地域再生中小企業創業助成金を利用して創業しよう!

個人事業主の方でも、融資以外で資金を調達する方法があります。 それが助成金という制度ですね。助成金であれば、返済義務もありません。 その助成金の中で、創業時に有利になるのが地域再生中小企業創業助成金です。 どういった内容になっているのでしょうか。


地域再生中小企業創業助成金

地域再生中小企業創業助成金
via blog.goo.ne.jp

地方再生事業を目的として個人事業を開業し、雇用保険の対象となる方を1人以上雇用した場合に、開業資金や雇用に掛かった費用が助成されます。

助成の対象となるのは、開業後6ヶ月以内に掛かった改行費用の3分の1となり、支給金額の上限は、300万円もしくは500万円となっています。

via 個人事業主でも受け取れる助成金まとめ

創業して間もない個人事業主の方にオススメしたい助成金が、地域再生中小企業創業助成金と言う助成金です。
これは規定の地域で創業をして、雇用などを行った際に助成金が貰えます。

対象都道府県

 21道県(※)において、地方再生事業を主たる事業として行う法人を設立又は個人事業を開業し、創業・雇入支援対象労働者を1人以上雇用すること
※北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

via http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/b02-1.html

対象となる地域は上記の21都道府県となっています。
それ以外の地域では、この地域再生中小企業創業助成金は発生しません。

雇用者条件

創業・雇入支援対象労働者とは?
以下の全てに該当する労働者です。
1 雇用保険の一般被保険者として6か月以上雇用されている者
2 雇入れ日現在で65歳未満の者
3 創業の日から1年以内に雇い入れられた者

via これからビジネスを始めようとしている方へ

雇用をする方の条件は、上記の通りとなっていますので、創業後なるべく早く雇用した方が対象になります。
それ以外に特段の条件はありませんね。

種別

種別
via btob-finance.com

第1種地域再生中小企業創業助成金(第1種)

雇用失業情勢が特に厳しい地域(北海道、青森県、岩手県、秋田県、高知県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県又は沖縄県の10道県)

第2種地域再生中小企業創業助成金(第2種)

雇用失業情勢の改善の動きが弱い地域のうち10道県以外の地域(宮城県、山形県、福島県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、愛媛県、福岡県、佐賀県又は大分県の11県)

なお、第2種には、創業に当たって、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府又は兵庫県から雇用失業情勢の改善の動きが弱い地域への住所又は居所の変更が必要な転入を行った場合(U・Iターン)も含まれます。

via 熊本 地域再生中小企業創業助成金 | 独立支援.net 独立・起業資金調達に!助成金詳細

地域再生中小企業創業助成金は地域によって、第一種と第二種に分類されます。
第一種と第二種の地域では助成金の額などが異なってきます。第二種地域の場合は、雇用情勢の比較的高い地域からのUターンおよび、Iターンも認められています。

助成金の額

助成金の額
via www.minnanokaigo.com

法人等設立日から6ヶ月以内に要し、かつ6ヶ月以内に支払った次の①から③までに該当する対象経費(人件費を除きます。)の合計額に以下の割合を乗じた額(以下「基準額」といいます。)が支給されます。
(1) 第1種の場合は合計額の1/2。
ただし、以下に定める額を上限。
創業・雇入支援対象労働者が5人以上の場合 上限額 500万円
創業・雇入支援対象労働者が5人未満の場合 上限額 300万円
(2) 第2種の場合は合計額の1/3。
ただし、以下に定める額を上限とします。
創業・雇入支援対象労働者が5人以上の場合 上限額 250万円
創業・雇入支援対象労働者が5人未満の場合 上限額 150万円

via 地域再生中小企業創業助成金(地域雇用開発助成金) – 社労士コラム

助成金はまず法人設立にかかった費用を助成して貰うことが出来ますね。
第一種地域では最大で500万円まで助成金をもらうことが出来ます。
第二種の場合は、上限250万円まで可能です。
ちなみに助成金は、融資と違い返済する必要がありません。
ですので、助成金額がどれだけ多くても返済のことは考えなくて大丈夫です。

雇用での助成金

雇入れ奨励金及び追加雇入れ奨励金
(1) 第1種の場合
創業・雇入支援対象労働者1人につき60万円が支給されます。ただし100人分が限度。
(2) 第2種の場合
創業・雇入支援対象労働者1人につき30万円が支給されます。ただし100人分が限度。

via 地域再生中小企業創業助成金(地域雇用開発助成金) – 社労士コラム

第一種地域で一人当たり60万円、第二種地域で一人当たり30万円の助成金を受け取ることが出来ます。
最大100人までですので、6000万円最大で助成金としてもらうことも理論上は可能です。

個人事業主の方でも助成金は利用出来ます。
特に創業まもないときは、資金繰りが大変だと思いますが、こういった助成金を利用すれば事業が軌道に乗るまで、何とか出来ると思います。
助成金を出来るだけ利用したいですね。