個人事業主が無担保で融資を受ける方法を知っておこう!

最近では、個人事業主などにもキャッシングなどの敷居がだいぶ低くなってきたといわれています。ですが資金繰りという点について見ると必要金額が大きくなりがちで、担保などを条件を求められることがあります。なので無担保で融資を受ける方法を知っておきましょう。


外せないのは

外せないのは
via inqup.com

日本政策金融公庫は政府系の金融機関のためで、経済政策の一環として、税金を使い起業や独立をサポートするための融資制度が豊富です。その中でも、新創業融資制度は、これから新たに事業を始める人や、事業を始めて間もない人で、売上げや利益などの実績がなくても特別に事業資金を借りることができる制度です。
そして、新創業融資制度では以下のように、法人でも個人事業主でも、最大で1500万円の融資を受けることができます。
日本の一般的な企業融資では、経営者が連帯保証人になることが普通です。しかし、新創業融資の場合は、無担保無保証、連帯保証人不要のため、独立・起業を考えている方にとってはリスクが少なく非常に有利な制度だと言えます。

via 創業融資|設立直後の会社でも無担保で1500万円を借りる為の方法と手順 | inQup

初めての税務調査で慌てないために絶対に抑えておくべき基礎知識
via inqup.com
先ず無担保融資として外すことができないのは、日本政策金融公庫の創業融資なのではないでしょうか。個人事業主が最初に開業をする際には、どうしても信用などを疑われてしまい金融機関からの融資が通りにくくなってしまいます。そういった場合に無担保で融資をしてくれる存在というのは非常に魅力的なのではないでしょうか。

優先順位は?

優先順位は?
via www.subiesmart.com

お金を借りる上での優先順位としては当然、無担保の銀行や信用金庫が費用対効果で一番最初になります。 それと同時進行で日本政策金庫や商工組合中央公庫にも足を運ぶ必要があります。 創業時でもそうでなくても常にこの二つとは上手に付き合っていくスキルと努力が個人事業主の場合必要になります。 次の選択肢として無担保の消費者金融やビジネス、営利目的の商工ローンというものになるのではないでしょうか。

via 個人事業主が無担保でもお金を借りる

個人事業主が無担保でもお金を借りる
via 3btourisme.com
ある程度長く個人事業主として活動している人は、日本政策金融公庫の無担保融資だけでは資金繰りが大変ということもあるかもしれません。そういった場合には、自分の利便性に合わせながらどこから都合すればよいのかを考えていきましょう。

ビジネスローンの利用

ビジネスローンの利用
via xn--vdtu4z0ne6mwptijyhprj.jp

る程度は妥協をするとしても消費者金融系のビジネクストや、信販系のORIX CLUB CARDを検討してみると良いでしょう。
それぞれのカードローンとも担保や保証人は原則不要となり、入会金や年会費も必要ありません。カードを持っているだけならお金はかからず、借り入れ後の返済時の利息を除けば余計な出費はありません。
どちらもカードローンとなるので個人事業主や経営者の方がお金を借りる際には大変便利で、限度額の範囲内なら対応する提携ATMで繰り返し借りられます。

via http://xn--vdtu4z0ne6mwptijyhprj.jp/purpose/jigyonushi.html

消費者金融や信販系
via xn--vdtu4z0ne6mwptijyhprj.jp
消費者金融や信販系の融資によってはビジネスローンという形で専門の無担保融資を行っているところも存在します。こういった融資の場合は、入会金や年会費といったものを取られる場合も確かにあるのですが、基本的には審査に通れば無担保で融資を行ってくれます。自分に合ったものを選んでおきましょう。

特徴は?

特徴は?
via www.shikinchotatsu.com

事業者ローンは、借入金額にもよりますが、無担保かつ第三者の保証人が不要というものが一般的であり、担保として不動産や営業資産などを提供せずにお金を借りられるのが、無担保の事業者ローンの最大のメリットだといえるでしょう。
無担保の事業者ローンは、有担保の事業者ローンと比較した場合、一般的に金利が高く、借入可能額も少額です。
最長の期間で借り入れを希望しても、商品の特徴として借入期間自体が短いという点も押さえておきたいところです。

via 無担保の特徴|事業資金、事業者ローンの事なら~資金調達ガイド~

無担保の特徴|事業資金、事業者ローンの事なら~資金調達ガイド~
via pixabay.com

無担保で融資を受けられるということは、利用する個人事業主が返済を滞ったときに担保などを返済に充てることができないので、その分だけ金利に影響してくるようです。また借り入れ期間も短くなるということは月々の返済金額も大きくなってくる可能性があるので、利用する際には綿密に計画を立てて利用するようにしましょう。