【無理ですか?】保証協会の債権回収への対抗手段は?

保証協会は銀行等へ代位弁済を行い、債務者へ債権回収を行います。では、この保証協会からの債権回収に対抗する手段はないのでしょうか。所謂、一般的に債権債務関係で行われる方法を確認していきましょう。もしかしたら知らなかったことが見つかるかもしれません。


保証協会の債権回収で減額はできるのか?

さて、まずは保証協会が債権額を減額してくれるかどうかです。
通常、返済が不可能な場合にはある程度まで債権者と減額の交渉をすることがあります。
保証協会はどうなのでしょうか?

保証協会の債権回収で減額はできるのか?
via hensai-zamurai.com

信用保証協会は絶対に『元金』の免除をしません。

その理由は2つ考えられます。
まずは、信用保証協会税金を使った公的機関であるがゆえ、元金免除は特定の国民への現金支給にあたるため、対応できないということ。 それと、いわゆる債権をディスカウントして購入している「サービサー」と違い、債権額100%で債権を買っているので、元金免除はそのまま損失となってしまうということです。

 

信用保証協会は公的機関ではありますが、 債務者の再生を第一に考えている機関ではありません。元金を完済するまで許してくれません。どう考えても死んでも払いきれないという状況でも、年金収入しか無い老人でさえ、元金免除しません。 「死ぬまで払い続けろ」というスタンスです。自分が主債務者でなく事業に全く関係ない第三者保証人であっても、相続人であっても関係ありません。 信用保証協会とはそういう機関なのです。

via 保証協会は債務免除するのか | 打倒!!信用保証協会 代位弁済

さて、いきなり厳しい答えがでました。
しかし、どこかで保証協会が減額してくれた、と聞いたと言われる方もおられるかもしれません。
では、それはどういった場合だったのでしょうか?

保証協会が減額してくれるかもしれないものとは?

保証協会が減額してくれるものとは何なのでしょうか。
元金・利息・遅延損害金がありますが、いずれかを減額してくれるのかうわさなのか、どうなのでしょうか?

保証協会が減額してくれるかもしれないものとは?
via saimu-kaiketu.com

信用保証協会との交渉により毎月決まった金額の返済を続けると、遅延
損害金の減額を交渉することが可能となることもあります。
また元金をまとまった金額や、一括で支払う場合は、遅延損害金を大幅に
まけてくれることもあります。
そこまでいかなくても、通常の、銀行からの借入金利2~3%ぐらいに
引き直すという交渉もできます。
要は、信用保証協会に誠意を見せること。全額一括返済は無理でも、返済に
無理のない範囲でどこまでだったら返済できるかを話すこと、そして
決まった返済は続けることが大事なポイントです。

via 信用保証協会代位弁済後の世界 | 中小企業特化の経営改善・事業承継コンサルティング会社エクステンド

誠意を見せて返済していけば遅延損害金を免除してくれるかもしれません。
信用保証協会にしてみれば、最低元本を取り戻せれば良い訳で、利潤の追求を目的としているわけではないのですから分かる話ではあります。

保証協会の求償権に時効はあるのか?

さて、いわゆる夜逃げなどです。
基本的に時効の援用をする前に裁判等で時効を消滅させてきますので、通常時効が援用されることはありません。
しかし、額によっては裁判費用で一部しか時効を消滅しないこともあるようです。

借金にも時効があるって本当!? | 即日キャッシング広場
via www.cashinghiroba.net

保証協会が主債務者に代わって債務の弁済をした場合、主債務者に対して求償権を取得することになります。そして、求償債権の消滅時効は、保証協会が代位弁済をした時点から進行します。

保証協会は会社ではありません(最高裁昭和60年2月12日判決)ので、信用保証協会の求償権の時効期間は、通常の債権の時間と同様に10年となります。ただし、保証協会が、商人である主債務者(たとえば、個人事業者など)の委託に基づいて保証したときは、求償権は商事債権となり(最高裁昭42年10月6日判決)、時効期間は5年となります。

via http://saimuseiri.kabarai-sp.jp/jikou-kikan.html

それぞれのケースにより時効は異なるようです。
もし、保証協会から逃げ回り、時効を援用しようと考えているのであれば、保証協会がどのような理由で保証をしたのかを考える必要があるようです。

保証協会の債権回収は自己破産するとどうなるか?

最後に自己破産です。
税金のように自己破産しようが無駄なのでしょうか。実態は?

自己破産のデメリット-自己破産の前に知っておきたい事まとめ-
via xn--9ckhe2hxb3f8949aj1vb30fi80a.com

自己破産をすると、消費者金融のキャッシングでもクレジットカードのリボ払いでも国金からの借り入れでも保証協会が代位弁済した場合の返済義務でも、すべての債務が免除されます。

手続き後支払いが残らない点が、他の債務整理手続きである任意整理や個人再生、特定調停などと最も異なるところです。

また、病気や怪我などで働けず、無職無収入であるとか、極めて収入が少ないので返済がわずかでもできない人にも自己破産が適しています。

自己破産をすると車や預貯金、自宅などの財産は失うことになりますし、親などに連帯保証人になってもらっている場合には、そちらの方に請求がなされてしまうので保証人に迷惑をかけることになるデメリットがあります。

また、ブラックリスト入りしてしまうので、契約社員や正社員として年収などの条件を満たしていても銀行融資の審査に通らず、借り入れが出来なくなるデメリットもあります。

自己破産相談では、このような自己破産に関連するあらゆる質問が出来ますし、それぞれについて回答やアドバイスがもらえます。

自己破産に向いている人は、借金額が多すぎて他の債務整理手続きでは借金が整理仕切れない人です。

via 借金返済出来ない!自己破産相談すべき場合と方法は?

このように自己破産すると保証協会への返済義務もきれいさっぱりなくなります。
個人事業主でどうにも立ち行かなくなった場合にはこの手も一つの手ではないでしょうか。
ただし、今後保証付融資を受けることはできないものと考えたほうがよいでしょう。