個人事業主がリスケジュールする際に覚えておくことは?

融資を受けて、それだけで賄うことができていれば何も問題はありません。ですが、状況によっては経営が悪化してしまうこともあります。その際にリスケジュールというのを頭がよぎった際に、個人事業主はどのように行っていけばよいかを調べてみました。


最近の変化

最近の変化
via www.altafx.com

リスケをすると、当然銀行の格付けは下がり、銀行のプロパー融資はもちろん、保証協会付きの融資など、その後の新規融資は困難になるであろうと言われています。
しかし、最近、銀行との交渉を繰り返す中で、リスケしても正常に返済ができるようになるまで回復できれば、新規融資も十分に得ることが出来ると感じています。
リスケではなく償却、つまりサービサーに債権を譲渡するようなケースになると以後の付き合いは難しいといえますが、リスケの場合は、立派な商行為の中の条件変更ですので、そこまでの重症は負いません。

via リスケジュールの基礎知識 銀行との交渉【資金調達事業融資サポート】中小企業・個人事業主の資金繰り

資金繰りがショートしそうな人必見!ファクタリングとは?
via www.altafx.com
以前までは通常通りに返済していた個人事業主であれば、リスケジュールにて経営が回復した場合には、以前と同じように返済をまじめに行ってくれるかもしれないと融資をしている方は思ってくれることもあるようです。なので、リスケジュールは最終手段としてとらえるのではなく、起動回復までの回復手段としてとらえて方が良いのかもしれません。

リスケジュール中と後の融資は?

リスケジュール中と後の融資は?
via dr-cardloan.net

リスケをしている場合には、通常の返済状態に戻したうえで、6ケ月程度は実績を作らないと融資が出ないのが一般的です。
そのようなわけで、リスケ中の追加融資は難しいと思った方がよいと思います。
また、今となっては遅いのですが、借りている債務が信用保証協会付融資であったならば、「借り換え+返済期間の延長+追加融資」という方法をとればリスケ扱いにはならなかったと思います。
なお、日本政策金融公庫には打診されたのでしょうか?
日本政策金融公庫では、信用情報をとらない場合が多いので、決算書の内容がよくなっているのであれば、信用保証協会とは別に融資がされる可能性はありますが、この場合にもしっかりとした事業計画は必要になります。

via リスケ中の融資についてリスケジュール中に新たな追加融資を受けられるかど… – Yahoo!知恵袋

JCCO 公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会について - カードローン博士
via dr-cardloan.net
やはりリスケジュールから回復した後は、返済実績などを作っていくことで追加融資などに応じてもらえることもあるようです。もし仮にリスケジュールをしている最中でも日本政策金融公庫の融資であれば、ウケられる可能性があるようです。ですが、決算書の状況によって異なってくると思うので、必ず融資が受けられるものではないということを頭に入れておきましょう。

銀行ばかりではない

銀行ばかりではない
via ameblo.jp

消費者金融・クレジットカードキャッシング・銀行カードローンなど、個人での借入れの返済ができないのなら、個別に金融会社と交渉して、毎月返済できる金額を交渉していくしかありません。
弁護士を入れなくても、個人でも交渉はできます。
ただ、当然、個人信用情報は「ブラック」になります。それは仕方のないことと、受け入れなければなりません。
ブラックになると個人で新たな借入はできなくなりますが、問題は「いかに借入れするか」ではなく、「いかに黒字化するか」です。

via 消費者金融など個人借入れはリスケジュールできる? | 中小企業特化の経営改善・事業承継コンサルティング会社エクステンド

住宅ローン借り換えで必要になる書類
via ninbai-saisei.com
個人事業主の人によっては資金繰りの手段として日本政策金融公庫や銀行だけではなく、クレジットカードや消費者金融など色々な人からの借り入れが出てきて手が回らないという人もいるかもしれません。放置していて最悪の手段を相手にとらわれるよりは消費者金融などにとってもリスケジュールにて起動回復を考えたほうが良いかもしれません。

分からない時は?

分からない時は?
via www.financing-all.com

銀行融資での資金調達が上手くいかない場合や銀行融資の返済が厳しい場合は、無理に銀行融資の返済をしないで、リスケ(返済猶予・条件変更)を検討してください。
経営改善(事業再生)に不可欠なリスケ(返済猶予・条件変更)について、効果的な資料(資金繰り表や経営改善計画書など)の作成を支援させていただきます。
また、リスケ(返済猶予・条件変更)の交渉過程でも、効果的な銀行との交渉方法をアドバイスさせていただきます。
資金繰りが厳しい場合は、一人で悩まずに、早めに、リスケ(返済猶予・条件変更)の交渉をしてください。

via 銀行融資取引対策 リスケ(返済猶予)での経営改善 資金調達・資金繰り改善コンサルタント

個人事業主は仕入れから経営
via pixabay.com

個人事業主は仕入れから経営、納税などの業務をすべて一人でという人もいると思います。そんな時にいざリスケジュールという手段を頭の中によぎってやり方が分からないという時には、こういった専門家に相談してみるのも良いかもしれません。