【ピンチを救う】日本政策金融公庫のセーフティーネット貸付

日本経済は全体として比較的安定していますが、業種によってはグローバル化の波に押されて苦戦しています。金融事情や社会的情勢の影響で資金繰りに苦労している個人事業主や中小企業の大きな味方、日本政策金融公庫の「セーフティネット貸付」をまとめます。


セーフティーネット貸付とは

セーフティーネット貸付とは
via narashino-cci.or.jp

原材料・エネルギーコスト高及びデフレ等の影響を受けて資金繰りに困難を来している中小企業・小規模事業者であって、認定支援機関等の経営支援を受ける事業者を対象に日本政策金融公庫等が低利融資を行います。

via 経営支援型セーフティネット貸付 | 金融・税制|ミラサポ 未来の企業★応援サイト

セーフティーネット貸付とは、金融情勢や社会的情勢の変化で、資金繰りや運転資金の確保が難しくなった個人事業主や中小企業を救済する融資制度ですね。

日本政策金融公庫からの融資ですから、セーフティーネット貸付は政府の融資制度の一つです。

日本政策金融公庫
via www.jfc.go.jp

「経営環境変化対応資金(セーフティネット貸付)」などのご融資を通じて、社会的、経済的環境の変化などにより、一時的に業況の悪化を来しているみなさまが経営基盤の強化を図るためのお手伝いをさせていただいております。

via 経営環境変化対応資金(セーフティネット貸付)|日本政策金融公庫

一時的に業績が悪化した個人事業主や中小企業を主な対象としている制度ですね。

セーフティーネット貸付の金利や返済条件は?

セーフティーネット貸付の金利や返済条件は?
via cash-first.com

「セーフティネット貸付」は、長期間の融資も可能です。設備資金の場合、融資期間は最長で15年となっています。一定期間は元金の返済を据え置くことも可能です。金利は、完済まで変動しない固定金利なので、金利の上昇を心配することがなく、安心して利用することができます。

また、担保や保証人についても、利用者の希望を伺いながら、柔軟に対応しています。申し込みから融資を受けるまでの期間は、ケースによって異なりますが、利用者が資金を必要とする時期を踏まえて、融資までのスケジュールを調整しています。

via 社会的・経済的環境の変化に伴い、資金繰りに影響を受けている中小企業を支援します 日本政策金融公庫の「セーフティネット貸付」:政府広報オンライン

社会情勢の変化のため、資金繰りに困ったり新たな設備投資を行って市場競争力を取り戻すことが主な目的となるセーフティネット貸付制度は、返済期間を最長15年に設定できます。

長期の返済ですから、返済が経営に大きな負担にならないのはうれしいですね♪

■貸付限度額:【日本公庫(中小企業事業)】7億2,000万円
【日本公庫(国民生活事業)】4,800万円

■貸付利率:基準利率、基準利率-0.3%(注)
(注)運転資金であって最近における売上高等が前期に比し3%以上減少している場合には0.3%の、一定期間の雇用を維持又は雇用の拡大を図る場合には0.2%の金利減免措置有り(併用可)。

via 中小企業庁:『一時的に資金繰りが厳しいので融資をうけたい』

融資限度額
via card-professor.jp
融資限度額も中小企業事業の枠で7億2,000万円ありますから、設備投資の費用として十分な枠を確保できます。

金利は日本政策金融公庫の基準金利から割引きになり、条件次第では金利減免措置が上乗せで適用になるので、実質ゼロ金利に近い優遇制度です。

セーフティネット貸付は3種類

セーフティネット貸付には、「経営環境変化対応資金」「金融環境変化対応資金」「取引企業倒産対応資金」があります。

via 苦しいときこそ頼りになる日本政策金融公庫のセーフティネット貸付 | 会計・財務 | 経理・税務 | 企業実務オンライン – 企業の経理・税務・庶務・労務担当者の実務情報メディア

経営環境変化対応資金

経営環境変化対応資金は、リーマンショックのような世界的な経済危機に対応して創設された制度なので、要件に該当すればほとんどの企業が融資を受けられます

via 苦しいときこそ頼りになる日本政策金融公庫のセーフティネット貸付 | 会計・財務 | 経理・税務 | 企業実務オンライン – 企業の経理・税務・庶務・労務担当者の実務情報メディア

利用できるのは、「社会的、経済的環境の変化等外的要因により、一時的に売上の減少等業況悪化をきたしているが、中長期的にはその業況が回復し発展することが見込まれる」企業です。実際には、「中長期的にはその業況が回復し発展することが見込まれる」企業という条件も、状況によってかなり柔軟な対応がなされます。

via 苦しいときこそ頼りになる日本政策金融公庫のセーフティネット貸付 | 会計・財務 | 経理・税務 | 企業実務オンライン – 企業の経理・税務・庶務・労務担当者の実務情報メディア

リーマンショック級の経済危機はめったにないことですが、基本的には将来的に業績の回復を見込むことができ、現在一時的に業績が悪化している個人事業主や中小企業には、かなり柔軟に融資が行われています。

金融環境変化対応資金

ご利用いただける方

金融機関との取引状況の変化により、一時的に資金繰りに困難をきたし、中長期的には資金繰りが改善し経営が安定することが見込まれる方

via 金融環境変化対応資金(セーフティネット貸付)|日本政策金融公庫

金融機関の業績悪化により新たな運転資金の融資がストップしたケースや、自社の一時的な業績悪化で新規融資を断られたが、今後業績の回復を見込めるケースが適用になります。

中小企業ではよくあることですから、金融環境変化対応資金はしっかり頭に入れておきましょう♪

取引企業倒産対応資金

ご利用いただける方
取引企業など関連企業の倒産により経営に困難を来している方

via 取引企業倒産対応資金(セーフティネット貸付)|日本政策金融公庫

取引先が突然倒産して、売掛金の回収ができなくなった時にはこの制度ですね♪