【個人事業主必読!】事業計画書の作り方やポイントについて

個人事業主として起業する場合、創業資金や運転資金等、とにかく纏まったお金が必要になります。 そして、一般的には金融機関からの融資は必定です。 その場合、金融機関を説得する資料として事業計画書が必要になるので、ここではその作り方等について述べていきます。


個人事業主が事業計画書を作成する意味

融資をする事等をビジネスとしている銀行等の金融機関では、社会的・経済的に信用のある人や企業等にしか、融資をしようとしません。

それが、これから起業しようとしている個人事業主ともなれば、その審査はより慎重になる事は明らかです。

しかし逆に言えば金融機関側としても、金利という儲けがある訳ですから、前述した様な信用があれば貸したいという思いはある筈です。

この様な状態の中、実績の無い個人事業主が出来る事と言えば、事業計画書を作りその完成度を高める事、その一点に尽きると言えます。

事業計画書の作り方

まずは曖昧性が高くてもOK!6つのSを決めよう!

起業後の理想像は6つのSで表すことが出来ます。「信念」「仕組」「資金」という「基本のS」に加え、「商品(サービス)」「市場」「支援」を加えたのが「6つのS」です。これら6つのSを獲得する事が起業後の理想の姿です。この6つのSを自身の事業のアイデアに当てはめ、どのように準備し動かしていくかを綿密に計画したものこそ事業計画書なのです。

via 事業計画書の書き方|1から始める起業のあれこれ

●まずは理想というレベルで、叩き台的な物を作る事から始めます。
この6つのSに含まれる、信念・仕組み等の都合6種類の項目は基本中の基本です。この時に作成されるものは、金融機関等他者に見せるものでは無いので、肩肘張らずに始めるのが良いでしょう。

6W2Hへを明確にする事が要

アクションプランの要素となるのが「6W2H」です。これらについての具体的な情報に基づいて、実際に取り組むべき行動の計画を立てていきます。

□Why-なぜ:目的・ニーズ
□What-何を:アクションの内容
□Who-誰が:担当・人数
□Whom-誰に:クライアント・役職・人数
□When-いつ:開始・期限・頻度
□Where-どこで:場所
□How-どのように:手段・方法
□How much-いくらで:数量・金額

via 目標達成のアクションプラン、6W2Hで落とし込む | 東京都のWeb制作会社のブログ

●6W2Hというのは、何時・何処で誰が何を、そして何故行うのか、更にはどの様な手段で行うのかという5W1Hの、応用バージョンと言えそうです。
6W2Hでは残りのWはWhomの誰にと、How muchの幾らでが加えられました。
これは正に、ビジネスに徹した用語と言えるでしょう。
そして個人事業主であっても、このレベルまで要求されると認識すべきと言う事なのかも知れません。

事業計画書の為の基本
via knowhow.dreamgate.gr.jp

事業計画書の為の基本

●この6W2Hを決める事から、事業計画書作りが始まると言っても過言ではありません。

 

 

 

 

事業計画書で決める項目の解説

事業計画書に決められた様式はありませんので、そこに書かれる内容も他の個人事業主等とは差異が生まれるかも知れません。
ここでは重要度の高い項目の中の幾つかについて、説明していきます。

事業内容の概要

その名の通り事業の概要を書きます。読み手が、概要部分に目を通した後に事業計画を読み進めてもらえるかどうかはこの部分で決まります。

via 起業成功するための事業計画書の書き方:必ず盛り込むべき7つの項目 | inQup

●事業計画書の中で、最初に審査官に目に入る部分と考えて良いでしょう。
勿論、過不足なく書く必要はありますが、だからと言って長々と書くのでは無く、簡潔に書く事が大切です。

事業内容のイメージ図
via yotsuba-seisaku.com

事業内容のイメージ図

●この様なイメージ図の添付も、分りやすいかも知れません。

 

 

 

 

 

市場環境

①「政治的視点」法律変更の影響はある市場か?(規制緩和がある市場は大きくなる)、②「経済的視点」金利や為替などの景気はどう影響するか?(コストへの影響なども大切な視点)、③「社会的視点」社会情勢で大衆心理や流行はどんな影響があるか?(一過性のブームか構造的かの見極めが大事)、④「技術的視点」新技術や技術の陳腐化がどう影響を与えるか?(ベンチャー企業の動きにも注意)。
最後に、結論として、何が一番大きな要因で市場が魅力的になるかを書きましょう。単に市場環境の考察を羅列しただけでは、その市場がどうなのかが分かりません。結論を一行程度で説明できるようにすることが大切です。

via 事業計画書の書き方(既存事業編) 第二章 市場性 1【市場性】 | コラムの王様

●個人事業主でもここまで、様々な角度からの視点で市場分析をしている事をアピールし、端的な一文で自分がこれからやろうとしているビジネスの優位性をアピールしましょう。

顧客ターゲット

具体的に誰にお金をはらってもらうかを記述します。顧客対象のイメージが具体的であればあるほど、事業計画は説得力を増します。

via 事業計画書の書き方(既存事業編) 第二章 市場性 2【顧客対象】 | コラムの王様

●年代・性別は勿論の事、自分が始めるビジネスに関心を持つ層の分析をする事が大切で、融資を行う金融機関側も重視するでしょう。

集客戦略

見込み顧客をWebサイトに導き、顧客化につなげるための集客戦略を練ります。
インターネットユーザーの70%以上が検索エンジンを利用して、顧客自身が主体的に情報検索行動をおこなっています。そのため、押し売りにならずに、顧客ニーズに基づいた接点の構築が必要です。
検索需要に基づくSEO(検索エンジン最適化)を軸とし、事業の特性に応じてソーシャルメディア活用やメールマーケティング、メディアミックスなどの手法を取り入れるという考え方を基本に、集客のための戦術を練ります。

via コンセプトワーク(事業計画同期型Web戦略) | 戦略的ウェブサイト構築集団あやとり – Web戦略 –

●今やビジネスにインターネットを利用するのは当然ですが、適切なSEO(検索エンジン)対策等を講じ、定期的に見直しを図る事が重要です。

SEO対策は重要です
via nambz.com

SEO対策は重要です

●今や大抵の商品情報を、パソコンやスマートフォン等で調べるという人は珍しくありません。
すなわち、自分で売り出している商品やサービス等が、WEBサイト来訪者に目に付くトップページにくる様にする、SEO対策は最早ビジネスには欠かせない存在と言えるでしょう。

競合優位性

強大な競合がいるような場合、マーケットシェアを奪えない可能性が高くなります。そこで、競合を調査して、この市場で自身が食い込んでいけるかについて書いていきます。自身の商品・サービスがいかに競合より優れているか、競合にどう入り込んでいくことができるかといった内容を記載します。

via こんな事業計画書は書くな!事業計画書の書き方の極意と多くの事業計画書に見られた8つの問題点

●ここで自分の立ち上げる強みを書く必要があります。
しかし、ビッグネームカンパニーと同じ土俵に上るのでは無く、大手では手を付けられないような独自のサービス等を書くと良いでしょう。