信用保証協会は個人事業主の個人信用情報にタッチできる?

借入れ等の個人情報は個人信用情報機関に登録されるというのは、経験者の多くは知っているでしょう。しかし、法律では個人の承諾なしには個人情報の参照は許されていません。ここでは、個人事業主の履歴情報と信用保証協会についての関わりについてご紹介します。


そもそも信用保証協会って?

信用保証協会とは、中小企業や個人事業主等の資金繰りを円滑に行えることを目的に、
1953年に作られた公益法人です。

主な役割としては、銀行や消費者金融会社等の金融機関から借入れ時に、
その借入れを保証することにあります。

この信用保証協会は具体的にどのような場面で活躍するのかといえば、
今までお金を借りた経験が一度もないけれども、急遽金融機関に融資を申し込む人にも役立ちます。

しかし、最も役立つと考えられるのは、
融資を金融機関に何度も願い出ているのにも関わらず一向に審査に通らない場合でしょう。

信用保証協会の保証は信頼あるものですが、金融機関での審査も併せてパスする必要があります。

お金を借りるには信用が必要
via ja.wikipedia.org

お金を借りるには信用が必要

●日本の大半を占める中小企業や個人事業主は、信用保証協会はなくてはならない存在です。

 

 

 

全国信用保証協会連合会は、全国51の信用保証協会を会員とする組織で、信用保証業務改善のための調査・研究や中小企業金融に関する調査研究、各種研修等の企画・運営、機関誌やパンフレット等の企画・制作、および信用保証協会団体信用生命保険制度の運営などの事業活動を行い、中小企業・小規模事業者等に対する金融の円滑化に資することを目的として事業を行っています。

via 一般社団法人 全国信用保証協会連合会

信用保証協会(しんようほしょうきょうかい)は信用保証協会法(昭和28年法律第196号)によって設立される認可法人で、法人税法別表第2に掲げる公益法人等である。中小企業が市中金融機関から融資を受ける際に、その債務を保証することで、中小企業の資金繰りの円滑化を図ることを目的としている。

via 信用保証協会 – Wikipedia

via www.youtube.com

「みんなの信用保証協会篇」

●新潟県にある保証協会の動画です。

via www.youtube.com

信用保証協会の仕組みとは?1/3■望月法人融資サポーター

●動画で説明してくれると分りやすいですね。

個人事業主と信用保証協会

融資を受ける際に、場合によっては中小企業よりも経営の安定性という部分では不安定とされがちです。
しかし信用保証協会の役割は、特に個人事業主の場合は人を信頼するという傾向があります。

この信頼を武器にすれば、個人事業主でも金融機関からの融資というハードルも下がると考えられるでしょう。

また、連帯保証人についてですが、現在は中小企業庁により不要とされているので、心配は無用です。
しかし、ある程度の自己資金は用意しておいた方が良いでしょう。

創業者のためのマニュアル
via www.cgc-saitama.or.jp

創業者のためのマニュアル

●これから起業しようとする人向けの、こんな雑誌も用意されています。

 

 

 

 

 

~Q&A~

Q4
保証協会は自己資金がなくても申し込みはできるんですよね?
それなら、自己資金ゼロでも融資の可能性はあるんじゃないですか?
本当に、絶対に、可能性は0%なんですか?

A4
自己資金ゼロで融資を受けられる可能性は、
正確にいえば0%ではないですけれども、限りなく0%に近いです。

保証協会の担当者によると、
過去に自己資金ゼロでも融資が行われたケースはあるとのことです。
ただし、
■自己資金がゼロである事情を、説得力をもって説明できること
■融資申込金額が少額であること
■事業計画書がしっかり作られていること
というかなり特別なケースである、とのことでした。

via http://www.nishidaystk.com/article/14634929.html

借入れ主の了解なしには、当人の過去の履歴は見られない!?

借入れ主の了解なしには、当人の過去の履歴は見られない!?
via www.photo-ac.com

ポイントは「個人情報」

銀行に融資相談に行かれると、必ず「個人信用情報機関利用等に関する同意書」に自署押印を求められるはずでございます。
そして、この同意書に自署押印がなければ、審査そのものが始まらないはずでございます。

時々、「同意書にサインをした覚えがない!」とおっしゃる方もいらっしゃいます。
事前審査の申込書(控)の裏面、よ~くご覧になってください。
細かい字で沢山の約款が記載されていますが、必ず、個人情報に関する条項が記載されているはずでございます。

事前審査の申込書の表に、ご本人、連帯保証人が自署押印されていると同時に、裏面の約款、各条項に同意したことになっているはずでございます。

via 第6回 たった1日でも融資審査には致命傷!?「個人信用情報照会」ではこんな情報まで共有されている! | 楽待不動産投資新聞

(定義)
第二条  この法律において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。

via 個人情報の取り扱いについての同意書(個人情報取り扱い同意書)の簡単な例文・文例・書き方 雛形 テンプレート01(お客様・顧客用)(個人情報の開示等の項目もあり)(ワード Word) – [文書]テンプレートの無料ダウンロード

個人情報は大切
via www.rakumachi.jp

個人情報は大切

●個人情報保護法により作られたので、本人の同意なしに個人情報の閲覧はできません。

 

 

 

信用保証協会の同意書
via www.cgc-osaka.jp

信用保証協会の同意書

●同意書は細かな文字で書かれている所まで、全て読むことが大切です。

 

 

 

 

(個人信用情報の適正な取得)
第 15 条 センターの会員は、偽りその他不正の手段により個人信用情報を取得してはな
らない。
【運用上の考え方】
個人信用情報機関が本人開示において交付する書面の提出もしくは提示を求め、ま
たはその内容を聴取することは、原則として本条に抵触することに留意する。

via http://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/abstract/pcic/privacy2/pcic0900.pdf