【保証協会付き融資】って何?その仕組みについて学ぼう

融資の際に重要となる「信用」。この点において、中小企業・小規模事業者は頭を抱えてしまう事が多いそう…。しかし【保証協会付き融資】はその信用の部分をフォローし、資金調達を円滑にしてくれる制度です。その仕組みとメリット・デメリットも含めてまとめました。


保証協会とは

信用保証協会は、信用保証協会法(昭和28年8月10日法律第196号)に基づき、中小企業・小規模事業者の金融円滑化のために設立された公的機関です。
事業を営んでいる方が金融機関から事業資金を調達される際、信用保証協会は「信用保証」を通じて、資金調達をサポートします。
via 信用保証協会と信用保証制度|もっと知りたい信用保証|一般社団法人 全国信用保証協会連合会

大企業に比べると、中小企業・小規模事業者の信用力はどうしても低いと言わざるを得ません。
そこをフォローしてくれるのが、保証協会というわけです。

 

保証協会とは
via pixabay.com

保証協会付き融資の内容

事業を営んでいる区域を管轄する信用保証協会を利用することになります。基本的には融資を申し込む銀行を経由して信用保証協会に保証を申し込むことになります。

保証を申し込んだ後は、信用保証協会が保証審査を行ないます。そして承認が出たら銀行が稟議書を作成し承認が出たら融資実行となります。​保証協会付き融資の場合、申し込みから融資実行までの期間は過去の利用の有無によっても異なりますが、初めての場合は念のため1ヶ月程度はかかると考えておいたほうがいいでしょう。

信用保証付き融資は銀行で申し込むのが一般的ですが、中小企業が信用保証協会の窓口を直接訪問することもできます。銀行が直接窓口となっている場合、自社の事業内容や業績等に関する説明が銀行から信用保証協会にうまく伝わらないことがあります。業績良好で保証審査がスムーズにいくような中小企業ならいいのですが、業績が不安定であるとか事業内容がやや特殊で銀行員の理解が不十分である等の場合は、直接訪問して説明するのがいいと思います。
via 信用保証協会の保証付き融資 

融資の当事者となるのは「中小企業」もしくは「小規模事業者」、「保証協会」、「銀行」の三者となります。

図で表すと、こういう形になります。

 

保証協会付き融資の内容
via www.zenshinhoren.or.jp

●保証協会付き融資は銀行経由で申し込むケースがほとんどで、先に保証協会を直接訪問してから銀行に融資を申し込む、というケースはほぼないのが実情のようです。

 

 

 

メリットとデメリット

メリットとデメリット
via www.pakutaso.com

保証協会のお墨付きを得て融資を受けるわけですから、それなりのメリットもあるはずです。
反対に、この融資制度のデメリットについても、知っておく必要があるでしょう。

メリット

まず1番のメリットは、保証を付けてもらうことによって、銀行融資が受けやすくなることです。無担保枠があり、担保がなくても一定の金額が借入できます。(審査はありますが。)政府も、経済対策の資金繰り支援策として、マル保融資に予算を計上しています。

次に、制度融資が活用できることです。保証協会ではいろいろな制度融資を用意しています。(例えば、売上が減少した場合の緊急経済対策資金等。たくさん種類があり、ここでは詳細は割愛します。)また、制度融資には固定金利の物が多く、金利変動リスクを抑えることができます。
via なぜ銀行は信用保証付融資を勧めるのか | 愛媛県松山市の経営コンサルタント|和田経営相談事務所

●※マル保融資…信用保証付き融資(保証協会付き融資)のこと

デメリット

金融機関に毎月支払う利息とは別に信用保証料を支払わなければならない。
そしてこの信用保証料は全返済期間分を融資実行時に一括徴収されることが一般的である。
via http://kigyou-otasuketai.jp/article/13653042.html

●保証料も、金額次第ではかなり痛い出費になりそうです。
これらを踏まえたうえで、どのくらいの金額を融資してもらうのか、考える必要があります。

意外な点

デメリットもあるけれど、やはり総合的に見れば安心できる部分が多いですね。
しかし、上記のことも勿論ですが更にもっと理解をしておくべきこともあります。
それは『保証協会が保証人を要求する場合がある』ということです。
保証協会は融資を受ける側のためにも存在していますが、金融機関との間に立ってくれる存在のようなものでもあるので当然といえば当然ですね。

「どうしても保証人の見つからない方」、「どうしても頼みにくい方」などたくさんいるはずです。そういう人は、融資を受けられないのか?ということになりますよね・・・。そのような方のために信用保証協会という機関が保証人になってくれるのです。これが基本的な考えです。

しかし現実はかなり違います。「信用保証協会が保証人を要求する」場合もあるのです。「それでは何のために保証協会があるのかわからないじゃないか!」と憤慨される方もたくさんいらっしゃいます。結局、債務者が返済できなくなった場合、信用保証協会が金融機関に弁済(「代位弁済」という)することになるので、何だか“金融機関のため”にあるようなものですね。
via 信用保証協会の落とし穴!これは覚えておいて。 資金調達 融資 を成功させよう!

●なんと、保証協会側が【保証人を要求する】というのです。
上には金融機関のため、とありますが、保証協会側の安全策とも受け取れそうです。

意外な点
via rakuyo-ri.co.jp

仕組みだけでなく利点や見落としてはならない点、そういった部分もしっかりと理解したうえで、今後の資金繰りの策の一つとして、保証協会付き融資を検討してみてはいかがでしょうか。