個人事業主が黒字倒産を回避するために知っておくこととは?

事業自体は順調に言っているのに、なぜかうまくいかないという個人事業主はいませんか?このまま突き進んでいけばいいのかなと思いながら、楽観的に過ごしているといつのまにか黒字倒産ということになってしまうかもしれません。しっかりと確認しておきましょう。


気にするのはお金の流れ

気にするのはお金の流れ
via biz.moneyforward.com

商品売買の決済では、通常1ヶ月から3ヵ月後の決済となるため、その期間の利益が損益計算書に計上されても、現金がすぐに入ってこない状態になります。この現金が入ってこない期間に、実際のお金の入金と出金が一致せず経費の支払いなどで資金繰りが困難になることがあります。
仮に損益計算書上では黒字であったとしても、自己資金で支払いができず、銀行からの借入もできなくなると、仕入代金が払えなくなるため、倒産状態となってしまうのです。
その後に、銀行取引の停止処分を受けたり、裁判所に破産手続きを申請したりすることで倒産が確定してしまいます。

via 黒字倒産を起こさないために気をつけるべき2つのポイント

一人経理はリスクが高すぎる?経営者が知っておきたい2つの相談先
via biz.moneyforward.com
売り上げが現金決済が基本となっていない個人事業主の場合には、後払いというのが殆どなのではないでしょうか。後で払われるのは分かっていても、その間に運営していく資金が足りなくなってしまうと、事業は続けることができません。計算として黒字になるだけではなく、自分がしっかりと運営できるかどうかのお金の流れをシッカリとみていきましょう。

仕入れと売り上げの関係

仕入れと売り上げの関係
via keiei.freee.co.jp

よく言われるのが、「在庫は売られて(または使われたり、廃棄されたりして)初めて支出になる」という事なのですが、これは船の話と基本的に同じです。
つまり、商品仕入のタイミングで支出として扱ってしまうと、商品売上の時点の出資者は、仕入代金を一切負担しない可能性が出てきてしまいます。そのため、商品が売れるまでは会計上の支出(費用)として記録しません。ということで、商品は仕入れれば仕入れるほどお金は出て行くのにも関わらず、売れるまでは会計上の支出として記録されず、在庫として管理されることになり、単純に収支だけをみると黒字なのにお金はなくなって倒産する可能性が出てきます。

via なぜ黒字倒産は起こる?航海の歴史から学ぶ黒字倒産の本当の意味

なぜ黒字倒産は起こる?航海の歴史から学ぶ黒字倒産の本当の意味
via keiei.freee.co.jp
商品の仕入れ先の状況によっては大量仕入れをすればするほど、原価は安くなるという場合も多くあると思います。この誘いに乗って、身の丈以上の仕入れをしてしまうと商品を全てさばいてしまうのに苦労してしまいます。自分が月に在庫数などを考えて資金が困らないように事業を続けていくことも大切なことです。

面倒くさがらずに

面倒くさがらずに
via www.venture-support.biz

キャッシュフローの把握に役立つのが、キャッシュフロー計算書です。倒産しないためには、損益計算書や貸借対照表よりも重要性が高い財務諸表です。
キャッシュフローを良い状態にするには、仕入代金の支払いをできるだけ先に延ばし、売上はできるだけ早く入金して貰える努力するとともに、無駄な投資や過剰な仕入にならないように注意し、前払いのビジネスを増やすことで実現できます。キャッシュフローを常にプラスにすることで倒産を防げます。このことは、経営者のもっとも大事な仕事と言えます。

via なぜ起こる黒字倒産、なぜ倒産しない赤字企業 | 会社設立ならベンチャーサポート税理士法人

キャッシュフロー
via pixabay.com
大口の取引などにおいては、全額後払いという場合もあるかもしれません。自分の資金繰りが問題なければいいのですが、無理かもと感じ出す前に一部でも前金などはできないのかという交渉も必要になってくるかもしれません。キャッシュフロー計算書を意識することで、これをシッカリと見つめることができると思います。

大口の売掛金に関しては?

大口の売掛金に関しては?
via www.pantheresroses.org

「ファクタリング?」
あまり聞きなれない言葉ではありますが、これが結構便利!
簡単に言うと、売掛金を取引先以外の第3者に買い取ってもらって、その買い取ってもらったお金で当面必要な資金をカバーするという方法です。
当然、売掛金を買い取ってくれた第3者には、手数料を支払うことになります。
手形の割引に近いですかね?
でも、個人事業主や中小・零細企業の売掛金を買ってくれるところなんてあるの?
そう思うかも知れません。
実は、あります!
もちろん条件はあって、事業資金専用のサービスであることと、100万円以上の売掛金が必要であることが条件になります。

via キャッシュフローが悪くて黒字倒産…これを回避するファクタリングとは?

事業資金の借入れって総量規制対象外にふくまれる?
via www.pantheresroses.org

大口の取引先で、どうしても前払いに応じてくれないという場合には、ファクタリングを検討してみることも考えてみましょう。