日本政策金融公庫の融資に必要な書類【あれこれ】!

「必要な書類」と言われても、何を準備したらいいのか、さっぱりわからない。 融資の相談や申し込みの時に、先にある程度の書類が分かれば、ちょっと違うのかな。 自分の書類の他に、誰かに用意してもらう書類はあるのかな? 慌てないように知っておくと動きやすいですよ。


準備は慌てないで、丁寧に。

必要な書類は、いくつもあります。
用意した書類のチェックをしながら、忘れることの無いようにしていきましょう。

ダウンロード出来る書類、他の人に用意してもらう書類、自分を証明するものなど、
いくつも出てくるので、事前に公庫に問い合わせをして聞いておくことも、大事なこと。

出来る限りは、早めに動くことをオススメします。

必要な書類のリスト化しておき、用意ができたらチェックしていくといいでしょう。
まずは、慌てないことが鉄則です。

必要な書類

必要な書類
via www.pakutaso.com

預金通帳(普通、定期、積立など)(最近6ヶ月分以上)
貯蓄や借入金の支払い、公共料金の支払いなど取引上よく使用されているもの。(事前に記帳)

借入金がある場合は、毎月の支払額、借入金残高がわかるもの(返済予定表で可)
(銀行からもらう支払明細表など。
住宅ローンを含む。法人の場合は、代表者個人名義を含む)

パスポート、住民基本台帳カード(写真付)など、
公的機関等が発行する写真付証明書

その他 直近、今後の売上がわかるもの(受注明細など)、資金繰表

via 事前準備と必要書類

借入に必要な書類がいくつかあります。
早めに準備しておいた方がいいものや、自分の身分を証明するものも必要になります。

『借入申込書』はもちろんですが、
他に『確定申告書』や『決算書』も必要になります。

固定資産をお持ちの場合、
固定資産税課税明細書及び固定資産税の領収書(代表者個人名義分を含む)
不動産の賃貸借契約書及び地代・家賃の領収書(最近6ヶ月分以上)

営業許可証、許可証、資格または免許を証明するもの見積書、
工事請負契約書、建築確認通知書運転免許証

借入金がある場合は、毎月の支払額、借入金残高がわかるもの(返済予定表で可)
(銀行からもらう支払明細表など。
住宅ローンを含む。法人の場合は、代表者個人名義を含む)

via 事前準備と必要書類

個人でケースバイケースになるので、必要になる書類は変わってきます。
相談窓口やコールセンターもありますので、1度聞いてみてはいかがでしょうか?

事前にダウンロードできるものもありますので、用意しておくといいですね。

・ 店舗案内(日本政策金融公庫)
https://www.jfc.go.jp/n/branch/index.html

・ 日本政策金融公庫・事業資金相談ダイヤル 0120-154-505(通話料無料)

ダウンロードできるもの

ダウンロードできるもの
via www.pakutaso.com

ダウンロードできるものは、ダウンロードして、記入しておきましょう。

一番必要な「借入申込書」も、公庫のサイトからダウンロードできます。
初めて取引する方に必要な、「企業概要書」もダウンロードできます。

郵送もしてもらえるのですが、自分で用意できるものは、
用意しておいた方が早い時もあります。

わからなくなってしまったら、コールセンターを利用しましょう。

各種書式ダウンロード|国民生活事業|日本政策金融公庫

各種書式ダウンロード|国民生活事業|日本政策金融公庫借入申込書の他、各種申請書のダウンロードができます。

 

借入申込書

借入申込書
via pixabay.com
窓口や郵送で借入申込書をもらっている方は、1枚裏表に、
ダウンロードした方は2枚になっているので、記入します。

商号・屋号と所在地・電話番号などを記入、
申し込み人の名前・住所・電話番号、
借入申し込み額・借入希望日・返済期間など、記入していきます。

記入漏れが無いように、気をつけて下さいね。
記入の仕方もダウンロードできますよ。

企業概要書(初めて公庫で取引をしようとする方)

企業概要書(初めて公庫で取引をしようとする方)
via www.shukatsu-professional.info

企業概要書

はじめてお取引いただく方に、
取扱商品・サービス等の企業内容について、簡単にご記入いただくものです。

via 各種書式ダウンロード|国民生活事業|日本政策金融公庫

企業概要書と言うのは、
「事業計画書」と、同じような感じなのですが、
押さえるポイントとして、

セールスポイントをしっかりアピールすることも大事ですが、
『自分の企業の弱点を、どのようにして克服していくのか』を
考えておくと、印象が違って見えるかもしれませんよ。

融資をする側も、誰かれ構わず貸しているわけではないです。

記入の際に気をつけること

記入の際に気をつけること
via pixabay.com
丁寧に書き入れるのは、もちろんです。
記入漏れも無いように。

やってはいけないのは、「嘘を書かない」
正直に書くこと。

もし、嘘が分かってしまった場合は、取り返しがつかなくなります。
信用されるためには、それだけはやめたほうがいいです。

まとめ

用意するものは、色々とありますが、
早めに取りかかることで、書類の準備忘れや記入漏れに気がついたりと、
時間があることで気持ちに余裕もあるので、慌てないで済みます。

取り寄せに時間のかかるものがあるのであれば、なおさら。

しっかり準備を進めましょう。