知っていると得!個人事業主の借り換えのやり方は?

個人事業主が安定した資金繰りを行っていくためには融資の借り換えというのを意識したほうが良いと思います。毎月支払わなければいけない利息はなるべく小さくというのは、収益の安定に繋がっていきます。では借り換えには、どういった方法があるのでしょうか?


件数と支払い日の管理

件数と支払い日の管理
via suguzeni.net

長く続く不況により最初は1社だけの借り入れのつもりだったのに、気がついたら2社・3社と借り入れが増えてしまい返済が思うようにできなくなっている人が増えています。
債務整理を余儀なくされる人も少なくありません。
しかし複数の借入を1社にまとめることで金利を下げて返済の負担を軽くすることを試してからでも遅くありません。
債務整理をすると事故暦が残ります。
お金の問題は一時的に解決できても、新たな借り入れが数年できなくなったり将来住宅ローンの借入ができなくなるなどのマイナス面は避けられません。
借り換えローンはいくつかの借入を一本化したい人のためのローンです。

via サクサク返済計画|借り換えローンに最適な低金利カードローン | 返済計画の賢い立て方を知っていますか?知らない方のために詳しく紹介します

女性専用キャッシングのメリット
via www.patrouilledefrance.net
複数の会社から借り入れがあると返済日が一か月の中に複数回来てしまうことになります。そうなると支払日を覚える手間があるだけではなく、金額もかさんでしまいます。月々の支払いの金額を抑えたいというのであれば、早い段階で借り換えを検討する方が経営もスムーズにいくと思います。

プランごとの利用

プランごとの利用
via www.seqroundup.net

ローンの借り換えがしたい!個人事業主のためのお得ローン知識
個人事業主であっても借り換えを行うことによって無駄なローンを減らすことが出来ます。
個人事業主は、様々な融資のサービスを受けることが出来るためより良いサービスを選択しなくてはいけません。
しかし、ローンのサービスを選択して実際に融資を受けた後に他のサービスの方がより魅力的なサービスを提供していることに気づくことがあります。そのようなときは、借り換えというサービスを利用するのです。
このサービスを利用すれば、現在抱えている借金を別のローンによって返済することが出来るため、実質的により良いサービスに変更することが可能になるのです。

via http://xn--r8jydvdzf4fqipb4dc6280f2m2b6xe9z0a.xyz /

カードローンの借り換え
via xn--r8jydvdzf4fqipb4dc6280f2m2b6xe9z0a.xyz
個人事業主の中には事業者ローンを頻繁に利用しているという人も多いかもしれません。事業者ローンの場合は直ぐに融資してもらえる半面で、金利が高めに設定しているものもあります。なので、後から金利が低いローンに通った場合などは、可能であれば借り換えを検討する方が良いかもしれません。

申告も丁寧に

申告も丁寧に
via cashing-reports.com

不動産貸付をしています。A銀行からの長期借入金があるのですが、この度、市場金利が非常に低いので、借換えをすることにしました。この際、A銀行に繰上返済のための解約違約金を支払うことになったのですが、これは必要経費になりますか?

一種の損害賠償金として必要経費になります。
質問の場合の解約違約金は、繰上返済により銀行が失う利益の補てんであって、一種の損害賠償金と考えられます。
損害賠償金は、その支払うべき金額が確定した年の必要経費にすることになります。
賦払金の支払日がくるたびに、その金額を各年分の必要経費にすることになります。
消費税については、解約違約金は、課税仕入れにはなりません。

via 借入金の借換えをしたときの借換手数料は、必要経費にできますか

キャッシング(カードローン)借り換え時の比較ポイント
via www.directone.co.jp
銀行からの借り入れの際には、繰り上げ返済や借り換えの時に手数料がとられることがあります。国内の金利が安い時には、手数料などを計算して安くなるようであれば借り換えという人が殆どだと思います。ですがその手数料は事業用ローンの場合には、必要経費としても認められるので申告漏れがないようにしましょう。

こんな借り換えも

こんな借り換えも
via dividendlife.net

事業をやっている方でないと、なかなか馴染みのある制度ではないとは思うのですが、個人事業主の節税の定番として小規模企業共済という制度があります。私のように個人レベルの会社を経営していると自分で自分に退職金を支払うということはちょっと難しいですよね。この小規模企業共済はその退職金の代わりになるという共済なのです。
当然ながら、法人で投資をしている私もこの小規模企業共済に加入している訳なのですが、この小規模企業共済の利点がもう一つあることに今更気づきました。それは、掛け金に応じてお金を貸してくれるということなんですよね。今まで約10年間の積立で、私は370万円を小規模企業共済に積み立てています。

via 個人事業主の節税対策の定番「小規模企業共済」からの助け舟。住宅ローンNGでも利率1.5%でお金を借りられます。 – 高配当株で配当金生活

個人事業主の節税対策の定番
via dividendlife.net

これの利率というのは、実は金融機関よりも安いことが多くなっています。もちろん積立の期間などによって異なってくるとは思うのですが、小額の借り入れをまとめたい場合には非常に便利です。