融資を受けるなら保証協会にも担保があった方がいいの?

保証協会を利用する人の多くは、銀行などの金融機関への融資を申し込んだ際に担保を要求されます。もし保証協会で代用して融資を受ける際に担保があった場合は、審査の状況が有利に働くのでしょうか。関連性のあるページを調べてみました。


審査に有利に働く?

審査に有利に働く?
via www.photo-ac.com

保証合計額が8000万円以下の場合は原則として担保は必要ありませんが、それを超える場合や保証期間が10年を超える場合には原則として担保が必要になります。
実際のところ、信用保証協会は不動産担保があれば保証を前向きに検討してくれます。
どちらかというと、保証人よりも不動産担保を歓迎する傾向にあるようです。
考えてみますと、信用保証協会は銀行から融資を受けた企業が倒産するなどして返済不能に陥った場合に出番が回ってきます。
その時には保証人を相手にするよりは、担保に取った不動産を処分してしまって、回収する方がよほど確実で効率的です。
そのためでしょうか、信用保証協会は担保があれば審査が緩やかになるようです。

via 信用保証協会は担保を歓迎してくれる

融資申請で覚えておきたい不動産担保融資と信用保証協会の活用について
via oya-school.jp
自分が支払い不能に陥ったとき、不足分にあてやすい不動産担保は審査にも有利に働く場合があるようです。
また、金額が大きい保証の場合には、担保が必要となってくるケースもあります。
なので、もし将来的に保証額を大きくしたいという場合には、考えてみるのも良いかもしれません。

優先担保条項

優先担保条項
via yushi-get.com

A社からの回収ができなくなったときの保全のために不動産担保を優先的に設定することがあるのです。
ですから、この場合は、X銀行5千万円、保証協会5千万円と不動産担保を双方とも設定していたため(合計1億円)、時価1億円の不動産では担保の余剰がないということになり、新たな借入ができなかったのです。
これは、保証協会に問い合わせれば分かります。
是非、保証協会付き借入をしていて、次の資金調達を考えている場合は、不動産担保について、優先担保条項が付いているかいないか確認しておくことをお勧めします。
資金調達も営業活動や設備投資と同様に計画的に行うことが重要です。

via 保証協会の優先担保条項って何ですか?|中小企業向け銀行取引講座|資金調達・返済減額・返済負担軽減等

融資・資金|横浜商工会議所
via www.yokohama-cci.or.jp
銀行に担保を付けていると思っても、利用している融資が保証協協会を利用している融資の場合は、
こういった決まりが適用される場合もあるようです。ただ、この融資の場合には、借り入れを行っている銀行に問い合わせを行うことで答えてくれることになるので、
新たな資金繰りを考える前には必ず聞いておいた方が良いことだと思います。

担保となるものは?

担保となるものは?
via solar-club.jp

なお、担保として当協会が取扱できるのは次のとおりです。
ア.不動産
不動産担保の所在地は原則として東京駅より概ね半径100km以内の範囲とします。
イ.有価証券
公債(特殊法人債を含む)、上場会社の株式および社債に限ります。
ウ.その他
工場抵当、工場財団・・・取扱は不動産に準じます。
入居保証金    ・・・差し入れ先が上場会社等安定した先の場合に限り、担保とすることがあります。
売掛債権、棚卸資産・・・東京都制度融資「ABL1・2」「再建」等の保証については
売掛債権や棚卸資産を担保とすることができます。

via 東京信用保証協会/保証利用について

東京信用保証協会/保証利用について
via pixabay.com
一口に担保と言っても、不動産だけではなく、
これだけの種類のものが保証協会では担保として認められているようです。また、逆に不動産は担保となるとは思っていても、条件などが決められているので、
このあたりも事前に確認しておきましょう。

一時の資金繰りとしては

一時の資金繰りとしては
via www.chusho.meti.go.jp

中小企業者が、自ら保有する売掛債権を担保として金融機関から借入れを行う際に、金融機関を通じて信用保証協会に本制度に基づく保証の申込みを行います。
本保証が行われた場合、中小企業者が借入金を返済できないときは信用保証協会が金融機関に貸付残高の9割を代位弁済するとともに、金融機関及び信用保証協会は売掛債権から回収を行います。

via 中小企業庁:売掛債権担保保証制度

初めてご利用になる方へ | 栃木県信用保証協会|明日をひらく 中小企業とともに
via www.cgc-tochigi.or.jp

個人事業主などで売掛債権が一時的に溜まってしまい、資金繰りが上手くいかないという場合は、
こういった形で資金繰りができないのかと考えるのも良い方法なのかもしれませんね。
貸付残高の9割が代位弁済となるので、かなり大きい金額を保証してくれると思います。