ここに気を付けて!気になる個人事業主の資金繰りポイント

普段から自分一人で仕事をしている個人事業主ですが、資金繰りの確保という点においては他の人はどのように解消しているのだろうかなどと気になる人も多いと思います。そこで融資のポイントや何に気を付けて経営しているのか資金繰りに関する記事を探してみました。


条件の明確化

条件の明確化
via whitexblack.net

取引先との信頼関係があるのならまず取引先に一時的な融資か、借り入れの保証人になって頂けるかを相談出来ませんか。それを機会に資本関係の提携が生じたりして子会社化、受注の安定化となり、個人事業を発展させる一方法かもしれません。
民間のビジネスローンの金利で採算がとれますか。安易な融資を受ける癖がつくと困ります。最悪の場合は受注を断っても無借金経営を死守する決断も必要です。
半年で返済できるのなら、仕入先に手形支払い等は出来ないのですか。
国民生活金融公庫ばかりでなく、市町村の中小企業振興資金貸与機関もあります。いずれにしろ銀行や公的な資金の借り入れが健全経営の道と思います。

via 個人事業の資金繰り – 融資 解決済 | 教えて!goo

金儲けを教えない義務教育
via whitexblack.net
民間のビジネスローンは融資までの審査時間が短いこともあり使い勝手が良い反面、利率が高く感じる人も多いと思います。そんな時には本当に自分の今の仕事で採算がとれているのかを考えてみる必要もあるようです。そして採算が取れない仕事などは、思い切って手を広げないなどという選択肢も必要になってくるかもしれません。

相談窓口

相談窓口
via www.brilo-tax.com

日本政策金融公庫の経営環境変化資金の概要(セーフティネット貸付) や中小企業金融貸し渋り110番(各地の経済産業局)に相談されてはいかがでしょうか。
また雇用を維持するための助成金を受けるという方法もあります。
ハローワークで雇用調整助成金の相談を受け付けています。
内容の一部は下記の通りです。
景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、その雇用する労働者を一時的に休業、教育訓練又は出向をさせた場合に、休業、教育訓練又は出向に係る手当若しくは賃金等の一部を助成します。

via 個人事業主の資金繰りについて教えて下さい。私は建築業を営む個人事業… – Yahoo!知恵袋

広島の税理士 ブリーロパートナーズ 橋川誠司税理士事務所
via www.brilo-tax.com
助成金という言葉は知っていても自分が適用になるのかどうかという判断を日ごろからしている人は少ないのではないでしょうか。また、貸し渋り110番という言葉も初めて聞くという人もいるかもしれません。こういった相談口の確保しておいて、いざという時に備えるのも資金繰り対策には必要なのではないでしょうか。

経費を盛り込む時期は?

経費を盛り込む時期は?
via recipe-book.ubiregi.com

自営業をしている者ですが、これから年末を迎えるにあたって、経費の使い方を考えています。経費はできるだけ年内に使ってしまったほうがいいのでしょうか。(Mさん 愛知県 36歳 男性)
個人事業主の方は、1月から12月の1年間の事業活動によって得た所得に応じて、翌年の2月中旬から3月中旬に確定申告をして所得税を払わなければなりません。今年利益が出ているのであれば、年内に適正な経費をうまく使うことによって所得を圧縮し、納税額を少なくすることができます。場合によっては、そのための資金の確保にビジネスローンを活用してもいいかもしれません。

via 個人事業主の必要経費は年内に盛り込むべき?必要な資金繰りを始めよう【イー・ローン】

事業計画書の書き方の手順とポイントダウンロードして使えるフォーマット付き
via recipe-book.ubiregi.com
経費を12月のうちに多く盛り込むことができれば、その分だけ来年払う納税額を少なくすることができるときもあるようです。そうすると、次の年で使える資金繰りもスムーズにいくのではないでしょうか。

融資を受ける時期は?

融資を受ける時期は?
via inqup.com

特に中小企業の生命力は強くありませんので、売上以外の資金を、意識して定期的に注入する必要があります。
これが財務活動です。
殆どの中小企業は必要な時だけ融資を受けに行きます。
しかし、融資は借り手のタイミングではなく、貸し手のタイミングで行われますので、借りたいときに借りられる保証はありません。
よって財務活動は、資金が必要な時にだけ行うのではなく、資金需要の有無に関わらず、経常的に行うことで効果を発揮します。
資金繰りに困らない経営を継続するためには、平素からの財務活動が欠かせません。

via 資金繰りに困らない経営をするためには | inQup

売り上げの減少
via pixabay.com

売り上げの減少で財務状況が悪化したときに融資を受けようとすると、思うように融資が受けられなかったという個人事業主も多いのではないでしょうか。資金繰りが悪化したために結局は仕事を続けられなくなったという危険性を考えると、資金はある程度の余裕をもって日頃から集めたほうが良いのかもしれません。