生活衛生貸付をする際の【必要書類】と【推薦書】について

生活衛生貸付は日本政策金融公庫が行う融資の制度です。 その生活衛生貸付を利用する上で、必要な書類とは何でしょうか? 必要書類を集めるのに、推薦書という物も必要になってきます。 どういった内容か調べてみました。


生活衛生貸付

生活衛生貸付
via www.caa.go.jp

ご利用いただける方
生活衛生関係の事業を営む方

資金の使いみち
設備資金

融資限度額
飲食店営業、喫茶店営業、食肉販売業、食鳥肉販売業、氷雪販売業、理容業、美容業、その他公衆浴場業(注1) 7,200万円
一般公衆浴場業 3億円以内
(2施設以上の場合4億8,000万円)
旅館業 4億円
興行場営業、サウナ営業 2億円
クリーニング業  1億2,000万円

ご返済期間
(うち据置期間)
13年以内(1年以内、返済期間が7年超の場合2年以内)
[一般公衆浴場業は30年以内]

利率(年)
[基準利率][特利A][特利B][特利C]
・一般公衆浴場業の場合は特利E

保証人・担保
お客さまのご希望を伺いながらご相談させていただきます。

via 一般貸付(生活衛生貸付)|日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の融資制度の中には、飲食業など生活に関わる職種に関しての融資制度があります。
それが生活衛生貸付という物です。
飲食業以外にも、食品を扱う事業、理容や美容、銭湯やクリーニング店なども含まれます。

貸付要件

1.これまでまったく生活衛生業の経験のない人(新規開業者)
2.一定の生活衛生業の経験のある人(独立開業者)
の二つに分かれます。
問題は、新規開業者は原則として設備資金の1/2が融資申込限度額であるということです。
しかし、生活衛生指導センター等に経営相談をした方に限り、設備資金の全額が融資申込限度額になる場合もあります。
この貸付の特徴として、申込金額が300万円を超える場合、都道府県知事の「推薦書」が必要となります。また独立開業者は「従事証明書」が必要です。

via 国民生活金融公庫(国金)を攻略しよう。生活衛生貸付について。創業・開業資金攻略ナビ

貸付要件は、これから事業を始める方もしくは、独立開業される方ですね。
上記は300万円となっていますが、500万円以上の貸付を行ってもらう場合は都道府県知事の推薦書と、従事証明書が必要になります。

必要書類

必要書類
via pixabay.com

必要な書類
開業条件によって異なります。

推薦書交付願
借入申込書
営業許可書(確認書)
現在お店を経営している方のみ必要
支店開設の場合は本店。
店舗移転の場合は移転前。

設備内容が明らかになる書類
①不動産契約書
②見積書
③平面図

創業計画書

従事証明書
独立開業の場合のみ必要

via 東京都知事の推薦書交付 | 公益財団法人 東京都生活衛生営業指導センター

都道府県知事からの推薦書を受け取るためには上記の必要書類を用意する必要があります。
500万円以下の融資に限っては必要ありませんが、500万円以上の融資を受ける際には必要です。

営業許可

営業許可
via pixabay.com

営業許可の取得が必要
法人、個人を問わず、飲食店の営業をする場合には、必ず保健所の検査を受けて営業許可を取得する必要があります。
この許可の取得のためには、「工事完成予定の10日前まで」に許可申請書を提出する必要がありますが、この許可を取得するまでは、営業を開始することができません。

via 飲食店の開業融資 – 119番資金調達.net

飲食店を経営される方は、保健所に営業許可をもらう必要があります。
この営業許可がなければ営業することが出来ないのですね。

従事証明書

上記必要書類のなかにある従事証明書は、独立開業前、同一業界において6年以上勤務したことを以前の勤務先から証明してもらうための書類です。
少なくとも業界経験が6年以上ないと推薦書交付申請ができないということになります。

via 日本政策金融公庫(国金)の基礎知識 | 生活衛生貸付その二

独立開業される方は従事証明書が必要になります。
従事証明書は6年以上その業種に就業していたことを示す物でなくてはいけません。
元の勤務先に発行をお願いすることになります。

手続きの流れ

借入申込
交付された推せん書を添付して日本政策金融公庫に借入を申込みます
面談
資金の使いみちや事業計画について日本政策金融公庫担当からヒアリングを受けます
融資決定・借入手続
借入書類を提出し、契約完了
後日、取扱金融機関に融資金額の振込があり手続き完了です

via 生活衛生改善貸付 – 起業・開業・融資支援のツボ ~メガバンクOB行政書士がサポートします~

推薦書を手に入れたら、日本政策金融公庫で生活衛生貸付の申し込みを行います。
面談などを受ける必要がありますので、事前に受け答えの準備はしておきたいですね。
飲食業などを始められる方、そして新たに資金が必要な飲食業などの方に取っては、この融資は有り難いです。
これから、生活衛生貸付の申し込みをされたい方は以上の様な書類が必要になってきます。