個人事業主でも大丈夫!資金繰りのコツが知りたい!

個人事業主の人はローンなどで資金繰りを賄おうと考えていても、思うように借りられないと感じることもあるかもしれません。そんな時には諦めるのではなく、申し込み方法や融資の種類など目先を少し変えるだけで資金繰りがスムーズに行えるかもしれません。


申し込む融資の種類は?

申し込む融資の種類は?
via shikin-pro.com

補足ですが、ビジネスローンと総量規制の関係ついて解説しておきましょう。
現在 銀行以外からの融資は総量規制の対象になっているので、個人が借りられる額の上限は年収の3分の1までとなっています。
ただ、総量規制にはいくつか例外規定が設けられています。
事業資金としての利用が目的で、必要書類(直近の確定申告書や事業計画書など)を提出できる場合は、総量規制の対象外となります。
したがって、銀行以外の業者が運営するフリーローンでも、事業者向けのローンは総量規制の対象外になっているのです。

via 資金繰りが厳しい時こそ学んでおきたいビジネスローンの選び方と基準 | キャッシングのまとめ

銀行融資を受けるために「資金繰りを改善する」3つのステップと5つの改善法
via shikin-pro.com
ビジネスローンで申し込みをこなう場合は、総量規制に引っかからないというのは意外に知らない人が多くいます。どうしても審査の壁などを考えていくと銀行よりも消費者金融に趣を置いてしまうという人もいると思います。それならば、申し込みを行う金額が大きい場合にはビジネスローンで申し込みを行ってみるのも良いかもしれません。

選ぶ際のポイントは?

選ぶ際のポイントは?
via factoring-shikintyoutatsu.info

資本金や取引先といった情報を瞬時に調べられる会社と違い、個人事業主はそれができないからです。ですので、みずほ銀行など全国に店舗を展開している都市銀行よりも、地方銀行や信用金庫・信用組合、特に日頃からお付き合いをされている店舗で融資を申し込めば、審査も通りやすいでしょう。お得意様なので審査日数も通常より短縮化されたりと、良いことづくめです。
地方銀行といえど借入限度額は数百万円までと、それでも一般的な金融機関よりは多額なので、自営業や個人事業主の方ならばこちらを選ぶよう、お勧めしています。

via 資金繰りに苦労する個人事業主が、融資の際に気を付けることは | ※消費者金融※今借りるならココ!巷で人気の会社最新TOP3

ファクタリングとは?わかりやすく簡単に解説★個人事業主の資金繰りにも
via factoring-shikintyoutatsu.info
恐らく個人事業主として営業する際には、銀行口座などを持たずに日々の業務を行っているという人はほとんどいないのではないかと思います。自分が普段利用している銀行を先ずは資金繰りの第一候補と考えていくことで、審査も通りやすくなるようです。日々の真面目な努力をコツコツと続けていくことも資金繰りにとっては大切な一歩となるようです。

自分で用意をできるのは?

自分で用意をできるのは?
via factoring-partner.com

ホームページ等で少しでも情報を集めるとわかるのですが、銀行から貸付を受けるというのは大変なことです。法人とは違って、個人事業主が融資を受けようとすると、それなりの実績が必要となります。担保となる事務所が存在するかどうか、連帯保証人が用意できるかどうか等、審査の前に超えるべきハードルが山積みとなります。
一方で消費者金融の場合はどうかと言えば、個人事業主(自営業)であっても、他の顧客と差が生じることはありません。安定収入さえあれば誰にでも融資してくれますから、御自身の事業収入に見合った希望額さえ提示すれば、審査に通過する可能性は高くなっています。

via 資金繰りが厳しい個人事業主(自営業者)にオススメの消費者金融は?

資金繰り | ファクタリングExpert
via factoring-partner.com
一言に融資を受けるとはいっても、自分が営んでいる業種や規模はもちろんですが、保証人や担保の有無というのも融資を決定左右するには大きな影響を及ぼしてくるようです。金額が大きくなるなど自分が都合着けたい金額の兼ね合いなども考えながら資金繰りを考えていくのも大切なことなのかもしれません。

申込金額の目安は?

申込金額の目安は?
via www.leifcodices.info

この場合、わざわざ信用保証協会に出向く必要はなく、銀行に申し込みをすると、借入と合わせて保証協会の手続きもしてくれます。
日本公庫からの融資も、保証協会付融資(制度融資)も3%弱の年利となります。
業種にもよりますが、銀行は月商の6か月程度を借入限度のひとつの目安と考えていますので、概ね月商の1~2か月を目安に申し込んでみましょう。
借入申込額に対する回答はゼロか百かではなく、申込が1000万円でも「800万円ならOKです」といったように、減額して条件提示してくれますので、(無茶を言うと疑われますが)少し多めに申込んでも大丈夫です。

via 5.個人事業主や中小企業でも融資を受けることは可能? | 資金に関する知識 | 銀行借入ドットコム -失敗しない資金調達&銀行融資対策ノウハウ-

資金繰りがショートしそうになったらどうすればいいの?
via www.leifcodices.info

資金繰りで融資を申し込む際には、満額が審査で通るというばかりではありません。自分の希望金額に通らなかった場合にも、足りない部分を補う方法はないのかなど臨機応変に考えていきましょう。