個人事業主には便利!マル経融資で追加融資を利用しよう!

個人事業主にとって、金利の安い借入れができるというマル経融資は非常に便利な存在です。また、低金利・無担保等の優遇措置がある上追加融資も可能ですから、ぜひ利用しましょう。今回、マル経融資や追加融資について詳しく述べていきます。


マル経融資とは?

概要

資金繰りに悩まされやすい個人事業主にとって、
低金利での借入れが出来る機関があれば大変喜ばしいことでしょう。
そして、その望みを叶える存在は国の行政機関の一つに存在します。

マル経融資は個人事業主等の小規模団体へ、
経営改善のためであれば、低金利だけではなく保証人も担保も不要という素晴らしいサービスです。

また、追加融資を受けたい個人事業主にも、
一定の条件をクリアできれば手を差し伸べてくれる可能性は高いと言えるでしょう。

マル経融資制度は、個人事業主や法人の方々をバックアップするため、東京商工会議所の推薦により、金利を安く借入ができる制度になっております。 マル経融資は、日本政策金融公庫で受けられる融資制度です。 マル経融資の特徴は、無担保無保証で融資を受けられるという点です。

via マル経融資で利息1.35%で融資を受けよう!【日本政策金融公庫の融資制度 】 | 日本政策金融公庫ガイド

マル経融資の要件

【対象資金】 設備資金、運転資金
【貸付限度額】 1,500万円(平成22年4月15日 現在)
【貸付利率】 1.9%(平成22年7月10日 現在)
※利率算出:日本政策金融公庫の基準金利-0.3%
【貸付期間】 運転資金 7年(据置期間1年)(平成22年4月15日 現在)
設備資金10年(据置期間2年)(平成22年4月15日 現在)
【貸付条件】 無担保・無保証人(本人保証なし)

via 中小企業庁:『経営改善を支援する融資制度を知りたい』

マル経融資の仕組み

これがマル経融資の仕組み
via www.chusho.meti.go.jp

これがマル経融資の仕組み

●商工会議所や日本政策金融公庫が、
密に連携していることが分かります。

 

 

マル経融資を受けられる条件とは?

(1)従業員20人以下

(2)商工会議所の経営、金融指導を受けて事業改善を取り組んでいる

(3)最近1年以上、同一会議所の地区内で事業を行っている

(4)税金(所得税、法人税、事業税、住民税)を完納している

(5)商工業者であり、日本政策金融公庫の融資対象業種を営んでいる

via マル経融資で利息1.35%で融資を受けよう!【日本政策金融公庫の融資制度 】 | 日本政策金融公庫ガイド

税金をきちんと納めている個人事業主であれば、大概融資を受けられるでしょう。
ただし、1年以上の個人事業主としての経営実績がなければならないというのは、
場合によっては歯がゆいかも知れません。

利用方法

主たる事業所の所在する地区の商工会・商工会議所へ申込みしてください。
申込みを受け付けた商工会・商工会議所が日本政策金融公庫に融資の推薦をします。
日本政策金融公庫の審査を得て、融資が実施されます。

via 中小企業庁:『経営改善を支援する融資制度を知りたい』

個人事業主がマル経融資を利用する際の注意点

1年以上事業を営んでいる方が対象となってきます。そのため、創業してすぐ、マル経融資を利用して融資を受けることはできません。

via マル経融資で利息1.35%で融資を受けよう!【日本政策金融公庫の融資制度 】 | 日本政策金融公庫ガイド

すでに個人事業主として活躍し、1年以上が経過していればマル経融資を利用できます。
しかし、起業して1年に満たない場合や起業時の創業資金等の名目では利用できないので注意が必要です。

マル経融資の追加融資の意外な真実

マル経融資の追加融資の意外な真実
via www.photo-ac.com

個人事業主でも、場合によってはマル経融資の追加融資を希望する人は出てくるでしょう。

業務を拡張したいとか、店舗のリフォーム費用などが考えられますが、
なかなか難しいのではないかと思いがちです。
しかし、借り主である日本政策金融公庫から借りて欲しいと言われることは珍しくないようです。

もちろんそれには条件が付きますが、ここではその秘密に迫ります。

資金調達のお手伝いをさせて頂いた方々から2,3年程度経つと共通して頂く連絡があります。

それが、

日本政策金融公庫から「追加で借りないか?」と連絡が来たのですが・・・・・・

というものです。

今から融資を是非とも!と思っている方や、過去に断られてしまった方からすると、何ともうらやましい話ですね。

しかし、先方(日本政策金融公庫等の金融機関)の方から借りてくれとお願いしてくることは、そんなに珍しいことでもないのです。銀行マンが営業して融資先を探しているように、日本政策金融公庫だって融資先を日々探しています。

via 追加融資を頼まれる人達 | 日本政策金融公庫融資支援ドットコム

追加融資を頼まれる人達 | 日本政策金融公庫融資支援ドットコム
via www.photo-ac.com

確実に追加融資を受けたい場合の条件とは

・延滞が一切ない
・最初の融資実行から2年程度経過している、若しくは、融資金の半分程度の返済が済んでいる

・業績が好調である
・日々の記帳業務及び決算申告をきちんと行っている

via 追加融資を頼まれる人達 | 日本政策金融公庫融資支援ドットコム

希望額よりも少ない追加融資でも、今は受け入れよう

一度目の融資の際に、満額おりなかったお客様にも常々申上げているのですが、

融資希望金額が満額おりなかったからと言って、腐ってはいけません。

何の信用も実績も強力な担保力もないわけですから、初めての融資申請で自分の希望通りに借りられることの方が圧倒的少数なわけです。

しかしながら、おりた融資金の中で工夫を凝らしながら事業運営を頑張っていけば、必ず将来的にまた困った時、追加で設備投資したい時に力になってもらえます。それが日本政策金融公庫だと言えます。

via 追加融資を頼まれる人達 | 日本政策金融公庫融資支援ドットコム