【必見】個人事業主にとってクラウドファンディングは金庫?

資金調達に頭を抱えている個人事業主のみなさん。クラウドファンディングってご存知ですか?もしかしたらあなたの強い味方になってくれる存在かもしれません!メリットやデメリットをしっかり理解して挑戦してみませんか?


クラウドファンディングとは

クラウドファンディング(英語:Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。

via https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

via www.youtube.com

クラウドファンディング紹介動画

こちらはCAMPFIREが制作したクラウドファンディングを説明した動画です。
群衆?資金調達?と頭に「???」が浮かんでいる方!!!
是非この動画を見てみて下さい。
本当にわかりやすく紹介されています。
私も、2~3年前にこの動画をみてクラウドファンディングを理解した1人です。

※CAMPFIREとはクラウドファンディングのプラットフォームです。

クラウドファンディングの「メリット」とは

今回は、「個人事業主xクラウドファンディング」ということで、起案者側のメリットをご紹介します。
もちろん支援者側にとってもメリットがあるので気になる方は調べてみてください。

クラウドファンディングの「メリット」とは
via www.irasutoya.com

製品やサービスのアイデアがあり、制作をするスキルもあるが、そのための資金や元手がなかったり、そもそも知名度がないクリエイターや起業家が、クラウドファンディングサービスをはじめとしたプラットフォームを利用することで、資金を集めることができるというのが一番のメリットです。
また、ソーシャルメディアとの相性もよく、開発段階から支援者との交流も行えるので、細かなニーズや要望をキャッチしやすいという点も大きなメリットでしょう。

via http://anipipop.com/what-is-crowdfunding/

クラウドファンディングの「デメリット」とは

今回は、「個人事業主xクラウドファンディング」ということで、起案者側のデメリットをご紹介します。
もちろん支援者側にとってもデメリットがあるのでしっかりと調べた上で支援するかを決めて下さい。

クラウドファンディングの「デメリット」とは
via www.irasutoya.com

クラウドファンディングの成功事例と成功率

クラウドファンディングの成功事例と成功率
via www.irasutoya.com

ここで実際にクラウドファンディングの成功事例を1つご紹介します。
これは私がお気に入りのプロジェクトです。

また気になる成功率は、SNS等を用いて自身で目標資金の30%を調達できれば、90%以上といわれているようです。
思ったより簡単だと思いませんか?
ただ重要なのは、自身で目標資金の30%を調達できるかです!!!
この30%が重要で難しいのです。

ポテトサラダプロジェクトで500万円!?

アメリカのKICKSTAETERでの成功事例です。 なんと出資者の数、6000人以上。総額500万円を超える資金の調達に成功しました。 お国柄ということもあり、ユーモアで斬新なプロジェクトです。 おそらく日本で同じプロジェクトが立ち上がっても、ここまでの出資者、出資金にはならないでしょう。 そして単に面白いといった理由だけではなく、タイミングや、出資者へのリターン内容などしっかりと考え抜かれたプロジェクトです。

クラウドファンディングの代表サイト

クラウドファンディング – Readyfor(レディーフォー)

Readyforは日本で最初のそして最大のクラウドファンディングサービスです。共感をテーマに、社会をよくするクリエイティブな活動や新しいことに挑戦する人々を応援するプラットフォームです。

via クラウドファンディング – Readyfor(レディーフォー)

クラウドファンディング – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

安心と愛情たっぷりのクラウドファンディングを。充実のサポート体制で、だれでもあんしんしてクラウドファンディングを始められます。プロジェクト掲載数・PV数も国内No.1。

via クラウドファンディング – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

クラウドファンディングとは、自らのアイデアをネット上でプレゼンテーションすることで、そのアイデアへの賛同者を集められる仕組みです。サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するMakuake(マクアケ)は、アイデアを持っている勇敢なチャレンジャーを全力で応援します。あなたのアイデアを是非実現させましょう。

via  クラウドファンディング - Makuake(マクアケ):サイバーエージェントグループ

Kickstarter

アメリカで最も有名なクラウドファンディングサービス。ものづくり、デザイン・技術開発、ファッション、映画など、出資対象は多岐にわたる。現在はアメリカとイギリスに根ざしたプロジェクトしか対象となっていないが、2012年9月までに7万3千件ものプロジェクトが資金調達に成功している。

via Kickstarter

ご存知のサイト(プラットフォーム)はありましたでしょうか。
こちらで紹介した4つのサイトのうち、3つのサイトが日本でのサービス。1つのサイトがアメリカでサービスを行っているものです。

まず1つめの「Readyfor」は、日本で初めにサービスを開始し、日本最大のサイトとされています。
個人的に日本で1番だと感じているのが、2つめの「CAMPFIRE」です。
はじめにクラウドファンディングの紹介動画を載せていますが、それもこちらのサイトのものです。
3つめの「Makuake」は、あのサイバーエージェントが運営していることで有名です。
そして、4つめの「KICKSTAETER」。こちらはアメリカで最も有名とされているサイトです。
やはりアメリカと言っても過言ではありません。
日本のものと、企画の内容も金額も桁違いです。
とってもユーモアで夢のあるプロジェクトが多いように思います。

他にも、それぞれの国ごとや地域に密着したものなど。たくさんのサイトが存在します。

ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか。
おもしろいプロジェクトがたくさんで驚かされるばかり!

クラウドファンディングと個人事業主の相性とは

クラウドファンディングと個人事業主の相性とは
via www.irasutoya.com

法人とは異なり、個人事業主は社会的信用が低く、資金調達には大変苦労します。
その点では、クラウドファンディングは個人事業主の救世主なのです!

しかし、すでに述べたようにデメリットも存在します。
SNS等を用いたマーケティング力や、開始のタイミング。他にもプロジェクトの差別化。
もっとも心配すべき点は、アイディアを真似される可能性が高いということ!
注意や下準備をしっかりすることで、クラウドファンディングを味方につけ夢を実現しましょう!!!