【日本政策金融公庫】個人事業主向けの融資制度って?

個人事業主の方が一番頭を抱えるのは、資金繰りに関することではないでしょうか?でも現実は厳しいことも多い・・・。しかし、政府系金融機関による個人事業主向けの融資制度があるのをご存知ですか?少しですが、ご説明します。


◇日本政策金融公庫って何?

日本政策金融公庫って何?
via ja.wikipedia.org

●初めて知った方も多いのでは?

 

 

 

 

 

 

株式会社日本政策金融公庫法に基づいて2008年10月1日付で設立された財務省所管の特殊会社。
日本政策金融公庫の前身機関である国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫が担っていた業務を引き継いでいる。
中小企業事業 – 中小企業の資金調達支援、信用保険制度

via 日本政策金融公庫 – Wikipedia

日本の政策金融機関になり、国民生活事業や農林水産事業、中小企業事業の資金調達支援を主にしています。
個人事業主は、銀行からの融資が難しく資金繰りに苦しんでいるため、このような政府系金融機関によるサポート体制が整っていることは心強いですね!

◇特徴

特徴
via pixabay.com

●日本政策金融公庫の最大の特徴は、低金利であること!

 

 

 

 

事業者向けの一般の貸付以外にも、セーフティネット貸付(業績悪化などに対応するローン)や
新企業育成貸付(新規開業や女性・シニアなどを起業支援するローン)、企業活性強化貸付(新規上展開や海外進出、新たな設備投資などに対応するローン)など、さまざまなケースに対応できるローンが用意されているのが公庫の特長。低金利で限度額も大きく、事業資金の借入れを考えるなら、真っ先に検討したいのが日本政策金融公庫の融資です。

via 事業資金を借りたい個人事業者に・・・ぜひ伝えておきたい3つのこと | 消費者金融で借りれる?【2016年度版】

日本政策金融公庫はいくつかのローンが用意されており、さまざまな状況に対応できるようになっています。
また圧倒的に低金利であることや長期融資可能、固定金利であることなども特徴としてあげられます。
他の資金繰り方法を検討するまえに、日本政策金融公庫を申し込んでみてはいかがでしょうか?

◇実績がない/規模が小さい

実績がない/規模が小さい
via www.pakutaso.com

●会社の実績がなくても、規模が小さくても大丈夫!

 

 

 

 

日本政策金融公庫は多くの事業者の向けに作られた金融機関であるため、実績がない新規の企業でも適切な事業計画と返済プランがあれば融資にも前向きに応じてくれます。
中小企業でも財務基盤が優秀ならば十分融資の相談に乗ってくれます。というか、資本金や従業数が一定以下の中小企業しか融資の対象としていません。

via 日本政策金融公庫のメリット|資金調達プロ

銀行の場合は実績や規模が重視されますが、日本政策金融公庫は中小企業を対象とした融資制度を整えているため、実績や規模に不安があっても相談に応じてくれます。
銀行で断られたからと気落ちせず、融資を受けられる可能性はまだありますよ!

◇必要な自己資金額は?

必要な自己資金額は?
via www.pakutaso.com

新規開業者が日本政策金融公庫からの融資を受ける際には、総事業費の3分の1以上、自己資金として準備しなくてはいけません。
総事業費の3分の1と言うと少しイメージしにくいかもしれませんが、借入希望額の半分は自己資金で準備することになります。500万円が希望額ですと、250万円の自己資金が必要となるわけです。

via 日本政策金融公庫・よくある質問Q&A | 会社設立.net

資金繰りで頭を抱えている中で融資希望額の半分となると、かなり用意するのが大変ですね。
しかし自己資金が足りなくても、融資を受けられる可能性はあります!

◇中小企業経営力強化資金って?

中小企業経営力強化資金って?
via pixabay.com

●自己資金が用意できなくても、他に強みがあれば大丈夫!

 

 

 

 

この制度は
・自己資金の有無、金額は関係ない
・融資限度額は7200万円まで
・金利は特利A1.45%
・無担保 無保証人での借入が可能
となっており自己資金なしでも審査に通ることはできます。
しかし自己資金なしで融資を受けるためには創業・開業する分野での経験が豊富で既に売り上げの見込みがある程度ある、もしくは事業計画をしっかりと立てることが大切です。

via 日本政策金融公庫は自己資金なしで融資に通過する? |

この制度は、自己資金がなくても融資が受けられる特別な制度になります。
しかし簡単に融資を受けられるかといえばそうではなく、経験や真実味のある見込み、現実的な事業計画を用意する必要があります。
自己資金がないという方は、こちらの制度を考えてみては?

◇面談の注意点

面談の注意点
via pixabay.com

●服装はスーツが無難!

 

 

 

 

面談の時間は、1時間から2時間程度です。一発勝負となりますので、事前準備をしっかりしておきましょう。 プレゼンをするときと同じだと考えてください。プレゼンする際は、いろいろ準備してから当日を迎えますよね?融資の面談も、企画書をもって、絶対に成功することを伝えればよいだけです。準備さえしっかりしておけば、何があっても大丈夫でしょう。

via 日本政策金融公庫で面談する際の注意点 | 日本政策金融公庫ガイド

しっかりと準備しておけば焦らなくて済みますよ!誰でも緊張はしますから、必要な資料や下調べなどを入念にしておけば、その場で資料を見て説明すれば大丈夫です♪
後悔しないように、準備はしっかりと!あとは熱意!