フィンテックで事業拡大!未来が変わる資金の調達方法とは。

最近、インターネット上での事業が広がりを見せる中、メリット・デメリットもある資金を集めていくための、まだまだ、知らないことだらけで、でも大注目のフィンテックの未来を創造していけるようにまとめてみました。


そもそもフィンテックて何だろう?

そもそもフィンテックて何だろう?
via www.photo-ac.com

フィンテック、Fintech(英: financial technology)とは、情報技術(IT)を駆使して金融サービスを生み出したり、見直したりする動きのことである。従来から金融業界では情報通信技術を活用されていた中、2010年代以降、フィンテックとして注目が高まる理由は、インターネット関連技術等により従来の大手金融機関が独占していた業務を個人や新興金融企業が可能になったことにより業界秩序並びに社会構造が変化する兆候が語られるからである

via フィンテック – Wikipedia

リーマンショックのときに、リストラされた人が心機一転と次々と立ち上げたのが、フィンテックに関する事業だったそうです。なぜ、こんなにも大規模な市場になったのでしょうか?IT業界の方たちの、資金調達にはかかせないもののようです。

フィンテックで未来が変わっていく!

フィンテックで未来が変わっていく!
via www.photo-ac.com

ITが変える“お金の未来” ~フィンテック革命の衝撃~
シェアするhelptwitterfacebookgoogle
フィンテックが変える“お金の未来”
長崎県のテーマパークです。
園内のお店でお土産を探すこの女性。

レジで指紋を認証します。
店員
「読み取れました。
893円分のお支払いです。」
これで支払いは完了。
園内では財布を出さずに買い物ができます。

実は、客は入園の際に指紋を登録。
そして、お金を預けていたのです。

via ITが変える“お金の未来” ~フィンテック革命の衝撃~ – NHK クローズアップ現代+

モバイルカード決済、クラウド家計簿、ユニバーサルクレジットカードで、どんどん世の中が便利になっていくようです。便利になっていく分生まれてくる新たな問題も同時に解決できるのがIT革命ですね。
お金の動きに大きな変化を与えたフィンテック。
我が日本でも年々認知されてきているようです。

フィンテックの種類などに違いはあるのでしょうか?

フィンテックの種類などに違いはあるのでしょうか?
via www.photo-ac.com

知っておくべきフィンテック企業とそのサービス【2017年版】
【更新情報】
・2017/3/24 株式会社One Tap BUYの「One Tap BUY」について追記しました。
・2017/3/08 株式会社Misocaの「Misoca」について追記しました。
・2017/2/22 クラウドクレジット株式会社の「Crowdcredit」について追記しました。
2016年、フィンテック(FinTech)という言葉を目にする機会がぐんと増えました。
認知度が高まった2017年こそフィンテック飛躍の年です。
キャリアアップに欠かせない2017年注目のフィンテック企業をまとめてご紹介!

via 知っておくべきフィンテック企業とそのサービス【2017年版】

お金の管理(個人・企業)・お金の支払・投資・仮想通貨の売買など、分野によって企業も違いますね。資金運用や資金調達のためには必要な情報も常に新しくなるので、いつも情報をキャッチできるような状態を保っておきましょう。

フィンテックの活用方法(資金の調達)

フィンテックの活用方法(資金の調達)

「資金調達・融資」というよりも、クラウド・ファンディングという言葉がピンとくる人も多いのではないだろうか(^^)
従来、個人や企業は銀行などの金融機関から融資を受けて資金調達を行ってきた。
ところがITが普及したことで、ネット上で借り手と貸し手を直接マッチングするサービスが登場した。

via 資金調達・融資〜フィンテックは私たちの暮らしを便利にしてくれるのか?〜 – 損をしない為の「お金」の話

フィンテックで資金を集める方法は、クラウドファンディングサービスや、ソーシャルレンディングでマッチングなど、今後導入予定のサービスへの期待をしながら、自分が今できそうなことを準備してみましょう。

フィンテックの世界に期待です。

フィンテックの世界に期待です。
via www.photo-ac.com

融(ファイナンス)とITテクノロジーを融合した金融サービス「フィンテック(FinTech)」分野への投資が急拡大している。融資や資産管理、決済、仮想通貨など様々な分野で新しい企業が生まれ、名だたる投資家や企業などが出資者として名乗りを挙げている。

今年に入りフィンテック系企業が集めた資金総額は80億ドル(約9,815億円)で、うち第2四半期のみで50億ドル。昨年の実績、124億ドルを超えるのは確実な勢いだ。今半期での調達件数は430、一回当たりの調達金額は1.850万ドルに上る。
このブームをJPモルガンチェースのジェイミー・ダイモンCEOは「シリコンバレーはこの分野に躍起になっている。優秀な頭脳と豊富な資金を持つ何百ものスタートアップらが、既存の金融機関に取って代わろうと様々な分野で活動をしているのだ」と、評している。

via 急拡大する「フィンテック」企業  資金調達額ランキング | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

2015年ころから広がり、2017年でフィンテック元年と言われ、2020年ころには「こんな世界がくると思わなかった」というくらいに仮想通貨での資金調達の時代が訪れそうですね。