保証協会の【債務免除】は出来る?~対応の仕方について~

金融機関に支払いが出来なくなったとき、保証協会が代位弁済します。そして、保証協会に債務が発生してしまいます。その場合、債務免除をする事は出来るのでしょうか?出来ない場合の対応法、債務に関しての話し合いの重要性などについて紹介していきます。


保証協会の債務免除

保証協会の債務免除
via pixabay.com

信用保証協会は絶対に『元金』の免除をしません。
その理由は2つ考えられます。
まずは、信用保証協会税金を使った公的機関であるがゆえ、元金免除は特定の国民への現金支給にあたるため、対応できないということ。 それと、いわゆる債権をディスカウントして購入している「サービサー」と違い、債権額100%で債権を買っているので、元金免除はそのまま損失となってしまうということです。

via 保証協会は債務免除するのか | 打倒!!信用保証協会 代位弁済

保証協会では債務免除と言うことはしてくれないと考えるのが一般的です。
保証協会は消費者金融など民間の金融機関とは異なりますので、
公的機関として債務免除という特例を取ることが出来ないです。

代位弁済

代位弁済
via pixabay.com

「代位弁済」とは、金融機関から信用保証協会の保証付きで借りた融資を返済できない場合に、
信用保証協会が金融機関に代わって返済をする制度を言います。
これにより、信用保証協会は債務者に対して「求償権」を取得するので、その後においては、
債務者は信用保証協会に対して弁済をする責任を負います。

via 代位弁済とは?その対策は? – 119番資金調達.net

保証協会の債務免除をされたいと考える方は、すでに金融機関へ保証協会が代位弁済をされていると思います。
代位弁済が起きてしまうと、保証協会に求償権という権利ができてしまいます。

求償権償却基準

信用保証協会でも、正式に債権放棄をすることがあるのです。
『求償権の償却に関する基準について』ということで、債権(求償権)の放棄(償却)の基準を以下のように定めています。
1.債務者(保証人を含む)が法的整理により、回収不能と認められる額
2.債務者(保証人を含む)が死亡・失踪・行方不明・刑の執行・解散・事業閉鎖により回収不能と認められる額
3.債務者(保証人を含む)の事業再生の見込みがなく回収不能と認められる額
4.担保処分または督促等に要する費用に満たない求償権等
となっています。

via http://camkikuoka.seesaa.net/article/112553043.html

求償権の償却が出来ないとなる基準というものは保証協会で定められています。
上記のようなケースでは債務免除になりますが、余程の理由がない限りこのケースの適用は難しそうです。
このうち3に関しての明確な額というのはありません。

代位弁済後

代位弁済後には信用保証協会の担当者と面談を行います。面談では返済について話し合うことになります。最初は必ず一括返済を、あるいはおおむね10年以内での返済を求められますが、これは信用保証協会側のジャブのようなものです。それだけの返済能力があれば代位弁済に頼らなくて済むことは向こう側もよくわかっています。

そのあとは現実的な返済の話し合いをしていくのですが、返済に充てられる資産がある場合、競売にかけられる可能性があります。事業継続に不必要な資産に関しては売却を強く勧められることが多く、無視していると競売申し立てをされます。

via 信用保証協会のデメリット|資金調達プロ

代位弁済後は一括返済などを求められます。
そして、不必要であるものに関しては資産を売却するように迫られます。
脅迫されることはありませんが、放っておいて良いことは全くありません。

話し合う

話し合う
via pixabay.com

「長い時間がかかっても残元金を全額回収しようとする」傾向が強くあります。だけど、逆の見方をすれば、「一括で払えなくても、長期分割で払っていける交渉の余地がある」といえます。
そうです、保証協会は私たちからの相談をよく聞いてくれるのです。

via http://www.nekojiro.net/hint2_hosho_kyokai.html

保証会社は債務の免除をしてくれませんが、債務の返済に関しては妥協してくれます。
例えば、毎月1万円しか返せない相当の理由があれば、その額で納得してくれる可能性もあります。

返済が無理なとき

『完済の目途が全く立たない』、『一生かかっても払いきれない』ような状況であれば、専門家(弁護士や司法書士)の力を借りて下さい。 もはや、素人では解決できません。
代位弁済された債務は、放置しておいて無くなるものではありません。
一生「取立て」「督促」の過大なストレスを負い続けることになります。

via 保証協会の回収(取立て)は厳しいか | 打倒!!信用保証協会 代位弁済

どんな期間かかっても返済できないとなった場合は、債務整理を行わなければいけないですね。
一生返せない債務を抱えて良いことはありません。
債務整理をすれば、債務のストレスからは解放されます。