収入が安定してきて、本業は雇った人でまかせられるため、自分は様々な職種を経験してスキルアップにつなげる為にあえてアルバイトをするなんて人もいるくらいです。

内職という方法もあります

内職
via from4050.jp

内職

●一般的な内職は単純なルーチーンワークであり、年配の人でも仕事を貰えやすい模様です。
一つ一つの単価は安いですが、空き時間を有効に利用して少しでも稼げるのなら有り難いでしょう。

 

 

 

心身の自己管理の徹底

個人事業主をやりながら、Wワークという形を採用するのは、サラリーマンが勤める企業によっては本業に問題があるから等の理由で認めないケースがあります。
しかし個人事業主は、命令する上司がいる訳がありませんから、ダブルワークでもトリプルワークでも自由自在です。
但し、くれぐれも無理をしない範囲で、体調管理は徹底する事が必要です。

個人事業主は体が資本
via www.jisha.or.jp

個人事業主は体が資本

●「過ぎたるは及ばざるが如し」の一言です。

 

 

 

 

 

確定申告はどうすれば良いか

アルバイトと一緒に経費計上して良いか?

アルバイト先からの給与収支に、源泉徴収票があれば、それを利用して確定申告に出来ます。

個人事業主がアルバイトをする場合
個人事業主はアルバイトをすることができます。
ただし、個人事業主としての収入と、アルバイトとしての収入を計算する際は、別で行いましょう。
確定申告の際は、アルバイトでの給料は給与収入として扱われ、自分の事業で得た収入は事業収入として扱わなければなりません。
それに、アルバイトでの給料は、給与所得控除が適用されているので、別で計算した方がお得となっているのです。
ただし、アルバイト先で源泉徴収をしてもらわずに、アルバイト先から源泉徴収票を貰って、自分で確定申告を行うことで節税となります。
先払いした所得税は、本来払うべき税金の額から差し引いてもらえます。

via 個人事業主とアルバイト – 個人事業主.BIZ

●アルバイトで稼いだお金は事業収入で計上する事になりますし、節税をするなら別の方法を利用すべきかも知れません。

アルバイト代は計上項目に注意!
via www.sinkoku.net

アルバイト代は計上項目に注意!

●アルバイトで得られた収入は、個人事業主と同じ計上科目ではありません。