『クラウドファンディング』とはどういったものでしょうか?

何年前からクラウドファンディングが市場にでてきたのでしょうか?よく聞きますが実際どんな事なのか、誰でも利用することが可能なのか、個人事業主として資金調達の目的で利用することは問題ないのかなど、まとめてみました。


クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは?
via www.photo-ac.com

クラウドファンディング(英語:Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である[1][2]。ソーシャルファンディングとも呼ばれる[3]。

via クラウドファンディング – Wikipedia

クラウドファンディングというと、投資してもらうイメージが強いですが、自分が投資するという形もあるとういことにも気づかされます。30億以上の市場になっているので、まずはクラウドファンディングの中での自分の目的をはっきりさせるのが第一だと思います。

クラウドファンディングサイトの種類

クラウドファンディングサイトの種類
via lovefreephoto.jp

クラウドファンディング業者を探す
投資型クラウドファンディング業者を探す
投資型クラウドファンディングは主に金銭的リターン(金利、キャピタルゲイン、配当など)を目的とした投資家向けのクラウドファンディング。
大手銀行の定期預金(年利)や流動性リスクの高いとされる為替取引などと比較しても安定した高い利回りが期待されることから、新しい資産運用方法として注目されている。

via クラウドファンディング総合比較

金銭的ものを受け取る、商品などの一部を受け取る、復興支援の寄付などの目的別に、クラウドファンディング業者を介して、融資型・購入型・寄付型など種類も多岐にわたるので、リスクなども考えじっくり比較したいですね。

初心者のクラウドファンディング

初心者のクラウドファンディング
via komekami.sakura.ne.jp

クラウドファンディングとは、クリエイターや起業家がビジネスやプロジェクトに必要な資金を、銀行や投資家から集めるのではなく、インターネット上で一般の人から資金を募ることを指します。アートや社会貢献プロジェクト、インディーズ映画、スター問いアップなど、本人たちの資金力だけでは成し得なかったであろうことが、ネットを介した寄付によって実を結びます。
ただしそのためには、プロジェクトをより多くの人に対して知ってもらうことが不可欠です。今回は、クラウドファンディングを利用する際に知っておきたい5つのポイントをご紹介したいと思います。

via クラウドファンディング初心者が知っておきたい5つのポイント – Wix公式ブログ

初心者としての志をきちんともって、目にした人を納得させるような内容の文言が必要なんですね。
Kickstarter 、Indiegogo READYFOR、CAMPFIREなど、 たくさんのサイトがあります。じっくり読み込んでみましょう。

都道府県でかわるのかな?

都道府県でかわるのかな?
via www.toushin-1.jp

地元密着型のクラウドファンディングを運営しませんか?
地域×クラウドファンディング「FAAVO」では、現在、あなたの街でクラウドファンディングサービスを運営してくれる「エリアオーナー」(クラウドファンディング運営者)を募集しています。

クラウドファンディングをはじめる為に必要な「システム」「運営ノウハウ」は、全てFAAVOが提供します。その為、1〜2ヶ月程度の短期間で、あなたの街のクラウドファンディングサービスをはじめることができます。

各地域の一般企業、NPO法人、信用組合、行政、新聞社、TV局などがFAAVOのエリアオーナー制度をつかって、クラウドファンディングの運営をはじめています。

via エリアオーナー募集 | 地域×クラウドファンディング「都道府県別オーナー制度」

日本で盛んなのもよくわかったところですが、地方での違いというよりはインターネット上でのことですので、目的別に考えた方がいいみたいですね。まだまだ、地方によっては利用への基準差があるようなので。。。

世界も視野に入れるクラウドファンディング

世界も視野に入れるクラウドファンディング
via pixabay.com

2014年度で海外クラウドファンディング大手2社(IndiegogoとKickstarter)の総プロジェクト数は約20万件もあった。それほどプロジェクトがあれば、サイトを定期的に訪問するユーザーも一定数存在する。また、製品が共感や話題を呼ぶとソーシャルメディアで拡散されたり、世界各国のメディアに掲載されることで多くの人に露出することができる。

via http://blog.btrax.com/jp/2016/02/11/cf-1/

●近年では日本から海外のクラウドファンディンへ参加するユーザーが急激に増えているそうです。

世界を相手にしたクラウドファンディングは、規模が違いますね。取引額の違いももちろんありますが、目的も大きいですね。諦めていた夢などをよき方向に考えられそうなので、夢を実現できるように動く手段の一つとしては、近道になりそうです。