保証協会の制度融資と個人保証の仕組みについての紹介

保証協会で融資を受ける際に、保証人が必要になるケースというのはあるのでしょうか?個人保証とは一体何なのでしょうか?保証協会の融資で必要なのでしょうか。連帯保証人と保証人の違いなど保証についてご紹介します。


個人保証とは

企業が金融機関から融資を受けるとき、経営者や家族・親族など個人が返済を保証すること。
[補説]中小企業などへの融資について、経営者以外の第三者による個人保証を禁止し、経営者の保証債務も支払い能力等を考慮して減免できる制度の創設が検討されている。

via 個人保証(コジンホショウ)とは – コトバンク

個人保証とは
via pixabay.com
個人保証とは融資などを受ける際の保証人のことで、
経営者がご自身の場合は、ご本人が保証人、そうでない場合はご家族などが保証人となる事ですね。

保証協会が連帯保証人を付けるわけ

信用保証協会は一般的に信用力が弱いと考えられている中小企業や個人事業主が、銀行から融資を受けるにあたり「保証人」となることで銀行融資を受けやすくしている公的機関です。
そして万が一、債務者が銀行融資の返済が不能となった場合には、債務者に代わって信用保証協会が銀行に返済を行います。

信用保証協会は「返済しっぱなし」というわけには行きません。
これでは信用保証協会自体の業務の継続が困難になります。
信用保証協会としても返済した後、債務者に肩代わりした返済を返してもらわなければなりません。
そこで債務者に返済してもらう補強として連帯保証人を信用保証協会自体も徴求するのです。

via 信用保証協会はどうして連帯保証人を取るのですか? | 銀行員の融資総合ガイド

保証協会が個人保証を付ける理由は、債務の返済が滞ったときのためです。
保証協会は国の組織ですので、返済義務がなくなるということはまず考えられません。
そこで個人保証を付けておくのですね。

小規模企業に関する融資

小規模企業に関する融資
via pixabay.com

小規模な企業が原則無担保、第三者保証人なしでご利用になれます。
低金利で長期の借入が可能です。
一般保証の料率より引き下げられた保証料率が適用されます。

via http://www.cgc-tokyo.or.jp/institution/pdf/shokibo.pdf

小規模な事業の場合に関しては保証人なしでも借入をする事が出来る制度融資もあります。
個人事業主の方には有り難い制度ですね。

制度内容

借入限度額
1,250万円以内
返済方法
分割返済
(ただし、6か月以内の場合は一括返済とすることができる)

保証料率
保証協会所定の料率
担保 原則として8,000万円以内無担保不要
保証人 法人の場合は、法人代表者(実質経営者を含む)
個人事業者の場合は原則不要

via http://www.cgc-tokyo.or.jp/institution/pdf/shokibo.pdf

個人事業主の方の場合に限っては、担保なし、保証人は不要となっています。
低金利で借入が出来て担保も保証人もいらないので、是非とも利用したいですね。

保証人の必要性

保証人の必要性
via pixabay.com

個人の場合・・・連帯保証人は原則として不要です。
ただし、次の(1)~(3)の場合は例外的な取扱いをすることがあります。

(1) 実質的な経営権を有しているかた、営業許可名義人または経営者本人の配偶者(当該経営者本人とともに当該事業に従事する配偶者に限ります。)が連帯保証人となる場合
(2) 経営者本人の健康上の理由のため、事業承継予定者が連帯保証人となる場合
(3) 財務内容やその他経営の状況を総合的に判断して、通常考えられる保証の許容額を超える保証依頼がある場合であって、当該事業の協力者や支援者から積極的に連帯保証の申し出があった場合

via http://www.cgc-nagoya.or.jp/infomation/entry-31.html#4

個人事業主の方でも上記の項目に該当される場合は、
保証人が必要になるケースがありますので注意が必要です。
余程の無理な請求ではない限りは大丈夫ですね。

個人事業主の方で資金繰りに悩んだら、保証協会の制度融資が良いですね。

保証人
保証人とは、融資を受けた債務者(契約者)が、借入金を返済することができない状態に陥ったときに、代わって返済を行う人のことです。
保証人になれる人には、「社会的に信用のある仕事や地位についていること」「債務者との関係が明確であること」などの諸条件が必要となります。

連帯保証人
一方の連帯保証人は、保証人が有している2つの権利が認められていません。したがって、債務者の返済が滞ると、すぐに連帯保証人のもとへ請求がきます。
法的には、連帯保証人は債務者と同格の扱いとなるため、債権者は最初から連帯保証人に返済を求めることも可能になります。連帯保証人が返済を拒否したとしても、強制執行されてしまうおそれがあります。

via 保証人と連帯保証人の違い

ここで保証人と連帯保証人の違いも知っておきましょう。
連帯保証人は、債務者と同格の扱いになる方のことです。
保証人は弁済しなくてはいけませんが、
債務者に取り立てて欲しい、もしくは債務者の財産から取り立てて欲しいという
権利を有している点が違います。
連帯保証人になる際には注意が必要です。