個人事業主が赤字決算を出した際の、資金繰りはこうです。

個人事業主は様々な状況を乗り越えていく必要があります。その中でも特に個人事業主で重要なのは、資金繰りという側面です。特にこの資金繰りが限られてくるわけですが、今回は、個人偉業主が赤字決算を出した際の、状況と対策について述べていこうと思います。


1・個人事業主とは?

タイプは
via www.pref.nagano.lg.jp

タイプは

●一つだけではないので、自分がどれに合致しているかを知っておきましょう。

 

 

 

 

個人事業主とは、株式会社などではなく個人で事業をすることをいいます。自営業ともいいますね。個人で事業をやっているかたは「個人事業主」となります。

次に問題となるのが、「事業」かどうかということ。個人事業主の所得は事業所得となります。会社員は給与所得、不動産貸付があったら不動産所得。
「事業」となると事業所得として個人事業主となります。事業とならない場合は雑所得として確定申告をすることになります。

via 個人事業主の節税で大切なのは2つ。これだけやれば税金で損をしない! | 内田敦税理士事務所

●自営業ですし、副業として行っている人もそれに含まれます。また、赤字を出した場合には様々なメリットもありますので、それは次の項で見ましょう。

2・赤字を出した場合の個人事業主のメリット

日本の会計では、繰越欠損金という制度があります。簡単に説明すると、その年の赤字を申告する(損失申告)ことで、3年に渡って所得の相殺を行うことができ、納税額を抑えることができるというものです。

via 個人事業主のメリットデメリットと具体的な所得目安

●つまり、うまく活用すれば大きな税金対策になり、それによって資金繰りもうまくいくことになります。

確定申告の際、給与所得、雑所得など他の所得があれば、それらと事業所得を合算して申告できます。仮に事業所得が赤字だったとしても、他の所得との合算で税金還付が多く受けられるようになります。

via 個人事業主のメリットデメリットと具体的な所得目安

●つまり、副業として個人事業主をやっている人には有利なシステムです。メリットを活用して資金繰りというのもいいものです。

3・個人事業主の悩み

会社経営は
via www.dream-kelly.com

会社経営は

●楽しい事だけでなく、悩みもあるから楽しめるのです。

 

会社を辞めて個人事業主になった時、一番の悩みの種は「お金」の苦労。個人事業主として自分の腕一本で稼いでいくには、相当の覚悟と計画的なお金のやりくりが必要です。
また、収入の安定してるサラリーマンと比較して、収入が不安定で社会的信用度が低い個人事業主は、売上があってもローンが組めない、お金が借りにくい等の悩みを抱えている方も多いと聞きます。

via 個人事業主 キャッシング

●やはりつらいのは、資金繰りの側面でしょう。いかに赤字を活用したメリットがあるにせよ、ある程度大きな借金は銀行では中々借りれない事があります。特に軌道に乗る数年間は重要な悩みとなるはずです。

私が今抱えている悩みは、「記帳面倒だぁどーしよー!!」です(^ー^;)
ほらほら、事業主の方なら誰でも思いませんか?
この解決方法って事業を続けるなら2択しかないんですよねっ。
「自分でやる」か「他人に任せる」かの2択だけですっ。
まぁ当たり前なんですけどっ。

via 個人事業主にありがちな悩み|個人事業主ブログ

●次の悩みは帳簿の記帳です。これは個人事業ではかなり億劫なもので、できれば人に任せたいところですが、それをしますと会社の状況がわかりにくくなります。ですから、少しでも楽にするのと、資金繰りを滑らかにするためにおすすめしたいのが、個人事業主向けのキャッシングの活用です。

4・個人事業主向けのキャッシングを活用しよう

赤字になっても、これなら資金繰りが可能です。

個人事業主向けローン・キャッシングを銀行融資を比べると、金利は高くなります。
そのため、急ぎの資金でない場合はや大きな金額の借入なら、銀行融資のほうが望ましいと言えます。
ただし、融資までが早く、また銀行融資に比べ、審査通過率も高いと言えます。
また、担保・保証人なしで借入をすることができるといったメリットがあります。

via 個人事業主向けローン・キャッシング|ナビナビキャッシング|消費者金融 / カードローン

●短期決戦で資金繰りを何とかしたいという側面では、大きな力を発揮してくれます。

事業資金として融資を受ける場合は事業計画書や返済計画書などが必要になり、追加で融資を受けるごとにこれらの書類が必要になりますが、キャッシングの場合は限度額の範囲内であれば、いつでも出し入れが出来るので書類を揃える煩わしさなどなく簡単に利用することができます。

via キャッシング即日可能

●わずらわしさがないという事は、計画を立てる悩みがなく楽にお金を借りる事ができるという事です。勿論借りたら次は赤字決算を出さないように慎重に行きたいところですね。

経費をわかりやすくするためにも使えます。

クリアに見えます。
via www.irasutoya.com

クリアに見えます。

●カードを最大限に活用すれば、帳簿が一目瞭然になります。一つ一つの分野を数えるのが大変でも、毎月どれくらい使用したかがわかるので、経費削減をしようという気持ちにもなるでしょう。

 

 

法人カードを作ってありとあらゆる経費を法人カードで支払うようにすることのメリットは、カードの明細書はそのまま経費帳代わりにすることが出来、一連の経費の流れがわかりやすいということにあります。
「経費をクレジットカード払いにすると金銭感覚が狂ってしまう」という意見もよく耳にしますが、それは間違っていると考えます。

確かに、プライベート用のクレジットカードだったら欲に負けて使いすぎてしまうこともあるかもしれません。しかしながら法人カードはあらかじめビジネス用に使うという括りがありますから、「何でも買えてしまう」プライベート用のクレジットカードと違い、無駄遣いをしすぎるということはありません。むしろ毎月かかる経費が確認しやすく感覚が研ぎ澄まされるためメリットのほうが大きいです。

via 個人事業主・中小企業経営者のクレジットカードの作り方 | クレカのレシピ

●会社での接待や、イベントなどを使う専門にカードを持ちますと、使う額が決めれます。例えば月50万円までとすれば、それ以上使えないので結果的に赤字の危険性を減らす大きな助けとなるといえるでしょう。それによって赤字のリスクを軽減させることができるのです。

終わりに

経営がうまくいくように
via www.civillink.net

経営がうまくいくように

●心から願っていますよ。余裕ができれば笑顔が湧いて楽しい会社経営ができますよ。

 

 

 

 

個人事業主の資金繰りの問題において、重要なのは赤字の回避と、赤字になった活用法と資金繰りといえます。今回紹介した個人事業者向けのキャッシングやカードを活用すれば、こうした資金繰りや帳簿がしっかりとクリアになっていきますから、円滑にできるはずです。赤字になっても慌てずにうまく活用してくださいね。