保証協会を利用した【小口零細企業保証制度融資】を受ける

保証協会では、様々な制度融資の保証を行ってくれています。その中で「小口零細企業保証」というものがあります。これは個人の方でも十分利用可能な制度融資です。今回、小口零細企業保証を利用するためにはどうすれば良いのかご紹介します。


信用保証制度

信用保証協会の信用保証を付けて、各取扱金融機関から融資を受ける制度です。
信用保証料が必要となります。
また、平成19年10月1日から責任共有制度が導入されています。
なお、融資の際には、信用保証協会と金融機関の金融上の審査があります。

小規模企業等振興資金
一般的な事業資金に利用可能な制度です。
通常資金
小口資金

via 名古屋市:名古屋市信用保証協会の信用保証付き融資制度(事業向け情報)

信用保証制度
via www.zenshinhoren.or.jp
保証協会の制度融資とは、
自治体などに申し込んで保証協会が保証人となり金融機関から借入をすることです。
これは個人事業主の方でも利用できるので、とても便利なシステムとなっています。

小口零細企業保証

小口零細企業保証
via pixabay.com

小口零細企業保証<全国小口>
責任共有制度の対象外です
ご利用できるかた
① 常時使用する従業員の数が20人(宿泊業・娯楽業を除く商業・サービス業は5人)以下の会社および個人
② 事業協同小組合
③ 組合員の3分の2以上が保証対象事業を行うかたである事業協同小組合
④ 組合員の数が20人以下の企業組合
⑤ 常時使用する従業員の数が20人以下の協業組合
⑥ 常時使用する従業員の数が20人以下の医業を主たる事業とする法人
(上記①から⑤までに該当するかたを除きます。)

保証限度額
1,250万円
資金使途
事業資金
保証期間
10年以内(6か月以内の据置期間を含みます。)
融資利率
取扱金融機関所定の利率
貸付形式
証書貸付、手形貸付、手形割引または電子記録債権割引
返済方法
分割返済または一括返済
保証料率
特別小口保険を利用する場合は、年1.00%

via 小規模企業のかたへ | 制度のご案内 | 名古屋市信用保証協会

制度融資の中で最も一般的なのが「小口零細企業保証制度」です。
これは個人の方でも借入をすることが出来ます。
融資額も1,250万円ですので、資金繰りに悩まれたときでも十分な活用が見込めます。

申し込み方法

申し込み方法
via pixabay.com

●金融機関経由でお申込
金融機関の窓口で融資を申し込まれる際に、信用保証の申込手続を行います。
金融機関が融資適当と判断した場合、必要書類を金融機関経由で信用保証協会に提出していただきます。
※詳しくは金融機関にお問い合わせください。

via 信用保証のお申込の流れ|一般社団法人 全国信用保証協会連合会

申し込み方法は2パターンあります。
まずは、直接金融機関に行って信用保証協会の手続きを行ってもらう方法です。
審査が金融機関で行われ、そこで審査が通れば保証協会での審査となります。

保証協会

●信用保証協会にお申込
各地域にある信用保証協会にお越しいただき、ご相談の後、申込書をお渡しします。ご記入いただいた申込書に必要書類を添付の上、ご提出ください。
※信用保証協会によって異なりますので、ご訪問前に各信用保証協会にお問い合わせください。

via 信用保証のお申込の流れ|一般社団法人 全国信用保証協会連合会

保証協会
via pixabay.com
保証協会に直接行って手続きをすることも可能です。
その場合は、保証協会で審査を受けて、その後に借り入れしてくれる金融機関へと出向きます。

審査のポイント

審査のポイント
via pixabay.com

まず、申込書の企業概要欄にきっちりと書いてください。
会社の業績についてどんな変化があり、それに対してどう対応しているのかを記述してください。
業績推移の説明とそれに対する施策です。

事業計画書を添付すると審査はさらに有利になります。

事業計画書には、来年度の損益計画、資金繰り計画を記載してください。
製品・サービス別の売上目標や、経費ごとの目標値を明らかにして、御社が黒字を確保するために、計画的に経営をしていることをアピールしてください。

via 信用保証協会の攻略方法 工藤公認会計士税理士事務所

信用保証協会保証付の融資の申込から融資実行までの流れはつぎのとおりになります。

1.銀行に信用保証協会宛保証申込書の提出
2.受付銀行にて事前審査と銀行が作成する信用保証協会宛保証依頼書の作成
3.信用保証協会宛に申込書一式を郵送
4.信用保証協会にて申込書の受付、担当者の決定
5.信用保証協会との面接
6.信用保証協会内での審査
7.信用保証協会から受付銀行宛に信用保証書の郵送
8.受付銀行での最終審査
9.融資実行

時間的には銀行に申込書を提出してから、融資が実行されるまでおおよそ1ヶ月~1ヶ月半かかります。

via 信用保証協会の審査期間 | 銀行員の融資総合ガイド

審査は簡単ではないと思っておいた方が良いですね。
とにかく、提出しなければいけない資料はきちんと記入して提出することが重要です。
借入を行うのですから、手を抜かないことがポイントです。
審査期間は1ヶ月程度となっていますので、ある程度の余裕は持っておきたいところです。

制度融資はとても個人事業主にとってありがたい制度ですので、
資金繰りに悩まれる方は、是非とも検討されてはどうでしょうか。