【制度融資の利用】審査に受かるための秘訣とは何?

制度融資は保証協会が金融機関を通して行う融資制度ですが、個人事業主の方でも利用できます。そんな制度融資を利用するための方法とはどうやるのでしょうか?そして、審査に通るための方法とは何でしょうか?制度融資に関わる事を調べてみました。


制度融資とは

制度融資とは
via pixabay.com

創業者に限らず、多くの中小企業が金融機関から融資を受ける際に利用している制度です。
保証人になってくれる・・・信用保証協会は各地方自治体に存在し、それぞれの担当地域に所在する中小企業や個人事業主が金融機関から融資を受ける際に、その連帯保証を受託するという機能を担っています。
保証料・・・保証協会が連帯保証をする場合には、その債務者に所定の保証料を請求します。審査・・・保証協会は融資を受けたい中小企業から保証委託の申し出を受けた場合、当然これを受け入れるかどうかについて厳正な審査を行います。
様々な保証制度・・・不動産担保制度や売掛金担保制度、社債保証など、一般無担保融資だけではない各種制度がありますので、御社のニーズに合った活用をぜひ検討して下さい。

via 信用保証協会の制度融資とは何ですか?の相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « 産創館あきないえーど

制度融資は全国の保証協会が行ってくれているが融資を行う制度ですが、
間には金融機関が置かれる融資ですね。
保証協会が間に入ってくれるので、個人事業主の方も融資を受けやすいのではないでしょうか。
個人事業主の方にとって融資を受けられるところがあるのは有り難いですよね。

利用手順

利用手順
via pixabay.com

いわば「制度融資」とは、信用保証協会の保証がはじめからパッケージされた融資であり主に中小企業者の融資を受けやすくするための制度です。
<一般的な制度融資の利用の手順>
① 中小企業者から指定金融機関への申し込み
② 指定金融機関から信用保証協会への保証の申し込み
③ 金融機関による審査
④ 信用保証協会による審査
⑤ 融資の実行(資金が振り込まれること)

via 信用保証協会融資の特徴 – 119資金調達.net

制度融資の利用手順は、上記の通りとなっています。
まずは金融機関に申し込み、その後に信用保証協会に申し込むこととなりますね。
信用協会では保証が受けられます。

保証付き融資について

保証付き融資について
via pixabay.com

「保証付融資」では、万が一、借主の返済が滞った場合に、借主に代わって信用保証協会が金融機関に「立て替え払い」を行います。なお、保証をご利用いただく対価として、中小企業・小規模事業者の皆さまに所定の信用保証料をお支払いいただきます。
保証をご利用いただく際には、原則として、法人代表者以外の連帯保証人は必要ありません。また、担保に過度に依存しない保証の推進に努めています。
※一部、担保が必要となる保証制度もあります。

via 初めての融資と信用保証|一般社団法人 全国信用保証協会連合会

保証付き融資とは、
債務者である方が返済不可能になったときに代わりに保証会社が立て替えを行ってくれるというものです。
ですので、個人事業主の方のように信用が大きくない方にはとても大きな存在となります。

保証協会での審査の秘訣

保証協会での審査の秘訣
via pixabay.com

① 既に取引のある銀行から、信用保証を申し込む
② 銀行の担当者と連携して「保証が受けられやすい」よう動いてもらう

③ 信用保証協会に直接申し込む場合は「企業概要欄」を埋め、事業計画書を添付する
「企業概要欄」を作成する場合は、きちんと余白を埋め「内容のある文章」を作成してください。信用保証協会に申込をする際「企業概要欄」は重要な役割を果たします。
ここでは、申込者の会社が「どのような事業を行っているのか」審査側にアピールする大切な場です。「融資したい!」と思われるよう、会社の魅力を思う存分アピールしましょう。

via 【保存版】信用保証協会の概要と「融資審査を120%通す」コツは3つ!|資金調達プロ

保証協会で審査を受ける場合は、上記のような方法を取るのが良いです。
3番目の事業計画書を記入するときは、
なるべく具体的に目的などを記入しておき、空白の内容にアピールすることが大事になります。
そうすれば融資を受けられる可能性が高まります。

取引のある金融機関で申し込む

取引のある金融機関で申し込む
via pixabay.com

初めて融資の申し込みを受ける時、店頭に一見さんで来られるより、どなたか信頼できる方の紹介の方が取り組みしやすいのは金融機関も保証協会も同じです。

一見さんでも申込み書類や添付資料で、事業内容や財務内容はある程度わかりますが、もしかしたら粉飾決算や虚偽の内容かもしれませんし、経営者がどういう方かも書類だけではよくわかりません。

ですが、既にその金融機関で借り入れの実績があると、その金融機関は保証協会に保証を依頼する時に、いつから融資取引が開始されたか、今現在いくら預金と融資の取引残高があって、担保をどれぐらい受けいているかを通知することができます。

via 信用保証協会を利用して融資を申し込むときの注意とポイントとは?|不動産投資の健美家(けんびや)

初めて申し込む際には、取引のある金融機関を利用するのが良いですね。
ある程度お互いの信用があるところを通した方が融資がうまくいく可能性が高まります。

制度融資は個人事業主の方に取ってとても有り難い制度なので、
資金繰りに困っていらっしゃる方は利用されてはどうでしょうか?