資金繰りには多種多様の手段がありますので紹介します。

会社経営はとても楽しいものです。自由に自分だけの描いた作品を作る事が出来るわけですが、しかし資金繰りはそう簡単に行かないはずです。今回は会社経営を円滑にするうえで重要な、資金調達の為の手段をいくつか紹介していきたいと思います。


1・個人事業主の資金繰りは難しい事があります。

個人事業主が金融機関から資金繰りの融資を受けるのはそんなに容易い事ではありません。

そして、経費借入に利用できる事業性資金の融資に限らず、誰でも利用できる無担保個人向けカードローンの利用においても、自営業者に対する審査や融資はかなり厳しめとなり、かつ金融会社によっては「自営業者の利用はNG」としているところさえあります。

via 個人事業主は必見!金融機関での資金繰りのポイントはこれだ! | お金の学校

●そういった場合、綿密な事業計画を提出する必要があります。しかしすぐに借りる事は中々できません。ですから、いくつかの資金繰りの手段を知っておくことは大切です。

資金繰りには
via shikin-pro.com

資金繰りには

●信用と信頼がとても大切になってきます。

 

 

 

2・信用金庫を活用しよう

地元密着ならば
via www.morinomiyako-shinkin.co.jp

地元密着ならば

●信用金庫は重要な手段といえます。

 

 

 

 

信用金庫の特徴は、エリアが狭い事です。
取引できる会社の規模も決まっており、地元経済を支えます。
なので、信用金庫が出した利益は地元に還元されます。

via 信用金庫の魅力は何だろう?信用金庫の魅力は何だろう? – みん… – Yahoo!知恵袋

●ですから、地元である程度の業績ならば審査が甘いという側面があります。ですから、資金繰りの一つの手段として使えます。

信用金庫は昭和 26年(1951)6月15日の信用金庫法施行により誕生した、中小企業や地域住民のための協同組織による地域金融機関です。

協同組織は、相互扶助を基本理念としており、会員、利用者や地域ニーズに応えることを経営の基本としております。同時に、信用金庫は金融機関としての公共性を踏まえ、銀行と同様の機能を備えることによって利便性を高め、会員の方々はもちろん、会員以外のお客さまにも広くご利用いただくことができます。

via 杜の都信用金庫 | 杜の都信用金庫について(信用金庫の特徴)

●資金繰りのお医者さんといえそうですね。ただし額はそれほどではありませんから、いくつかの資金繰り手段を見ておきましょう。

銀行は確かに金利が安いですが、その分融資の手を引くのも早いです。銀行はあくまでも営利企業なのですから、儲けさせてくれなそうな顧客に対しては余分な融資は行いません。信用金庫との関係を切り、銀行だけに集中してしまうといざというときにだれも手を差し伸べてくれなくなるわけです。

信用金庫は地域の利益のための機関なので、多少業績が落ち込んでもしっかりとした理由さえあれば手を差し伸べてくれます。万が一の保険という意味でも、信用金庫との関係性を維持することは重要といえます。

via 信用金庫との付き合い方|資金調達プロ

●融資を受けれる額は低めですが、その分手厚い保護が受けれるのが魅力です。低額ならば早めに貸してくれるのは大きなアドバンテージです。ここで目標額を融資できればいう事はありませんが、そうでない場合活用して欲しいのが、個人事業者向けキャッシングです。

3・個人事業者向けキャッシングとは

そのようなデメリットを勘案すると、個人事業が経費の為の資金の借入先としては、やはり民間の金融機関が利便性の面で高くて融資の融通が利き易いと言う事になるのではないでしょうか?

そして、民間の個人事業主向けの融資としては銀行や消費者金融が提供している「事業者向けローン」「ビジネスローン」と言われている金融商品がお勧めになると言えます。

via 個人事業主は必見!金融機関での資金繰りのポイントはこれだ! | お金の学校

●メリットはいくつかあって、資金繰りを円滑にするうえで重要な役割を持っています。

メリットザクザク

現在 銀行以外からの融資は総量規制の対象になっているので、個人が借りられる額の上限は年収の3分の1までとなっています。

ただ、総量規制にはいくつか例外規定が設けられています。

事業資金としての利用が目的で、必要書類(直近の確定申告書や事業計画書など)を提出できる場合は、総量規制の対象外となります。

したがって、銀行以外の業者が運営するフリーローンでも、事業者向けのローンは総量規制の対象外になっているのです。

via 資金繰りが厳しい時こそ学んでおきたいビジネスローンの選び方と基準 | キャッシングのまとめ

●多くの額が借りれるというのは、事業拡大を目指す方にとっては重要な存在となるはずです。ただし、ご利用は計画的にしてほしいところですね。

それぞれのカードローンとも担保や保証人は原則不要となり、入会金や年会費も必要ありません。カードを持っているだけならお金はかからず、借り入れ後の返済時の利息を除けば余計な出費はありません。

via 消費者金融審査

●担保や保証人が不要ですから、つなぎ資金として考えても、重要な働きとなるでしょう。

ただし利用時は注意して、用途を報告する必要があります。

利用がはっきりとすれば
via www.directone.co.jp

利用がはっきりとすれば

●経費用に使用したり、比較的利便性の高い利用をする事が可能になっています。

 

 

 

 

個人事業主や法人が事業用の融資としてキャッシング(カードローン)を利用するときは、事業用のキャッシング(カードローン)を選択しなければなりません。
基本的に消費者金融などの貸金業者や銀行のキャッシング(カードローン)は、使途自由ですが、あくまでも個人向けのローンであるため、多くの場合事業のためにお金を使うことはできないと規定されています。

via 個人事業主の融資としてキャッシング(カードローン)は利用できる?

●しっかりとしないと、打ちきりになる可能性もありますので、明確にしてください。

いくらほど借りれるか?

多数のカードローン会社では、個人の方向けのものに合わせて、自営業者でも借りられるカードローンを扱っています。
申し込みの際、個人であれ自営業者であれ、申込みにあたって避けては通れない審査です。
ここで基準になるのは、信用性、返済能力があるかどうか。
融資額は、500万円までというところ、場合によっては800万円というところもあり、まとまった資金が必要な時でも、審査が通れば即日融資を受けることが可能です。

via 自営業でも借りれるカードローン

●基本審査さえ通れば、100万単位で借りる事が可能のようです。納得をさせる条件を、書いて目標額を借りましょう。

終わりに

このように、資金繰りの手段は多種多様にわたります。ある程度の余裕や計画がある方は、銀行を活用すればいいですし、地方で頑張りたい方は信用金庫を使うのが望ましいでしょう。そして、利便性の高い資金繰りを考えるならば、是非個人事業者向けキャッシングを活用してください。使い分ける事によって、あなたの会社は発展していくはずですよ。