出来るなら利用の前に【保証協会の限度額】を知りたい!

融資で保証協会を利用することになった場合、人によってはどのくらいの保証をしてもらえるかによって融資を行うのかどうかを決める人もいるかもしれません。なので、保証協会と限度額の関係が分かる内容を調べてみました。


大きく要因するものは

大きく要因するものは
via www.yokohama-cci.or.jp

制度として無担保枠が8,000万円用意されていても、例えば年間売上高が5,000万円の法人に制度上限の8,000万円の保証はまず認められません。
なぜなら年間売上高以上の保証、つまり融資を認めてもとても返済出来るとは考えられないからです。
事業規模による保証限度額のざっくりとした限度としては年間売上高の半分です。
また財務内容も保証額に大きく影響します。
財務内容の良いところ、つまり返済能力が認められる先には保証額も大きくなります。
逆に財務内容の悪いところ、つまり返済能力が弱いと考えられる先には保証額は抑制されます。
さらに融資の資金使途も保証額に影響を及ぼします。

via 信用保証協会の保証限度額はどうやって調べられますか? | 銀行員の融資総合ガイド

「良い会社」になる5つの条件と「悪い会社」になる4つの原因 |
via www.venture-support.biz
保証協会が保証してくれるのは、利用者が基本的には返済を行ってくれるという前提があります。
なので、どのあたりが保証の金額に影響を及ぼすのかを確認しておくことが必要です。

ということは、自分の返済能力がどのくらいになっているのかを調べることが、
保証協会の限度額を知る手段になっていくようです。

本当の限度額は?

本当の限度額は?
via www.zeimu-soudan.com

信用保証協会の無担保枠は8000万円ですが、提供できる担保があるのであれば普通枠で2億円までは利用できるので、1企業あたりの保証限度枠は総額2億8000万円となります。
さらに、セーフティネット保証は、上記の一般の保証枠とは別枠で無担保枠8000万円、普通枠2億円の利用も出来ます。
つまり、一般の保証枠とセーフティネット枠を合わせて1社当り無担保枠1億6千万円、担保があれば普通枠4億円をプラスして合計5億6千万円までに保証を受けることができます。
ただし、実際に保証してもらえる限度額は、企業規模や経営状態などにより違ってきます。

via 日本政策金融公庫(神戸市)融資サポート / 資金使途と保証限度額

信用保証協会の無担保保証枠
via www.photo-ac.com
信用保証協会の無担保保証枠というのは、サイトや資料などで調べてると分かります。
だからといって、信用保証協会が必ずしも8,000万まで保証をしてくれるのかというと、
それは話が違うので注意が必要です。

まずは自分の経営状態などを把握しながら返済できる金額を出し、限度額を調べましょう。

要因を与えるもの

要因を与えるもの
via kigyo-jyuku.asia

当協会以外に神奈川県信用保証協会や他の保証協会を利用している場合は、他協会の利用額も含めて2億8,000万円を超えることはできません。
各保証制度によって保証限度額が決められていますので、その範囲内でのご利用となります。ご利用になっている各々の保証制度の合計額は2億8,000万円を超えることはできません。
また、経営安定関連保証(セーフティネット保証)等の国の施策による特別な保証に関しては、通常の保証限度額とは別に各々保証限度額が設けられております。

via 保証限度額について|ご利用のご案内|横浜市信用保証協会

労働基準監督署の調査が来ても慌てない、監査の種類と心構え | 経営ナビ
via kigyo-jyuku.asia
引っ越しや諸事情などで保証協会を複数利用している場合は、
自分の保証限度額がいくらになっているのかを全体で把握しておく必要があります。

また、モノによっては限度額の対象とはなっていないものもあるので、
そういったものは事前にチェックしておきましょう。

小規模事業者対象

小規模事業者対象
via www.gyosei.rr-corp.com

金融環境変化の影響を受けやすい小規模企業者を対象とし、責任共有制度の導入と併せて責任共有制度の対象除外となる全国統一の保証制度として創設しました。ご利用限度額は、1,250万円以内ですが、既存の保証付き融資残高(根保証の場合は融資極度額)との合計で1,250万円以下となる新規の保証に限られます。
詳しくはこちらをご覧下さい。

via 信用保証Q&A | 中小企業の皆様へ | 福岡県信用保証協会

宅地建物取引業保証協会の入会手続き
via www.gyosei.rr-corp.com

小規模事業者の場合は、金融情勢を大きく受けることが多々あります。
そのような場合に、なるべく負担が小さく利用できる融資の幅というのが設定されているのは知っていますか。
これは既存の融資限度額から考えることができる金額です。
新規保証に限られている条件なので、
新規保証の場合は出来ればこれに近い金額で限度額を出してみるのも良いかもしれません。