制度融資を利用するのなら金利はどのくらいか知っていますか

自治体や金融機関、保証協会などが主導となって行われる「制度融資」は、魅力的な融資ということで利用したいと思う人もいると思います。実際には制度融資がどのくらいの魅力があるのか、金利について分かる記事をまとめてみました。


何といっても低金利

何といっても低金利
via sogyotecho.jp

制度融資は1%未満の低金利が最大メリット
制度融資で資金調達する最大のメリットは、低金利で資金調達できるということである。
自治体の制度融資は、一般的に日本政策金融公庫の創業融資制度よりも金利が低い傾向にある。借入金利息の一部を自治体が負担する利子補給制度や、信用保証協会の保証料の一部を自治体が負担する信用保証料補助制度が用意されているケースが多いからだ。
地域にもよるが結果的に1%未満のかなりいい金利で融資を受けられる可能性がある。

via 1%未満の低金利が魅力!制度融資で資金調達する | 創業手帳Web

1%未満の低金利が魅力!制度融資で資金調達する | 創業手帳Web
via sogyotecho.jp
国の融資を見てみても、金利が1%未満の融資というのはあまりないような印象を受けます。
制度融資がこれほど低い金利にて利用できるというのであれば、
積極的に利用を考えるのが、運転資金の確保には向いているような気がします。

制度融資は行っている自治体によって内容が異なってきます。
自分の団体ではどういった内容になっているのか、細かくチェックしましょう。

金利が有利な制度融資

金利が有利な制度融資
via sfujinaga.com

保証協会付融資(制度融資)はどの銀行を通しても、金利、保証料率ともほぼ一定で、銀行に競わせるという種類のものではありません。
したがって、財務基盤が弱く、格付けの低い企業にとってはプロパー融資よりも低金利になり、財政基盤が盤石で、高い格付けの会社にとっては高金利となることが多いと思います。
資本金5,000万円以下であれば業種に関係なく保証の対象となりますが、特に気をつけたいのが小売業(飲食業)で、資本金5,000万円超の場合、従業員数50人以下でないと対象外になってしまいます。小売業で増資を考える場合、ウッカリと言うことが無いように気をつけて下さい。

via 17.銀行借入の金利について知ろう! | 資金に関する知識 | 銀行借入ドットコム -失敗しない資金調達&銀行融資対策ノウハウ-

制度融資,資金繰り | フードサポートさいたま
via foodsaitama.com
銀行の融資の場合は、金利が銀行によって違ってくると考える人もいるかもしれません。
ですが実際には、銀行によって決まっているものではないようなので、
制度融資が行われていれば、自分の普段から取引のある銀行で申し込むことができます。

また、格付けの低い会社などに有利となるということは
開業資金などを考えている人にも利用しやすいかもしれません。

金利の負担がある場合も

金利の負担がある場合も
via shoko.skr-akita.or.jp

『制度融資って何?』
商売は順調、利益も出てます。
けれども、なぜか「資金に余裕がない・・・」
資金調達には様々な方法がありますが、今回は年末にご相談が多く集まる制度融資について、ご紹介します。
県や市等が金融機関に対し利子補給(利子の一部を代わりに払ってくれる事)してくれるので、
低い利率でお金を借りることができます。
設備投資・運転資金を調達するための通常的な融資もありますが、
特定の政策目的のために設立された融資があることが制度融資の特徴です。
特定の条件を満たした者のみが対象者となるため、金利等が優遇されています。

via 制度融資,資金繰り | フードサポートさいたま

新創業融資制度で資金調達するメリット・デメリット | 創業手帳Web
via sogyotecho.jp
県や市などの自治体が利子を補給してくれることがあるので、制度融資の金利が低いということもあります。
ただ、こういった条件で借りられる制度融資ですが、利用面などでも若干の制限がつく場合もあります。
前もって確認して、出来るだけ効率的に利用しましょう。

雇用条件なども影響

雇用条件なども影響
via pixabay.com

日本政策金融公庫の中小企業経営力強化資金という制度で融資をご希望の方がいらっしゃいました。 神奈川県で開業して3年目、33歳の方です。 融資を希望したのは2016年2月で、その当時の中小企業経営力強化資金の金利は、1.45%でした。 融資を受ける際に、融資を受けた後、追加で35歳未満の従業員を雇用することを伝え、書類1枚記載するだけで、1.45%-0.1%=1.35% の金利で融資を受けることができました。

via 35歳未満を雇用することで、金利が▲0.1%になる制度とは? | 日本政策金融公庫ガイド

新創業融資制度で資金調達するメリット・デメリット | 創業手帳Web
via sogyotecho.jp

制度融資が行われる背景には、経済活動の活性化として雇用面などが取り上げられる場合もあります。
こういった場合は、従業員の雇用を考えることで制度融資の対象となる場合もあるようです。
もちろん制度融資として金利が下がったら雇用もしなければいけませんが、
こういった面にも目を向けると良いでしょう。