注目!クラウドファンディングで成功している個人事業主!

皆さんはクラウドファンディングという個人から融資を募って事業を行う方法をご存知でしょうか?個人事業主なら、これを利用しない方法はない、と言って良いほど合理的な資金調達方法なんですよ。具体的にクラウドファンディングの実態を見ていきましょう。


クラウドファンディングって?

クラウドファンディングという名前を聞いたことがない、という人や、名前は訊いたことがあるけれど実際にどんなものかは全く分からない、
という人は少なからずいると思います。簡単に言えばネット上などで融資を募集することで資金繰りに悩む事業主などが、
有利に経営を進めることを指します。

クラウドファンディングって?
via anipipop.com

概要[編集] クラウドファンディングは防災や市民ジャーナリズム、ファンによるアーティストの支援、政治運動、ベンチャー企業への出資[4] 、映画[5] 、フリーソフトウェアの開発、発明品の開発、科学研究[6] 、個人・事業会社・プロジェクトへの貸付など、幅広い分野への出資に活用されている。
クラウドファンディングは多くの投資家から株式を募集することによる企業の資金調達の手法としても注目されている。この形のクラウドファンディングは、JOBS Act(英語版)(より少ない制限のもと小規模な投資家から広く出資を募ることを可能にする法案)に直接的な言及があるように、最近アメリカ合衆国の政策立案者から注目された[7]。JOBS Actは実施を待っているが、en:Mosaic Inc.などの混合モデルは、認可状態にある一般市民に群衆の一部としてクリーンエネルギーのプロジェクトに直接投資する資格を与える既存の証券法を利用している。

via クラウドファンディング – Wikipedia

●もちろん、タダで融資してくれ、というのは難しいですから、現実的には商品をお返しするなどの形でお礼をすることになります。

個人事業主こそクラウドファンディングを利用せよ!

クラウドファンディングは大企業が行っている場合もありますし、一方では世界一周などの資金のために個人が募集している場合もあります。
しかし、一般的なのは経営体力が乏しい個人事業主が融資を募集するケースでしょう。
銀行などから融資を受けるには利息や返済期限がつきものですが、個人からの融資ならば自分で利息や
期限などを設定することができますから、個人事業主こそクラウドファンディングを利用すべきと言えます。

個人事業主こそクラウドファンディングを利用せよ!
via cf-hikaku.net

足利銀行は26日、インターネットで小口資金を募るクラウドファンディング(CF)で、ネット広告大手サイバーエージェントの子会社と業務提携したと発表した。足利銀が取引先企業をサイバー子会社に紹介し、CFの手法で新たな製品・サービスを消費者に売り込む機会を提供する。年内に10社の紹介をめざす。

提携したサイバー子会社のサイバーエージェント・クラウドファンディング(東京・渋谷)は、CFの仲介サイト「Makuake(マクアケ)」を運営する。同社は千葉銀行など14の地域金融機関と提携しているが、北関東では足利銀が初めて。足利銀は取引先にマクアケを使ってもらい、取引先が予定の金額を調達できれば手数料を受け取る。

via 足利銀、サイバー子会社とネット資金調達で提携  :日本経済新聞

●すでに銀行などもクラウドファンディングの価値に気付き、提携などを進めています。

実際に経済効果も上がっているデータあり!

でも個人が勝手に寄付してくれるなんてことは期待しづらいし、実際は上手くいっていないんじゃないの、と
勘ぐってしまうところです。ですが、クラウドファンディングが定着しているアメリカなどでは既に高い経済効果を
もたらすというデータが観測できているのです。

実際に経済効果も上がっているデータあり!
via keiei.freee.co.jp

働きがい、幸せを感じて仕事に取り組める人の増加

調査結果にもありましたように、労働時間は長いながらも働きがい・幸せを感じながら働いている人が多いため、個人事業主2.0が増えることによって、幸福度が高い状態で働ける人が多くなります。

個人事業主2.0人口が増えることによる経済的インパクト

調査結果より、個人事業主2.0の平均売上は1554万円で、これは個人事業主1.0の平均売上1178万円の約1.3倍に当たります。

クラウドサービスを使いこなす個人事業主2.0が、アメリカのクラウド導入率と同水準まで増えるとなると、個人事業主の売上が5.9兆円増大することとなります。
この額は、日本の広告市場に相当する額であり、個人事業主2.0が増大することによる経済的インパクトは膨大なものであることがわかります。

via クラウドを活用する個人事業主2.0が与える経済効果は5.9兆円

クラウドファンディングにかかる税金は?

効果があることはわかった、でもまだ不安がある、という人もいるかもしれません。
一つには税金の問題があります。クラウドファンディングで得た資金は課税対象になるのでしょうか?

クラウドファンディングにかかる税金は?
via inqup.com

次は資金提供を行う支援者が法人、調達者が個人の場合。
この場合パターン①:個人→個人とは異なり、法人から調達した資金は一時所得とされるため調達者には所得税が課せられます。所得税ということは必要経費が認められるということなので、クラウドファンディング運営業者に支払う手数料や一時所得の特別控除(50万円)を差し引いたものに税率を掛けたものが税額です。
[所得税の計算方法]
所得金額=調達額-必要経費-特別控除
所得税=所得金額×税率
※所得金額が195万円を超える場合は控除額あり
※税率は国税庁:No.2260 所得税の税率を参照
また、資金提供を行った法人には法人税法が適用される場合があります。

via クラウドファンディングの税金、確定申告について | クラウドファンディング総合比較

●このあたりは税理士などに相談することで適切に対応しましょう。

すでに成功している人も多くいます

クラウドファンディングは日本にも根付きつつあり、すでに成功例も多数寄せられています。
もちろんPRの方法などを工夫する必要はありますが、成功すれば顧客の確保にもつながりますから、
間違いなく経営を円滑に進めることにもなります。検討してみてはいかがでしょうか?

すでに成功している人も多くいます
via trendy.nikkeibp.co.jp

 日本の伝統玩具と最新技術を組み合わせた「IoTけん玉『電玉』」プロジェクトは、「けん玉で世界大戦」という視点が受けて、注目を集めました。このプロジェクトの魅力は、日本の伝統文化であるけん玉にIoT(Internet of Things)を組み合わせたところにあります。動作を感知するセンサーとネットワーク技術を組み合わせて、「目の前にいない相手と対戦する」という楽しさをユーザーに提供しています。専用アプリケーションを使って対戦相手とつながっているので、ユーザーの1人が「技」を決めれば、それが対戦相手のけん玉に伝わり「ダメージ」となります。プロジェクトのユニークさももちろん重要ですが、本プロジェクトの魅力、具体的にどういった楽しみ方ができるのかといったポイントをプロジェクト紹介ページで十分に伝えられるように工夫しました。その結果、目標金額を大きく上回る116万4300円の支援が集まりました。

via クラウドファンディング成功のカギ握るサポートの実態 – 日経トレンディネット