個人事業主が資金ショートを回避するために行うことは?

個人事業主が資金ショートを回避しながら毎日事業を行っていくには、あらゆることに気を付けていく必要があります。震災や景気対策などに耐えながら毎日を平和に過ごしていくには、どういったことに気を付けて過ごしていけばよいのかをまとめてみました。


日頃からできること

日頃からできること
via www.financing-all.com

御社が製品開発を行っているなら、原価計算で製品ごとのコストテーブルを作成されていると思います。
同様に一般コストも、何に紐付いているかを振り分けることで、削減するべきか判別できます。
方法は明快です。
事業部単位、部門単位、製品単位、本業と新規事業などに分け、それぞれ変動損益計算書を作成するだけです。関連する単位ごとに分けた結果、どこにも貢献しないものや、かけすぎている、2重に発生しているものなどが明らかになります。
同じ商品を部門ごとで購入しているなど、コスト削減のポイントが発見できます。
まだ全社だけで管理しているなら、ぜひ取り組んでみてください。
意外なコスト削減につながるはずです。

via 【資金ショート回避】CFO経験12年で見つけた7つの支払優先順位 | 資金繰りの奥義

コストカット
via pixabay.com
コストカットの最大の魅力は、常日頃からできることだと思います。毎月コストカットで1万円づつの節約ができた場合には、1年で12万円の資金確保につながっていきます。長く早く行うことで、資金ショートの回避に間違いなくつながっていくことなのではないでしょうか。

顧客先の確保

顧客先の確保
via crowdworks.jp

客先が1つではハイリスクといえるでしょう。それはなぜでしょうか?次の理由が考えられるからです。・客先が1つだとその取引だけしか案件を持てず、継続依頼が見込めなかった場合に収入が途絶えてしまうから。・客先が1つの場合、納品してから次の案件を依頼されるまで効率の悪い待ちの状態が出来てしまうから。・客先が倒産したら自分も共倒れしてしまう可能性があるから。以上の点が将来的なリスク要因となるからといえるでしょう。客先が1つでは安定した収入を見込めないばかりかリスク回避が難しいでしょう。

via 取引先が少ないSOHOは危険!個人事業主のリスク回避方法とは?【クラウドワークス】

取引先が少ないSOHOは危険!個人事業主のリスク回避方法とは?【クラウドワークス】
via pixabay.com
毎日忙しく仕事をしているうちは1社でも問題がないかもしれません。ですが、その1社が何らかの問題で取引が停止となった場合には翌月から売り上げが0ではどうしようもありません。それならば、なるべく小さい仕事も断らないなど複数の顧客との関係を気付いていくことも重要な資金ショートの回避手段だと思います。

支払い金額の変更

支払い金額の変更
via kariire-review.sakura.ne.jp

リスケとは「リスケジュール」の略で、返済期限を引き延ばしたり、月々の支払額を減らしたりなど、返済の条件を変更することをいいます。
例: 今まで毎月50万円ずつ返済していたものを、今後1年間だけ30万円ずつの返済に減額してもらう
リスケの交渉にあたっては、リスケ申込書、経営改善計画書、資金繰り予測表などの資料を用意し、銀行の担当者に申し込みます。
交渉のポイントは、今後の返済の見通しについて「わかりやすいストーリーを作って説明すること」です。
そのためには、「なぜリスケが必要か」「現在の苦境をどう打開するか」「返済再開(もしくは通常の返済に戻す)の見通し」に焦点を絞り、わかりやすく説明する必要があります。

via 即効性あり!資金ショートを回避するための5つの応急処置。何を削るべきか? | キャッシングのまとめ

バンクイック個人事業主の審査は?【事業資金に使える?】
via kariire-review.sakura.ne.jp
月々2万円の支払いを1万円に低くすることで、資金ショートを回避しようというやり方です。これは総額50万円の支払いを30万円にすることというのは違います。あくまでも支払いの総額は変化しないので、後から支払いの回数が増えてしまうなどにもつながってしまいます。なので、自分の状況を見極めながら慎重に行っていきましょう。

毎月安定した売掛があるのなら

毎月安定した売掛があるのなら
via www.shaabpark.com

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却して資金回収を早める仕組みのことです。「キャッシュインをつくる」ことで資金繰りを改善します。19世紀末頃にアメリカで開発され、欧米では中小企業にとっては当たり前の資金調達手段として発達しましたが、日本では手形取引が一般的だったため発達しませんでした。しかし1990年代以降、手形取引は最盛期の10分の1にまで落ち込み、売掛金の現金化の手段が失われました。そのため経済産業省の方でも売掛債権の現金化による資金調達手段は正当なものであるとしていて、今後ファクタリングは拡大していく可能性は十分にあると考えられます。

via 資金繰りを改善して資金ショートを回避する6つの対策とは?| 資金調達プロ

総量規制対象外で借りれるキャッシング・カードローン (
via www.shaabpark.com

先にある売掛金を売却して早めに持ってくる方法なので、基本的には手数料などの他には支払い気味などはありません。支払いを目に見えて減らすことができるので、急場しのぎの資金ショート会費としてはかなり有効な方法だと思います。