日本政策金融公庫の無担保枠というのはどうなっているの?

融資を受ける際には担保の提供を求められる場合と担保の保証を求められない場合とで大きく2つに分けられます。そしてそれは低利子で人気の日本政策金融公庫の場合も同様です。では日本政策金融公庫の無担保保証枠とはどのようになっているのかを調べてみました。


クリーンエネルギー

クリーンエネルギー
via pixabay.com

太陽光発電融資上限・金利など
私の場合ですが、1千万の担保を入れて上限で2千万と言うことです。
担保なしの場合は1千万位の融資になるそうです。
私の場合の金利です。
10年 1.30%~1.55%
15年 1.65%~1.85%
10年の融資では毎月のCFが出ないので、日本政策金融公庫さんも現実的ではないのは承知していました。
環境・エネルギー対策資金の枠は7200万円ですが、この枠を使い切れる方は、元々土地持ちの方が太陽光発電をやった場合や、担保に入れられる不動産を多く持っている方になるようです。
私のような担保をあまり持たないものは野立て50KW1セットが限界でした。

via 日本政策金融公庫 無担保融資枠|コンテナ・トランクルーム・大家・タイムマシン投資

日本政策金融公庫
via incomlab.jp
自宅兼事務所の個人事業主の場合には、太陽光発電などを取り入れて、長期間の経費削減をと考えている人もいるかもしれません。日本政策金融公庫の融資の中にも太陽光発電の融資で無担保枠で受けられる制度が存在するようです。金利も他の融資同様に低利で借りられるので、返済もしやすいと思います。

条件の変更があることも

条件の変更があることも
via www.ita-ohno.com

中小企業経営強力化資金と言えば自己資金要件なし(実際の所は・・・) 融資額1500万円無担保・無保証 法人の場合代表者保証なし代表者の生活までは介入しない なんていい制度なんですかね。
利率 1.6% (基準利率-0.4%)認定支援機関のフォローアップを前提に事業計画書・創業計画書を書き上げていきます。
これまでもとても素晴らしい融資制度と思っていましたが
なんと なんと さらに・・・
改定前
無担保・無保証枠1500万円 → 2000万円に引き上げ!!
利率 1.6%→1.35%!!

via 日本政策金融公庫「中小企業経営強力化資金」改定

無担保枠の融資
via www.ita-ohno.com
一般的に無担保枠の融資というのは、返済が滞ってしまった時に回収ができなくなるために金融機関などでは難しい融資といわれています。ですが日本政策金融公庫の場合には、融資条件が大幅に見直されているようです。こういった融資制度の条件などは、小まめにチェックしていきましょう。

スタートダッシュに最適

スタートダッシュに最適
via cashing.ginkou.jp

民間の金融機関では、どうしても実績を重視するため、信用保証協会等が保証しない限り創業前後の経営者に対して融資をすることは少ないと言えます。
これに対して日本政策金融公庫は「新創業融資制度」という、創業者のための融資枠が設けられています。
日本政策金融公庫の新創業融資制度では、担保も入れず、保証人も立てないで最大3,000万円まで融資を受けることが可能です。
これから創業する実績のない経営者に、無担保・無保証で3,000万円までお金を貸すなんて通常の金融機関ではなかなかありません。
日本政策金融公庫が創業融資に力を入れている証拠と言えるでしょう。

via 日本政策金融公庫を利用するメリット | 創業融資相談センター奈良

新創業融資制度
via cashing.ginkou.jp

創業前後の段階において資本金をなるべく多く集めていこうという場合には、新創業融資制度というのは非常に強力な武器になると思います。無担保枠にも関わらず融資の限度額が大きくなっているので、条件を細かく見ていこうと思います。

具体的な条件は?

具体的な条件は?
via www.adiretax.jp

「新創業融資制度」の場合には、雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件として
(1)雇用の創出を伴う事業を始める方
(2)技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
(3)現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
(ア) 現在の企業に継続して6年以上お勤めの方
(イ) 現在の企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方
(4) 大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
(5) 既に事業を始めている場合は、事業開始時に(1)~(4)のいずれかに該当された方

via 無担保融資の利用条件

無担保融資
via www.adiretax.jp

一見すると色々な条件があるように感じるかもしれません。ですが、これから独立開業を目指す個人事業主などによっては、自動的に資格の要件などにもおさまっているという人は多いかもしれません。