【個人事業主向け!】事業用途で使える融資先と金利との関係

経営運営の資金にお金を掛けられない、個人事業主にとって資金繰りは悩ましい問題では無いでしょうか? ここでは個人事業主が利用可能な公的な融資先や、金利は高めであるものの金融機関の中で、事業用途として利用可能なビジネスローン等について述べていきます。


個人事業主と融資について

融資側からは厳しい審査がされる傾向がある

お金を貸し出す側はあくまでもビジネスとして、予め期間を限定して、返済時に金利を返済して貰うというサービスをしているに過ぎません。
そしてその金利は、そのまま利益となります。
しかし、何らかの都合で返済をしてくれなくなったり、あるいは返済が滞る事になれば大問題です。そして、その金額が大きければ大きい程、債権者側はダメージを負うことになります。
以上の懸念点を払拭する為には、出来るだけ金銭的な体力のある所へ貸し出せば確実性が上がりますが、その反対の場合には難色を示すでしょう。
その良い例として個人事業主が取り挙げられます。
個人事業主をしているというと傍目からは、格好が良い・自由である、自分の実力で際限なく稼ぐ事が出来る等のイメージが持たれる事があります。
しかし、金融機関はその様な価値観で判断する事は無く、貸したお金を確実に返せるだけの利益を上げられるか否かという一点で判断を下すでしょう。
ですから、個人事業主は融資をする側からは、特別に厳しいチェックが入ると見て間違いありません。
しかし、融資をする側に理解のある所もあるので、融資が全く不可能という訳ではない事を知っておきましょう。

融資を心から願う個人事業主夫婦
via a-cashing.com

融資を心から願う個人事業主夫婦

●個人事業主を悩ますのは、常に資金繰りの事です。

 

 

 

個人事業主が金融機関から資金繰りの融資を受けるのはそんなに容易い事ではありません。
そして、経費借入に利用できる事業性資金の融資に限らず、誰でも利用できる無担保個人向けカードローンの利用においても、自営業者に対する審査や融資はかなり厳しめとなり、かつ金融会社によっては「自営業者の利用はNG」としているところさえあります。
比較的審査が柔軟と言われている一般向けカードローンでさえ、このような事情なのですから、カードローンよりも借入額が大きくなる事業経費の為の「事業性ローン」になると個人事業主の利用はより厳しくなってしまう事は容易に推測できるのです。

via 個人事業主は必見!金融機関での資金繰りのポイントはこれだ! | お金の学校

●個人事業主は特に厳しいというのは、事実かも知れません。

しかし、方法はある!

個人事業主が融資を受けにくい大きな理由は見た目の年収の低さです。
実際には年収500万円のサラリーマンと同等の自由に使えるお金があったとしても確定申告上は200万円台、という方も多くいらっしゃいます。
そうなると銀行や信用金庫と言った金融機関から低金利で融資を受けることは至難の技です。
そこでおすすめするのが各消費者金融や銀行、信販会社が提供している個人事業主向けのローンです。

via 個人事業主が融資を受ける方法|ナビナビキャッシング|消費者金融 / カードローン

●最近では、個人事業主向けの事業ローン等のサービスもあるので検討する価値はあるでしょう。

キャッシングかカードローンか、どちらを選ぶか、それが問題だ

キャッシングとカードローンて違うの?

キャッシングとカードローンの大きな違いは、
返済方法にあります。
キャッシングは一括返済が原則ですが、
カードローンは分割払いやリボルビング払いが多いです。
さらに、両者の違いとしては、次の点にもあります。
●返済期間
キャッシング——>短期
カードローン——>長期
●金利
キャッシング——>高い
カードローン——>低い
●金利のみの返済
キャッシング——>認められない
カードローン——>認められている
●利用シーン
キャッシング——>少額借りてすぐに返す
カードローン——>まとまった金額を借りる
細かく見てみると、
キャッシングとカードローンは、さまざまな点で
異なることがわかると思います。
しかし、最近では、キャッシングと言っても、
分割払いやリボリビング払いができるところもあり、
カードローンとの違いはなくなりつつあります。

via カードローンとキャッシングの違いについて – 消費者金融 締切済 | 教えて!goo

●キャッシングとカードローンという言葉は、よく使われる言葉ですが、ごちゃ混ぜで使用される事もある様です。
様々な違いがありますが、ローンの方が金利が安く済むので、個人事業主にとっては魅力的に映るでしょう。

個人事業主が使える融資先の紹介

ここで紹介するのは一般のキャッシングとは異なり、個人事業主でも利用可能な事業(ビジネス)向けのローンです。
ですから、事業用途にも利用可能です。

公的な融資先

創業される方、
中小企業・小規模事業者
農林水産業者向け融資
教育ローン

via 日本公庫をはじめてご利用の方へ|日本政策金融公庫

●公的資金の中で、個人事業主も利用可能な融資先の代表格です。

事業を営むほとんどの方がご利用いただける国民生活事業の融資。新たに事業を始める方もご利用いただけます。食料品店、工務店など地域に密着した企業からベンチャー企業など新事業のパイオニアとなりえる企業まで、多種多様な小規模事業者の皆さまにご利用いただいています。

via “国民生活事業”はどんなことしているの?|日本政策金融公庫

●90万以上に融資実績があり、その90%程度が個人事業主と呼べる経営者です。

日本政策金融公庫のロゴ 日本政策金融公庫のロゴ
via news.mynavi.jp

日本政策金融公庫のロゴ

●日本政府お墨付きの公的融資機関です。

 

 

信用保証協会(しんようほしょうきょうかい)は信用保証協会法(昭和28年法律第196号)によって設立される認可法人で、法人税法別表第2に掲げる公益法人等である。中小企業が市中金融機関から融資を受ける際に、その債務を保証することで、中小企業の資金繰りの円滑化を図ることを目的としている。

via 信用保証協会 – Wikipedia

●信用保証協会は純粋な金融機関では無く、金融機関へのアシストをする役割があります。
勿論、個人事業主も利用可能です。

事業向けに利用出来なくては意味が無い!便利な民間向けビジネスローン

直近で資金が必要なときは、どうすればよいのでしょうか。
そんな時は、民間のビジネスローンの利用を検討してもいいかもしれません。
銀行以外にもビジネスローンを扱っている業者はたくさんあります。銀行と違って無担保・無保証人で借入できますし、何より融資までがスピーディです。

via 資金繰りが厳しい時こそ学んでおきたいビジネスローンの選び方と基準 | キャッシングのまとめ

●こういうサービスが欲しかった、という個人事業主は多いはずです。

オリックス・クレジット「ORIX CLUB CARD」
via orixcredit.jp

オリックス・クレジット「ORIX CLUB CARD」

●個人事業主でも利用出来るが、最低1年以上の業績が必要です。

 

 

オリックス・クレジット「ORIX CLUB CARD」
金利:6.0%~17.8%
限度額:50万円~500万円
オリックスグループの事業者向けローンです。
ジャパンネット銀行口座を持っている場合は、24時間365日いつでもインターネットから即時振込・即時返済が可能です(その他の金融機関でも平日8:40~15:00は即時振込・返済可能)。
また、審査も最短即日、朝一で申込めばその日のうちに融資可能です(オリックス・クレジットさんに直接確認しました)。
ただし、対象が「業歴1年以上の個人事業主」となっているので、法人や業歴1年未満の個人事業主は利用できません。

via 資金繰りが厳しい時こそ学んでおきたいビジネスローンの選び方と基準 | キャッシングのまとめ

●最高500万を借りるなら金利は6%だが、場合によっては利用価値は十分にあるでしょう。